284件中 81 - 90件表示
  • BRICs

    BRICsから見たG20

    国際経済研究所の「(2005年1月)」では、BRICsおよび南アフリカの5カ国にアルゼンチン、インドネシア、韓国、メキシコ、サウジアラビア、トルコを加えた計11カ国が、今後の世界経済に大きな影響を及ぼす として取り上げられている。これらの国は全てG20の一員でもある。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たG7

    2005年2月にロンドンで開かれたG7財務相・中央銀行総裁会議では従来のG8(G7+ロシア)に加えて、他のBRICs3ヶ国も初めて参加した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た新興国

    BRICs経済研究所のエコノミスト門倉貴史がBRICsに続くグループとして2006年11月に提唱した造語。同年12月には日本経済新聞にも引用された。ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチンの英語の国名の頭文字を繋げたもの。地理的なバランスと高成長のための条件、すなわち豊富な天然資源、労働力の増加、外資の導入、政情の安定、購買力のある中産階級の台頭を勘案して、新興国からポスト の候補が選出されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た一人っ子政策

    人口大国である。2000年代初頭の人口は、中国が約13億人(世界1位)、インドが約11億人(世界2位)、ブラジルが約1億7,000万人(世界5位)、ロシアが約1億4,000万人(世界7位)、南アフリカが約4,900万人(世界25位)となっており、5ヶ国合計で27億人以上、世界の人口の約45%を占めている。今後もロシアを除く4ヶ国では人口が増加し、2050年には32億6,000万人にまで膨れ上がるとされている。ただし、ブラジルとインドおよび南アフリカでは将来的にも人口が増え続ける一方で、ロシアは特に21世紀に入って以降、人口が急激に減少する傾向にあり、人口が多いため一人っ子政策を採る中国でも将来的には人口が減少すると予測されている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た外資系企業

    ブラジル経済はラテンアメリカ最大の経済であり、貿易が成長の鍵を握っていると指摘される。貿易依存度については、1994年が15%未満であったのに対し2003年には約25%へと、わずか10年で急激に高まった。特に輸出の拡大が顕著であり、これはブラジル政府が輸出の拡大に加え多様化や高付加価値化などを推し進め、同時に外資系企業の参入、穀物や鉱物資源といった一次産品の価格の高騰がそれを後押しする形となった。2004年にはブラジルの貿易収支は336億9,600万ドルと、これまでで最高となる貿易黒字を計上した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た公営企業

    1991年に誕生した国民会議派のナラシマ・ラオ政権は、1947年の建国以来続いていた混合経済体制と呼ばれるインド独自の社会主義的な経済運営の結果として現れた外貨準備高の減少や経済低迷といった現象を受けて180度の政策転換を行い、資本の自由化・各種の規制緩和・貿易と為替の自由化・公営企業の民営化・金融制度の改革等を取り入れた。また1996年以降も、政権政党の交代にもかかわらずラオ政権が推進してきた経済の自由化政策は継承されていった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たPHP研究所

    アジア&ワールド協会『図解 経済がみるみるわかる本』2005年11月9日、PHP研究所(ISBN 4-569-64650-6)BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たHSBCホールディングス

    HSBCホールディングスが提唱した造語。コロンビア、インドネシア、ベトナム、エジプト、トルコ、南アフリカの6カ国からなる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た投資銀行

    BRICs(ブリックス、)は、2000年代以降著しい経済発展を遂げているブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国の総称。(ブリック)とも呼ばれる。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『』で初めて用いられ、世界中に広まった。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た原油価格

    とりわけ、2004年の10月 - 12月期の実質GDP 成長率(前年比+6.7 %)に占める個人消費の寄与度が+6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっていることが挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

284件中 81 - 90件表示

「BRICs」のニューストピックワード