238件中 81 - 90件表示
  • BRICs

    BRICsから見た投資銀行

    BRICs(ブリックス)とは、経済発展が著しい (Brazil)、 (Russia)、 (India)、 (China) の頭文字を合わせた四カ国の総称。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった。なお、同じくゴールドマン・サックスの2003年10月1日の投資家向けレポート『Dreaming with BRICs: The Path to 2050』で初めて用いられたと勘違いしている情報も見受けられるが、これは明確に誤りである。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た原油価格

    とりわけ、2004年の10月-12月期の実質 GDP 成長率(前年比 + 6.7 %)に占める個人消費の寄与度が + 6.2 % に達するなど、個人消費はロシアの経済成長にとって大きな原動力となっている。その背景には、原油価格の上昇による石油関連企業の業績の向上が、雇用・所得環境の改善に繋がっている事が挙げられ、加えてモスクワなど都市部におけるライフスタイルの欧米化(自動車や電化製品などの浸透)の流れも影響しているとみられている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たサウジアラビア

    足元のロシア経済の成長を支える原動力となっているのは、豊富な生産量を誇る原油や天然ガスなどのエネルギー資源で、石油・天然ガス産業は GDP の 25 %、輸出収入の約 55 %、国家歳入の約 35 %を占めるまでになっている。原油価格の暴落を警戒する石油輸出国機構各国が石油生産能力の拡大に慎重なスタンスを採り続けてきた中で、近年ロシアは原油生産をさらに強化しており、原油生産量の推移をみると2003年にはアメリカを抜いて世界2位に、2004年にはサウジアラビアを上回り世界1位となった。こうしたロシアの原油生産の拡大は、原油価格の高騰と相俟って景気回復に寄与してきたとみられている。原油価格の動向と貿易収支の関係をみると、原油価格の上昇は貿易収支の大幅な改善に結びついているという構図があり、加えて、石油や石炭に比べて温暖化ガスや硫黄酸化物の排出量が少ない天然ガスに対する世界的な需要が高まるなかで、ロシアの天然ガス埋蔵量は、世界全体の約27%を占めている。また、ロシアはサハリン沖を中心とした天然ガスの開発に注力している事から、今後は天然ガス輸出の増加も、ロシア経済の好調を更に後押ししていくものと見込まれている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た自動車

    また伝統的に重工業、中でも航空機産業が盛んで、1969年に設立された国策会社のエンブラエルは小型ジェット機市場の半分近いシェアを誇るなど、欧米諸国をはじめとする世界各国へ輸出されており、その他にも自動車や金属製品が主な輸出製品となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た首相

    ウラジーミル・プーチンは1999年12月、エリツィンの突然の辞任を受けて首相から大統領代行に就任し、翌2000年3月の大統領選挙に勝利、ロシア連邦の2代目大統領に就任した。2005年3月の大統領選挙では得票率 71 % で再選を果たしたのち、2008年5月に大統領の座をドミトリー・メドヴェージェフに譲り、首相に就任した以降も国民からの人気が高く、政治的な影響力を保持している。プーチンの経済政策の特徴は、エリツィン同様に市場経済重視の自由主義政策を推進する一方で、エリツィン時代に政治力を強めた新興財閥を弾圧するといった、強権的な側面も併せ持っている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た購買力平価

    GDPの割合を購買力平価で換算すると 24 %(ただし、2007年、中国の購買力平価ベースの GDP が基準値の変更の遅れなどで、四割減少した)と大きく上昇し、アメリカ (21 %)、EU (20 %) を既に上回っている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た新興工業経済地域

    BRICs はかつての NIEs や ASEAN 同様経済成長が目覚しく、またそれらの国々の GDP や貿易額が世界に占める割合は近年急速に高まっており、世界経済に多大な影響を与えるまでになっている。広大な土地・豊富な人材・豊富な資源を有するのに加え、ここ数年あるいは数十年で様々な改革を進めてきた事により、結果として潜在力を実際の成長率に反映させる事が可能になった。その結果、2008年5月時点で G6(日独英米仏伊)の 15 % に過ぎない経済規模は、2025年には約半分の大きさに、2040年頃には先進国を上回り、2050年の時点では BRICs が G6 の 1.5 倍の規模になるとみられている。四カ国が注目される理由として、特に三つの点が挙げられる。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たイギリス

    結果として、2006年5月の時点で世界のGDPの約8%を占めるに過ぎないその経済規模は、2039年に経済大国G6(米国、日本、ドイツ、英国、フランス、イタリア)にスペインを加えた合計を上回り、2050年時点でのGDPは下表のように順位が入れ替わると予想した。これにより米国一極支配が崩れるとされている。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見たエジプト

    BRICsの名付け親、ゴールドマン・サックス社は2005年に出した予測で、BRICsに続く経済大国予備軍「Next Eleven」(ネクストイレブン)として、韓国、バングラデシュ、エジプト、インドネシア、イラン、ナイジェリア、パキスタン、フィリピン、トルコ、ベトナム、メキシコの11カ国を示した。BRICs フレッシュアイペディアより)

  • BRICs

    BRICsから見た日本

    ブラジルの貿易を根幹から支えるものは、南米大陸の約半分を占める広大な大地からの恵みであり、鉱物資源や農畜産物、熱帯雨林に生息する多種多様な生物資源などが挙げられる。2004年の貿易収支に関して言えば、その要因として、輸出量の減少にもかかわらず需要増加に伴う国際取引価格の急騰により金額ベースでは輸出増加という結果になった大豆や、鋼板・建材の生産活動が活発でかつ国内供給能力が不足するなど鉄鉱石の世界最大輸入国となっている中国において、その輸入額が前年比162%増と急伸した事により過去最高水準となった鉄鉱石の伸びが大きく貢献する形となった。特に鉄鉱石は、中国が鉄鉱石の輸入の約 30 % をブラジルへ依存しており、世界2位の鉄鉱石輸入国である日本もその 20 % 以上をブラジルに依存するなど、ブラジルは世界的な鉄鉱石輸出国となっている。BRICs フレッシュアイペディアより)

238件中 81 - 90件表示

「BRICs」のニューストピックワード

  • 10人旅〜伊豆・熱海・伊東の人気観光スポットを遊び尽くす〜

  • 中居正広のミになる図書館