57件中 41 - 50件表示
  • 薄型テレビ

    薄型テレビから見たB-CASB-CAS

    しかし年式が進むにつれ本体は次第に薄くなってきたため、今日のモデルは「フルレンジのアンダースピーカー」が主流である。同じアンダースピーカーでも、一部上位機にはウーハー+フルレンジの2ウェイタイプを採用している機種もある。スピーカーは従来通り正面に向けて取り付けられる機種に加え、下側に向けて取り付けられる機種も登場している。本体操作ボタン・B-CASカードスロット・ヘッドホン端子も当初は前面にあった機種がほとんどであったが、現在は天面や側面に移設されている。なお、大型(65v型以上)の一部上位機の中には、スピーカーが外付け(本体とは付属スピーカーケーブルで接続)や、別売りとなっている機種(103v型)もある。薄型テレビ フレッシュアイペディアより)

  • VIERA

    VIERAから見たB-CASカードB-CAS

    本機は他のポータブルビエラと異なり無線LANは非搭載(有線LAN端子のみ)で、「お部屋ジャンプリンク」や「アクトビラ」にも非対応(リモコンも文字入力非対応)。SDカードスロットも非搭載のため、デジカメ写真&撮影ビデオ映像は本機での直接視聴不可(ディーガ又はBDプレーヤーのSDカードスロットへ挿入し、HDMIケーブル経由で視聴)。なお付属B-CASカード(デジタル3波用の赤色カード)は通常サイズで、B-CASスロットは本機の左側面に搭載。VIERA フレッシュアイペディアより)

  • ガラパゴス化

    ガラパゴス化から見たB-CASB-CAS

    また日本の地上デジタルテレビ放送が限定受信システム(CAS)として採用しているB-CASや地上RMP方式は完全に日本独自の規格である。このため日本国外のメーカーが日本国内でテレビを販売することが非常に難しくなっており、非関税障壁の一種であるとこれらのCAS方式を糾弾する評論家もいる。ガラパゴス化 フレッシュアイペディアより)

  • 6月19日

    6月19日から見たB-CASカードB-CAS

    2012年 - 有料放送が無料で視聴できるよう、B-CASカードを不正改造して販売していた東京都在住の男が不正競争防止法違反容疑で京都府警に逮捕(B-CASカード不正で初の立件)。6月19日 フレッシュアイペディアより)

  • NO MORE 映画泥棒

    NO MORE 映画泥棒から見たB-CASB-CAS

    警視庁公式サイト内「情報セキュリティ広場」の「不正改造B-CASカードの注意喚起」ページ(実際のページタイトルは『「有料放送を無料で視聴」にご注意! :警視庁』)の中で、「No MoRe テレビ泥棒」というイラストが存在する。本家の映画泥棒は頭がビデオカメラであるのに対し、このテレビ泥棒は頭がブラウン管テレビになっており、カラダはシルエットながらネクタイは黄色、袖まくりしてバンザイした姿になっている。本家は「NO MORE」であるのに対して警視庁は「No MoRe」とアルファベット大文字小文字の組み合わせとなっており、特に「MoRe」という綴りで違いを際立たせている。NO MORE 映画泥棒 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における衛星放送

    日本における衛星放送から見たB-CASB-CAS

    2004年4月5日からB-CASカードを利用したコピー制御(コピーワンス)が開始され、B-CASカードをチューナーにセットしないと視聴できず、またデジタル録画機器での放送番組のコピーに様々な制限が掛かるようになっている(詳細に関してはB-CASの項目を参照)。なおB-CASカードは、有料放送の限定受信制御にも利用されている。日本における衛星放送 フレッシュアイペディアより)

  • 集積回路

    集積回路から見たB-CASB-CAS

    コンピューターに耐タンパー性能を与える為のSystem-on-a-chipモジュール。I/Oポートと電源端子のみを備え、マイクロコントローラーとして全てのロジックをワンチップに収納してある。鍵管理・鍵ブロックの登録と払い出し・Worm機能などが盛り込まれ、中間者攻撃やサイドチャネル攻撃からコンピューターシステムを防御する。世界で最も多く使われているセキュリティチップがICカードである。システム防衛の要として使われるが、通常スタンドアロンで動作する物は無い。バックエンドシステムにデータベースを備え、そのデータベースにアクセスする鍵が格納される(過去に実データを格納するICカードもあったが耐タンパー性の悪さから、B-CASカード等限定受信システム以外は撤退している。日本、EUではカードが解析・改ざんされ限定受信システムが崩壊した)。集積回路 フレッシュアイペディアより)

  • 池田信夫

    池田信夫から見たB-CASB-CAS

    浦崎宏 - ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS)社長で元NHK経済部次長。NHK時代池田と共にNHKスペシャル「追跡・不良債権12兆円」を制作した。池田信夫 フレッシュアイペディアより)

  • NHK BS1

    NHK BS1から見たB-CASカードB-CAS

    これに伴いデータ放送を拡充。旧BS1・2では簡易的な気象情報のみのデータ放送を送っていたが新BS1ではBShiから独立データ放送3ch(BS700・701・707ch)が内容を大幅にリニューアル(BS707chを除く)の上、移行し、BS700chでは気象情報、BS701chではニュース、スポーツ、株式などの情報、BS707chはコピー制御(B-CASカード)に関するヘルプチャンネルとして提供するようになった。また、BS700・701chでは放送映像を画面に出しながら提供するようになった。NHK BS1 フレッシュアイペディアより)

  • 京都府警察

    京都府警察から見たB-CASB-CAS

    2012年(平成24年)6月19日 - 「B-CAS」カードを有料放送見放題の「BLACKCAS」カードに書き換えてネットオークションで販売していたユーザーを不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。「BLACKCAS」への書き換えについて初の逮捕者。京都府警察 フレッシュアイペディアより)

57件中 41 - 50件表示