45件中 21 - 30件表示
  • ウェザーニュース (BSデジタル放送)

    ウェザーニュース (BSデジタル放送)から見たB-CASB-CAS

    暗号化 非実施(B-CASカード不要)ウェザーニュース (BSデジタル放送) フレッシュアイペディアより)

  • 地上放送RMP管理センター

    地上放送RMP管理センターから見たB-CASB-CAS

    従来日本の地上デジタル放送は限定受信システム(CAS)としてB-CASを全面的に採用してきた。しかし、近年テレビ放送の受信・録画機能を搭載したパソコン・カーナビ等のデジタル機器が増加してきているのに対し、B-CASでは(ワンセグを除き)原則として放送の受信に必ずB-CASカードを受信機に挿入することが規格上義務付けられているため、テレビ受信機能を機器に付与する場合にハードウェア上の設計の制約が大きくなるとして、かねてよりメーカー側から改善を求められていた。地上放送RMP管理センター フレッシュアイペディアより)

  • 電波利用高度化政策 (日本)

    電波利用高度化政策 (日本)から見たB-CASB-CAS

    まず、CS衛星波テレビジョン放送からデジタル化が始まり、完了。当時は、契約者だけが確実に視聴できるようにすることが導入の目的であった。その後、2000年12月1日にはBS衛星波テレビジョン放送で、そのちょうど3年後には地上波テレビジョン放送で、それぞれデジタル化がスタート。この時には著作権・視聴者情報管理システムとして新たにB-CASシステムが導入された。電波利用高度化政策 (日本) フレッシュアイペディアより)

  • Wooo

    Woooから見たB-CASB-CAS

    2005年に世界で初めてダブルデジタルチューナー搭載モデルを投入、デザイン変更などのマイナーチェンジを繰り返しながら2007年9月まで販売していた。キャッチコピーは「ザ・ダブル地デジ」。当時のシャープ機と違って、地上デジタルに限らずBSデジタルや110度CSデジタル放送の2番組同時録画も可能であるほか、1枚のB-CASカードで有料デジタル放送の2番組同時録画も可能であるのも大きな利点であった。このモデルのハイエンド機で1TB HDD搭載機があった。なお、予約録画についてはデジタル放送のEPGのみを搭載し、GガイドやADAMS-EPGも搭載していないため、地上アナログ放送の録画予約には使用できない。また、自社開発のシステムが非常に不安定で、DVDレコーダー生産終了後も不具合修正のファームウェア更新を幾度も行っている。Wooo フレッシュアイペディアより)

  • 衛星放送協会

    衛星放送協会から見たB-CASB-CAS

    不正視聴防止キャンペーン 改ざんされたB-CASカードや不正なチューナーでの視聴は禁止されている旨の広報活動。ただ、逆にこのキャンペーンが、「改ざんされたB-CASカードの存在を公認する」とも取れることともなった。衛星放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス化

    ガラパゴス化から見たB-CASB-CAS

    また日本の地上デジタルテレビ放送が限定受信システム(CAS)として採用しているB-CASは完全に日本独自の規格である。このため日本国外のメーカーが日本国内でテレビを販売することが非常に難しくなっており、非関税障壁の一種であるとB-CASを糾弾する評論家もいる。ガラパゴス化 フレッシュアイペディアより)

  • 電波産業会

    電波産業会から見たB-CASB-CAS

    著作権保護を名目に、総務省と天下り先の電機業界が一体となって、地上波デジタル放送でB-CASカードを利用する非関税障壁を導入した。電波産業会 フレッシュアイペディアより)

  • nasne

    nasneから見たB-CASB-CAS

    B-CASカードスロット(赤色B-CASカード付属)nasne フレッシュアイペディアより)

  • セットトップボックス

    セットトップボックスから見たB-CASB-CAS

    ICカードなどによる限定受信制御・コピー制御機能(B-CASカードおよびC-CASカードなど)セットトップボックス フレッシュアイペディアより)

  • ICカード

    ICカードから見たB-CASB-CAS

    日本では、2000年12月1日に開始されたBSデジタル放送の視聴制御用カードとして、接触型ICカードのB-CASカードが導入された。B-CASカードにはID番号とマスター鍵が格納され、受信機に同梱されて配布されている。有料放送(WOWOW、スター・チャンネルBSなど)のスクランブル解除のための秘密鍵を配布管理する手段として利用された。その後、地上デジタルテレビジョン放送(2003年12月開始)や110度CSデジタル放送でもB-CASカードが採用されている。2003年5月までに17万枚を発行している。2004年4月5日にはデジタル放送のコピー制御(コピーワンス)が始まり、B-CASカードが挿入されていないと視聴できなくなった。B-CASカードは(株)ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが発行している。ICカード フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「B-CASカード」のニューストピックワード