94件中 11 - 20件表示
  • B-CAS

    B-CASから見た2009年

    2009年(平成21年)11月からは、Plug-inSIM形状のminiB-CASカード(地上デジタル専用)の運用が始まった。加えて、2011年(平成23年)9月に東芝から発売されたデスクトップパソコン「dynabook REGZA PC D731シリーズ」では赤色miniB-CASカード(地上・BS・110度CS兼用)が導入された。miniB-CASカードは東芝製テレビレグザに実装されていたが、2015年発表の通常ハイビジョンモデルJ10から通常のB-CASカードの添付に変更されており、今後もminiB-CASカードが維持されるかは不明である。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たスカパーJSAT

    衛星放送のスカパーJSATとWOWOWも、不正利用に対し、損害賠償を含めた法的措置をとるとの見解を発表している。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た電波産業会

    電波産業会の標準規格・技術資料において「限定受信方式」と定義されており、一般にARIB限定受信方式とも呼ばれる。関連する方式として、地上デジタル放送に限って地上放送RMP管理センターが運用するコンテンツ権利保護専用方式(RMP方式、地上RMP方式)があり、上述の標準規格・技術資料において「コンテンツ保護方式」(ARIBコンテンツ保護方式)と定義される。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た日本放送協会

    B-CASカードを使用する受信機には、特定条件に一致した場合に放送局からのお知らせを目的とした文言を画面に表示する「自動表示メッセージ」と呼ばれる機能がある。NHKの衛星放送においては、ユーザー登録を行わないままBSデジタル放送を視聴し、1ヶ月ほど経過すると、この機能を利用した「ユーザー登録のお知らせ」と表示され、NHK受信料の納付を目的とした画面が常時現れる。地上デジタルテレビ放送では、ユーザー登録をしなくとも画面上に「ユーザー登録のお知らせ」は表示されない。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た池田信夫

    元NHK職員で経済学者である池田信夫は2008年(平成20年)9月26日にB-CAS見直しが決定した際に「B-CASの廃止が事実上決まった」と述べたが、実際に廃止が決まったわけではなく「見直し」が決まっただけである。放送局・権利者団体の意向に沿っていたデジコン委員会においてB-CAS見直しの流れとなった原因としては「インターネット上での圧倒的なB-CAS反対意見があり、これを受けた公正取引委員会が独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが原因だった」とも述べた。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たさいたま市

    さらに2013年7月には、さいたま市在住の会社員らが有料放送の視聴料を支払わないで見られるように細工した、不正B-CASカードを放送局などに無断で制作・販売した疑いで逮捕された事例がある。この会社員らは不正B-CASカード6000枚を売りさばき1億3000万円以上の稼ぎを得たといわれている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た関税法

    この事件を受けて、B-CAS社、スカパーJSAT、スターチャンネル、WOWOWの有料衛星放送事業者3社の合計4社から、東京税関に対して申し立てていたこの偽B-CASカード「BLACK CAS」と「不正B-CAS」の輸入差し止めの申し立てが受理され、今後は日本国内の全税関で、輸入した場合の没収などの取り締まりの規制対象に追加された。これは「不正競争防止法第2条・第1項・第11号」に規定される技術的制限手段を回避する知的財産侵害品とみなされる。この知的財産侵害品と扱われたものは、「関税法第69条の11 輸入してはならない貨物」の扱いとされ、輸入した場合は税関に押収されるB-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たハッカー

    発端となった技術エンスロ委員会の委員長は「簡単に破られるだろう」「ハッカーは歓迎だ。BSが普及する事は良い事だ」と述べたが、実際に突破されて崩壊するまで10年近くを要し、その間ユーザーは不満を募らせ、その怒りをB-CAS社に向けた。しかしそれは厳密には誤りであり、権利者が希望もしないのに、過剰なアクセス制限を自主規制の形で実装した、受信機メーカー業界の本質である事に長らくして気づく。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たマルウェア

    2012年5月18日、トレンドマイクロ社の情報によると、B-CASカードを不正改竄するコンピュータプログラムを、マルウェア「HKTL_RESREM」と認定し、これを「プログラムは、ユーザの手動インストールにより、コンピュータに侵入し」「プログラムは、特定のスマートカードの内容を上書きする機能を備えており、特定の有料テレビ放送へ無制限なアクセスを可能にします。」としている。これが、B-CAS社の技術的対策の一環であるかは不明であるが、トレンドマイクロ社のセキュリティソフトを導入している場合、不正改竄は不可能となる。他社のセキュリティソフトウェアで、同様の対応がとられているかは不明であるが、Microsoft Windows製品のWindows Defender、Security Essenstialでは、これらの措置は2014年3月現在行われていない。報道によると「不正改ざんプログラムを提供した者を立件」とする物があるが、実際には「不正改竄データの配布」で、不正改竄プログラムそのものを開発、公開した者の特定・立件は、2014年現在も実現していない。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た総務省

    2012年5月19日に「B-CASのデータを書き換え、放送事業者に料金を支払わずに有料番組を視聴できる方法が、インターネットで出回っていることが分かった。総務省が「コンテンツ保護の観点から由々しき事態。B-CASシステムの改廃につながりかねない問題」として調査に乗り出した」と報道された。同記事では、「不正B-CASカードは、海賊版カードが数か月前から出回っていた。今回、インターネット上で出回った方法は、パソコンを用いて正規のB-CASカードを書き換える方法」としている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

94件中 11 - 20件表示