前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示
  • B-CAS

    B-CASから見たWOWOW

    B-CASによる限定受信システムは、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)によって開発された。2000年(平成12年)12月1日、BSデジタル放送が開始された際に、有料放送契約者(WOWOW)を対象として運用開始された。その後、110度CSデジタル放送(スカパー!)の有料放送、NHK-BS放送(NHK受信料の徴収目的)にも採用された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た東芝

    2009年(平成21年)11月からは、Plug-inSIM形状のminiB-CASカード(地上デジタル専用)の運用が始まった。加えて、2011年(平成23年)9月に東芝から発売されたデスクトップパソコン「dynabook REGZA PC D731シリーズ」では赤色miniB-CASカード(地上・BS・110度CS兼用)が導入された。miniB-CASカードは東芝製テレビレグザに実装されていたが、2015年発表の通常ハイビジョンモデルJ10から通常のB-CASカードの添付に変更されており、今後もminiB-CASカードが維持されるかは不明である。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たデジタル著作権管理

    B-CAS方式は、日本のBSデジタル放送の有料放送受信者を対象とする狭義の限定受信システム (CAS : Conditional Access System) としてスタートし、現在も社名にビーエスを冠する。その後、BSデジタル放送以外にも利用されデジタル放送におけるデジタル著作権管理 (DRM) の一部として正規の機器を認証する広義の限定受信方式(コンテンツ保護方式)としても利用されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た日立製作所

    B-CAS方式によるデジタル放送は動画データに、コピー制御信号 (CCI) を加えた上で暗号化(MULTI2暗号・日立製作所開発)して送信される。視聴する際は、B-CASカードに格納されている暗号鍵を用いて復号し、復号されたデータはCCIに忠実に取り扱われる。これにより、B-CAS方式の限定受信の行われている放送・番組では社団法人電波産業会 (ARIB) とB-CAS社に認証されB-CASカードが発行されたチューナー(コピー制御対応チューナー)にB-CASカードを挿入することが必須になり、それ以外の手段では視聴不可能となった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たトレンドマイクロ

    2012年5月18日、トレンドマイクロ社の情報によると、B-CASカードを不正改竄するコンピュータプログラムを、マルウェア「HKTL_RESREM」と認定し、これを「プログラムは、ユーザの手動インストールにより、コンピュータに侵入し」「プログラムは、特定のスマートカードの内容を上書きする機能を備えており、特定の有料テレビ放送へ無制限なアクセスを可能にします。」としている。これが、B-CAS社の技術的対策の一環であるかは不明であるが、トレンドマイクロ社のセキュリティソフトを導入している場合、不正改竄は不可能となる。他社のセキュリティソフトウェアで、同様の対応がとられているかは不明であるが、Microsoft Windows製品のWindows Defender、Security Essenstialでは、これらの措置は2014年3月現在行われていない。報道によると「不正改ざんプログラムを提供した者を立件」とする物があるが、実際には「不正改竄データの配布」で、不正改竄プログラムそのものを開発、公開した者の特定・立件は、2014年現在も実現していない。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たソニー

    B-CAS方式による放送では、デジタル技術を用いた録画機器と一部アナログ録画機器での番組の録画及び暗号化はされていないが、録画にさまざまな制限が掛かる。「B-CASとコピーワンス」、「DVDレコーダー」の項などを参照。これは録画機器メーカーであり、Blu-ray Discの提案者であり、同時に権利者でもあったソニーが提案、後続メーカーはそれに従う形で実装した。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たコピーガード

    2004年(平成16年)、BSデジタル放送の無料放送に、著作権保護が目的とされるコピー制御が導入された際、コピーガード制御信号(CCI。コピーワンスが原則とされるが2008年(平成20年)7月よりダビング10も併用)とともに、CCIの実効性を担保する限定受信方式として、デジタル著作権管理の一部の形で、BSデジタル放送・地上デジタル放送・110度CSデジタル放送に広く採用されることとなった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たNHK受信料

    B-CASによる限定受信システムは、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)によって開発された。2000年(平成12年)12月1日、BSデジタル放送が開始された際に、有料放送契約者(WOWOW)を対象として運用開始された。その後、110度CSデジタル放送(スカパー!)の有料放送、NHK-BS放送(NHK受信料の徴収目的)にも採用された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た不正競争防止法

    2012年6月には、不正なB-CASカードを販売した43歳の男性が、不正競争防止法違反で逮捕され、同年10月に有罪判決が言い渡された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たICカード

    B-CASとは、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ社(B-CAS社)が提供する限定受信方式、または同機能を実現するために受信機に設置するICカード(B-CASカード)のこと。B-CAS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
94件中 1 - 10件表示