275件中 11 - 20件表示
  • DOPING PANDA

    DOPING PANDAから見たBoABoA

    2002年にはthe band apartとの共同ライブイベント、『mellow fellow』が行われ、共作「SEE YOU」を限定リリースした。2005年のMONSTER baSHでステージから飛び降りたFURUKAWAは動けなくなり、担架で搬送された。そのことをMC等で現在もしばしばネタにしている。FURUKAWAは2007年にm-floのライブ、『COSMICOLOR』の横浜アリーナでのファイナルに参加、VERBALと「she loves the cream」で共演した。またこのライブのカーテンコールで、FURUKAWAはBoAと隣り合わせになる。その後FURUKAWAは「LOSE YOUR MIND feat.Yutaka Furukawa from DOPING PANDA」のPV撮影で再びBoAと会うのだが、「初めまして」と挨拶したBoAに手を繋いだことがあると答えたところ、いぶかしがられてしまったとのこと。FURUKAWAは親交のあるART-SCHOOLの楽曲「ILLMATIC BABY」をプロデュースしている。なお沢尻エリカが日経エンターテイメントのインタビューで、よく聞く音楽として名前を挙げている。DOPING PANDA フレッシュアイペディアより)

  • the Love Bug

    the Love Bugから見たBoABoA

    『the Love Bug』(ザ・ラヴ・バグ) は日本の音楽グループであるm-floの16thシングル (m-flo loves BoA 名義)。2004年3月17日発売。the Love Bug フレッシュアイペディアより)

  • 李秀満

    李秀満から見たBoABoA

    李 秀満(イ・スマン、、1952年6月18日 - )は、韓国の男性シンガーソングライター、司会者、音楽プロデューサー、実業家である。1970年代後半にフォークシンガーとしてスターダムにのし上がり、1980年代後半から1990年代前半まではテレビ司会者やラジオDJとして数多くの番組を担当。その後、1995年にレコード会社兼芸能プロダクションのSMエンターテインメントを設立し、音楽プロデューサーとしてH.O.T.やBoAなど数多くのアイドル・スターを生み出した。李秀満 フレッシュアイペディアより)

  • CEYREN

    CEYRENから見たBoABoA

    その直後にバーチャル・ユニット「BRATZ」のリード・ヴォーカルとしてavex traxよりデビュー。“BRATZ”では、「Show me what you got」でBoAやHowie D. (Backstreet Boys)と、「LOOK AROUND」ではChristina Millianやverbal (m-flo)と共演している。CEYREN フレッシュアイペディアより)

  • Mnet Asian Music Awards

    Mnet Asian Music Awardsから見たBoABoA

    女性ソロ部門最優秀Music Video賞=BoAMnet Asian Music Awards フレッシュアイペディアより)

  • BoAのライブツアー

    BoAのライブツアーから見たBoABoA

    BoAのライブツアーでは、韓国出身のBoAが日本国内においてこれまで開催したコンサートのツアーについて記述する。BoAのライブツアー フレッシュアイペディアより)

  • W53T

    W53Tから見たBoABoA

    前回のW52Tの特別編CMにつづき今回も特別編CMが6月16日に前回の時と同じ18:59頃から全国の民放テレビ局で放送された(一部を除く)。また通常の15秒編と30秒編も6月15日より放送された。出演は前回の時と同じBoAで、タイトルは「日差し」編となっている。W53T フレッシュアイペディアより)

  • S.E.S.

    S.E.S.から見たBoABoA

    1998年10月、バップから「めぐりあう世界」をリリースし、日本デビューを果たす。2000年5月にはエイベックスに移籍。「週刊少年マガジン」など少年誌のグラビアを飾ったり、「THE夜もヒッパレ」や「恋ボーイ恋ガール」などにも出演していたが、当時はまだ韓流ブームが起きる前で、韓国芸能への関心が低かったため、セールス的には不本意な結果に終わった。それでも、メンバーのシューは、日本・神奈川県出身で、日本語も朝鮮語も普通に話せるため、V6とデュエット曲「One」を日韓両国で発表したり、井ノ原快彦主演の舞台『東亜悲恋』やデジタルフォトドラマ「NO KISS」にも出演している。所属事務所だったSMエンターテインメントは、彼女達の後もBoA、東方神起、少女時代などを次々と日本に進出させ、今日のK-POPブームの礎を築いた。また、ユジンはアメリカ・グアム出身、シューは日本出身の帰国子女だが、このように海外進出を視野に入れて帰国子女をメンバーに入れる手法は、SMだけでなく他事務所のアイドルグループでも踏襲されている。S.E.S. フレッシュアイペディアより)

  • 森のリトル・ギャング

    森のリトル・ギャングから見たBoABoA

    日本では2006年8月5日に松竹東急系で公開された。アスミック・エースエンタテインメントが配給。役所広司、武田鉄矢などが吹き替えを担当している。日本版イメージソングにはBoAの「KEY OF HEART」が採用された。森のリトル・ギャング フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の音楽

    2006年の音楽から見たBoABoA

    金賞 - BoA『Winter Love』、mihimaru GT『気分上々↑↑』、コブクロ『君という名の翼』、水森かおり『熊野古道』、w-inds.『ブギウギ66』、中ノ森BAND『Fly High』、スキマスイッチ『ボクノート』、大塚愛『恋愛写真』2006年の音楽 フレッシュアイペディアより)

275件中 11 - 20件表示

「BoA」のニューストピックワード