45件中 31 - 40件表示
  • 日本における衛星放送

    日本における衛星放送から見たB-CASB-CAS

    2004年4月5日からB-CASカードを利用したコピー制御(コピーワンス)が開始されB-CASカードをチューナー等にセットしないと視聴できず、またデジタル録画機器での放送番組のコピーに様々な制限が掛かるようになっている(詳細に関してはB-CASの項目を参照)。なお、B-CASカードは有料放送の限定受信制御にも利用されている。日本における衛星放送 フレッシュアイペディアより)

  • NTSC

    NTSCから見たB-CASB-CAS

    日本においても、電波産業会 (ARIB) が規定するISDB (Integrated Services Digital Broadcasting) 方式への移行が予定されている。本来無料放送である民放局の番組にまでスクランブルをかけ、その解除キーであるB-CASカードをチューナーやレコーダーに挿入しないと受信できない煩雑さや件のB-CASカードを独占販売している私企業・株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが視聴者一人一人の個人情報を把握している危険性、それらを始めとする視聴者および製品購入者にとって不利益となりうる情報がシュリンクラップ契約で覆い隠され周知されていない隠蔽体質など批判も多く実現を危ぶむ声も聞かれたが2011年7月24日をもって被災3県以外の地上波アナログ放送は停波された。東日本大震災の被災地である岩手県・宮城県・福島県(以下被災3県)では、アナログ放送完全終了が震災の特例法により、2012年3月31日に延期されていた。被災3県以外のテレビ局では、2011年7月1日からはすべての放送時間帯で停波の告知放送に切り替わり、番組放送自体も音声のみの放送となる計画であったが画面左下に停波告知を常時表示(CM中を除く)し、映像と音声共に7月24日正午まで放送するように変更された。低所得者層への移行支援策として生活保護世帯および身体障害者世帯等をはじめとする、市町村民税やNHK受信料が全額免除となる世帯への単機能チューナー無料給付制度が開始されている。NTSC フレッシュアイペディアより)

  • NHK BS1

    NHK BS1から見たB-CASカードB-CAS

    これに伴いデータ放送を拡充。旧BS1・2では簡易的な気象情報のみのデータ放送を送っていたが新BS1ではBShiから独立データ放送3ch(BS700・701・707ch)が内容を大幅にリニューアル(BS707chを除く)の上、移行し、BS700chでは気象情報、BS701chではニュース、スポーツ、株式などの情報、BS707chはコピー制御(B-CASカード)に関するヘルプチャンネルとして提供するようになった。また、BS700・701chでは放送映像を画面に出しながら提供するようになった。NHK BS1 フレッシュアイペディアより)

  • NHK受信料

    NHK受信料から見たB-CASB-CAS

    現在、受信料不払いや受信契約の解消等の問題がある一方で、受信料を払わずともNHKが視聴出来てしまうことや、NHKを視聴していないにもかかわらず受信料が課金される等の不公平感をなくすため、受信料を支払っている契約者以外は視聴できなくするスクランブル放送方式を導入しようとする討論もなされている。日本のデジタルテレビ放送においては、B-CASカードを利用したスクランブル放送化は技術的・運用も可能であり、実際WOWOWやスターチャンネル、スカパー!が、既にB-CASカードを使ったスクランブル放送化を実施済みであるし、NHKの海外在住邦人向け有料テレビ放送である『NHKワールドプレミア』で既に実施済みであるが、NHKは「全国どこでも放送を分けへだてなく視聴できるようにする、という公共放送の理念と矛盾する」「特定の利益や視聴率に左右されず、視聴者の視点にたって、多様で良質な番組を放送するべき」との理由により、NHKとしてはスクランブル放送化は避けるべきであるという見解を出している。NHK受信料 フレッシュアイペディアより)

  • TBSラジオ&コミュニケーションズ

    TBSラジオ&コミュニケーションズから見たB-CASB-CAS

    『ストリーム』で記者クラブやB-CASといった自局の利害に絡む問題を取り上げたことがあり、論調にはリベラルな面が見られる。TBSラジオ&コミュニケーションズ フレッシュアイペディアより)

  • NHKワールド

    NHKワールドから見たB-CASB-CAS

    海外でBSアナログ放送を受信しているホテルや個人世帯は多く、BSアナログ放送を受信するための受信機も販売されていた。韓国の新聞のテレビ欄では、NHKワールド・プレミアムとともに、BS1とBSプレミアムの番組表も掲載されていた。しかし、BSアナログ放送は2011年7月24日に終了しており、BSデジタル放送でも日本国外へのスピルオーバーが制限されている上、視聴の際に必要なB-CASカードも使用許諾約款の第8条・第3項の規定により日本国外への持ち出しが一切禁止されている。(しかしながら、現在でもBS1とBSプレミアムを受信しているホテルは、近隣諸国を中心に多数存在している)NHKワールド フレッシュアイペディアより)

  • 池田信夫

    池田信夫から見たB-CASB-CAS

    浦崎宏 - ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS)社長で元NHK経済部次長。NHK時代池田と共にNHKスペシャル「追跡・不良債権12兆円」を制作した。池田信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たB-CASB-CAS

    しかし年式が進むにつれ本体は次第に薄くなってきたため、今日のモデルは「フルレンジのアンダースピーカー」が主流である。同じアンダースピーカーでも、一部上位機にはウーハー+フルレンジの2ウェイタイプを採用している機種もある。スピーカーは従来通り正面に向けて取り付けられる機種に加え、下側に向けて取り付けられる機種も登場している。本体操作ボタン・B-CASカードスロット・ヘッドホン端子も当初は前面にあった機種がほとんどであったが、現在は天面や側面に移設されている。なお、大型(65v型以上)の一部上位機の中には、スピーカーが外付け(本体とは付属スピーカーケーブルで接続)や、別売りとなっている機種(103v型)もある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • ビーエスFOX

    ビーエスFOXから見たB-CASB-CAS

    2011年(平成23年)10月1日午前0時 - 「FOX bs238」のチャンネル名で開局。開局から1年間は開局キャンペーンとして無料放送を行う。プラットフォームであるスカパー!(旧・スカパー!e2)に加入しなくても2012年(平成24年)9月30日まで無料で視聴できる(加入勧誘テロップも表示されない。B-CASカードを挿入しなくても視聴可能。コピーワンス。)。なお、eo光テレビなど、多くのケーブルテレビでの配信では、BSパススルー配信に対応していない場合(BS信号であるが、セットトップボックスのみで受信する)がある。ビーエスFOX フレッシュアイペディアより)

  • スピルオーバー

    スピルオーバーから見たB-CASB-CAS

    衛星放送ではその性質上、本来のサービスエリアの周辺国に衛星からの電波が届いてしまうことによる政治的・文化的影響を考慮する必要があり、例えば日本の放送衛星では極力スピルオーバーを防ぐような設計がなされている。しかしそれでも韓国や台湾など日本の周辺諸国に日本の放送衛星の電波が届いてしまうことを完全に防ぐことはできず、実際に海外で日本の衛星放送を受信しているホテルや個人は多い。特に、韓国からは一時「日本の文化侵略」だとして強い拒否反応が示された(現在は沈静化している)。BSデジタル・東経110度CS放送の多くの放送局ではB-CASカードが無いと視聴できないため、B-CASカード(ただし、B-CASカード利用規約では、国外への持ち出しを禁止している)およびデジタル放送対応受信機器を海外へ持ち込まない限り海外でのBSデジタル・東経110度CS放送の放送局の多くは視聴出来ない。スピルオーバー フレッシュアイペディアより)

45件中 31 - 40件表示

「B-CASカード」のニューストピックワード