57件中 21 - 30件表示
  • ジャスト・アイ インフォメーション

    ジャスト・アイ インフォメーションから見たB-CASB-CAS

    無料放送であり、B-CASカードが無くても視聴・録画が可能だった。ジャスト・アイ インフォメーション フレッシュアイペディアより)

  • 双方向クイズ にっぽん力

    双方向クイズ にっぽん力から見たB-CASB-CAS

    リモコンと携帯電話に対応。携帯電話の場合、B-CASカード番号は登録する必要はないのでBS2、アナログのハイビジョン、ケーブルテレビのデジアナ変換での視聴者は携帯電話を持っていれば参加できる。またリモコンからの参加の場合、電話回線の他、LAN回線にも対応している。双方向クイズ にっぽん力 フレッシュアイペディアより)

  • NHKデジタル衛星ハイビジョン

    NHKデジタル衛星ハイビジョンから見たB-CASB-CAS

    また、リモコンの青ボタンを2秒以上押し続けることで、受信機に挿入されているB-CASカードの番号を表示させることができる(BS1・BS2からも可能)。NHKデジタル衛星ハイビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 双方向ライブ にっぽんのマジョリティー

    双方向ライブ にっぽんのマジョリティーから見たB-CASB-CAS

    リモコンと携帯電話に対応。携帯電話のみで参加することも可能(携帯電話の場合、B-CASカード番号は必ずしも登録する必要はないので、アナログのハイビジョン、ケーブルテレビのデジアナ変換での視聴者は携帯電話を持っていれば参加できる。ただし携帯電話のみでの参加は2台まで)。リモコンと携帯電話両方で参加する場合に限り、携帯電話は何台でも参加できる。またリモコンからの参加の場合、電話回線の他、LAN回線にも対応している。双方向ライブ にっぽんのマジョリティー フレッシュアイペディアより)

  • 衛星放送協会

    衛星放送協会から見たB-CASB-CAS

    不正視聴防止キャンペーン - 改竄されたB-CASカードや不正なチューナーでの視聴は禁止されている旨の広報活動。ただ、逆にこのキャンペーンが、「改ざんされたB-CASカードの存在を公認する」とも取れることともなった。衛星放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • ウェザーニュース (BSデジタル放送)

    ウェザーニュース (BSデジタル放送)から見たB-CASB-CAS

    暗号化 非実施(B-CASカード不要)ウェザーニュース (BSデジタル放送) フレッシュアイペディアより)

  • Japan Satellite TV

    Japan Satellite TVから見たB-CASB-CAS

    見た目では日本のBSデジタル放送のB-CASカードと近いが、日本のものはセットトップボックス購入時に既に付属しており、一枚のカードに複数の放送事業者との契約情報を付け加えることが出来るのに対し、Conaxでは放送局単位でカードが発行されるため、複数の有料放送と契約する場合はその都度カードを差し替えるか、複数のスロットを備えたセットトップボックスを購入する必要が出てくる。ちなみに英国の衛星放送プラットフォーム事業者・委託放送事業者であるSky Digitalでは、B-CASカード同様一枚のカードですべての契約チャンネルの視聴が可能である。Japan Satellite TV フレッシュアイペディアより)

  • 地上放送RMP管理センター

    地上放送RMP管理センターから見たB-CASB-CAS

    従来日本の地上デジタル放送は限定受信システム(CAS)としてB-CASを全面的に採用してきた。しかし、近年テレビ放送の受信・録画機能を搭載したパソコン・カーナビ・スマートフォン等のデジタル機器が増加してきているのに対し、B-CASでは(ワンセグを除き)原則として、放送の受信に必ずB-CASカードを受信機に挿入することが規格上義務付けられているため、テレビ受像器機能を機器に付与する場合に、ハードウェア上の設計の制約が大きくなるとして、かねてよりメーカー側から改善を求められていた。地上放送RMP管理センター フレッシュアイペディアより)

  • 浦崎宏

    浦崎宏から見たB-CASB-CAS

    NHK時代は池田信夫(現エコノミスト)と共にNHKスペシャル「追跡・不良債権12兆円」を制作した。ちなみに、池田は、銀行の不良債権にからむ経済犯罪を追及した浦崎が、独占禁止法や放送法に触れかねないB-CASカードの独占的発行を行っているB-CAS社の社長になったことをブログで批判している。浦崎宏 フレッシュアイペディアより)

  • キャプチャ (録画ソフト)

    キャプチャ (録画ソフト)から見たB-CASB-CAS

    日本の地上デジタルテレビ放送対応キャプチャカードは、まずメーカー製パソコンに内蔵される形で発売された。これは自作パソコン用パーツや外付けユニットでは、B-CASによる厳しいデータ暗号化の基準を満たせなかったためである。しかしフリーオが発売されると、2008年5月より基準が緩和され、単体でのキャプチャカードが数社から発売された。ただしなお厳しい暗号化を要求されるため、導入条件や運用にかなりの制限があり、またNTSCのような自由な編集は困難な状況にある。これは、デジタルテレビ放送のコピーガード制限に厳しい日本に限定された事象であり、他国では、デジタルテレビ放送の動画データを、容易かつ制限なく取り込める機器が発売されている。キャプチャ (録画ソフト) フレッシュアイペディアより)

57件中 21 - 30件表示