前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示
  • ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ

    ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズから見たB-CASB-CAS

    株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(BS Conditional Access Systems Co.,Ltd.)とは、日本のデジタルテレビ放送にて著作権保護を含んだ限定受信方式(B-CAS方式)を提供する日本の企業である。ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 限定受信システム

    限定受信システムから見たB-CASB-CAS

    デジタルケーブルテレビの視聴(B-CASカードの対象となる、BSデジタル放送、地上デジタル放送および110度CSデジタル放送の再送信を除く)には、C-CASカードが使用される。C-CASカードはICカードであり、チューナー(セットトップボックス)に挿入すると番組サービスを視聴できる仕組みになっている。限定受信システム フレッシュアイペディアより)

  • コピーガード

    コピーガードから見たB-CASB-CAS

    日本において地上波と衛星放送のデジタル放送(ISDB)で実施されているコピー制御は、このCGMSにより制御されている。放送開始当初は、一部の有料放送を除き、CGMS-Aの内容は、「コピーフリー」だったが、2004年4月5日からは、全てのチャンネルの全ての番組が「コピーワンス」に変更された。これによって、多くの視聴者から反発の声がある(詳しくは、「B-CAS」の項目を参照)。コピーガード フレッシュアイペディアより)

  • 日本の地上デジタルテレビ放送

    日本の地上デジタルテレビ放送から見たB-CASB-CAS

    日本では、主に画像のコピー制御の基準に対する機器認証システムとしてB-CASを利用している。様々な基準を満たした地上デジタル放送対応の各種機器には「B-CASカード」というICカードが同梱され、使用開始の際にこれを機器に挿入する。これは容易に取外しが可能で同梱されていた機器以外でも使用することができ、機器認証としてはセキュリティ強度の弱いシステムでありフリーオのような機器によって破られた。これは元々B-CASカードが限定受信システム(CAS)として開発され、それを機器認証システムに流用したためである。このシステム上で放送されているコンテンツ(番組など)は暗号化された状態で視聴機器に届いているので、地上デジタル放送では災害情報番組など一部を除き対応機器にB-CASカードを挿入することが必須になり挿入しないと視聴などが不可能になった。日本の地上デジタルテレビ放送 フレッシュアイペディアより)

  • WOWOW

    WOWOWから見たB-CASB-CAS

    有料放送を行うため限定受信方式を採用しており、一部無料放送の時間を除いて、信号にはスクランブル処理を施している。レギュラーの無料放送番組の場合は、通常の民放と同じスポンサーを設け番組の合間にコマーシャルを入れている。また番組の合間で行なわれている番組案内や天気予報も無料で見られる。BSデジタル放送(WOWOWは、リモコンキーID9)の場合は、BSデジタルチューナー付属のB-CASカードに記録された暗号鍵を利用する(詳しくは、B-CASの項目を参照。BSデジタル放送の場合、BSデジタルチューナーそのものにデコーダ機能が組み込まれており、加入者のみスクランブル信号を復号できる)。なお、有料放送はカードに対しての解除信号が送られているためカードを差し替えることで利用できる機器を切り替えることができる。WOWOW フレッシュアイペディアより)

  • フリーオ

    フリーオから見たB-CASB-CAS

    フリーオのようにARIB運用規定に従わないチューナーを締め出すために、日本のデジタル放送では、放送データそのものにMULTI2暗号(B-CAS暗号)によるスクランブルが施されており、これを解除して視聴及び録画するためには、B-CAS社によって発行されたB-CASカードが必要である。ARIB及びB-CAS社に認証されたチューナーは、B-CASカードが付属した状態で販売されているが、フリーオには付属しておらず、フリーオで使うことを目的としてARIBやB-CAS社に請求しても発行はされない。そのため、フリーオを使用するためには、認証されたチューナー向けに発行されたB-CASカードを流用することになる。ただし、2008年8月21日に公開されたドライバ(1.90beta)では、インターネット上から暗号解除用のデータを取り入れることによって、B-CASカードなしでスクランブル解除が可能になった。フリーオ フレッシュアイペディアより)

  • torne

    torneから見たB-CASB-CAS

    PS3専用のデジタルチューナーユニットとテレビ視聴・録画アプリケーションで構成されるキットである。なお、一般的にデジタルチューナーユニットを「torne本体」として認識されやすいが、本来は「torne」はPS3用テレビ視聴・録画アプリケーションの名称である。PS3用デジタルチューナーとしては欧州向けのPlayTVが2008年から先行して販売されているが、日本では地上デジタルテレビ放送の規格やB-CASによる著作権保護などが異なり、日本国内では使用できない。torneは日本向けに特化して新規開発された製品となる。torne フレッシュアイペディアより)

  • DVDレコーダー

    DVDレコーダーから見たB-CASB-CAS

    2004年4月より始まったコピー制御(B-CASカードの使用)によりデジタル放送は自由にコピーすることができず、HDDからDVDに移すとHDDにある元の映像は消去されてしまう。機器のエラーなどにより移動に失敗すると元の映像まで失われてしまうといった苦情がメーカーに多く寄せられ、総務省がコピー制御の是非を2004年9月以降審議している。DVDレコーダーとコピー制御の関係について、詳しくは後述。DVDレコーダー フレッシュアイペディアより)

  • スカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)

    スカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)から見たB-CASB-CAS

    これとは別に「スカパー!」独自のサービスがあり、加入(を前提とした)申し込みを行うと、受信機に挿入されているB-CASカード1枚につき1回に限り、「16日間無料体験サービス」を受けることができる。スカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送) フレッシュアイペディアより)

  • 日本ケーブルキャスセンター

    日本ケーブルキャスセンターから見たB-CASB-CAS

    BSデジタル放送をケーブルテレビで伝送するためのトランスモジュレーション方式を策定。ケーブルテレビ専用B-CASカードで使用されている、ケーブルテレビ事業者専用の番号体系の管理・運用も行う。日本ケーブルキャスセンター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
45件中 1 - 10件表示

「B-CASカード」のニューストピックワード