36件中 11 - 20件表示
  • B-CAS

    B-CASから見たデジタル著作権管理

    B-CAS方式は日本のBSデジタル放送の有料放送受信者を対象とする狭義の限定受信システム (CAS : Conditional Access System) としてスタートし、その後BSデジタル放送以外にも利用されデジタル放送におけるデジタル著作権管理 (DRM) の一部として正規の機器を認証する広義の限定受信方式として利用されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た公正取引委員会

    元NHK職員で経済学者である池田信夫は2008年(平成20年)9月26日にB-CAS見直しが決定した際に「B-CASの廃止が事実上決まった」と述べたが、実際に廃止が決まったわけではなく「見直し」が決まっただけである。また放送局・権利者団体の意向に沿っていたデジコン委員会においてB-CAS見直しの流れとなった原因としては「インターネット上での圧倒的なB-CAS反対意見があり、これを受けた公正取引委員会が独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが原因だった」とも述べた。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たSIMカード

    青カードは地上デジタル放送専用カードである(B-CAS社へのライセンス料の支払軽減が目的とされている)。BS及び110度CSは受信可能であるが、CSの有料番組の契約はできない。地上デジタル特別内蔵用カード(浴室等に持ち込むことができる防水加工されたテレビ等に内蔵)は屋外使用の仕様や防水仕様などの受信の場合、着脱が難しいため出荷段階から挿入済みとされる。また、12セグの視聴が可能なカーナビゲーションやUSB型受信機等にSIMカードタイプのminiB-CASカードが発行されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た電波産業会

    B-CAS方式によるデジタル放送は動画データにコピー制御信号 (CCI) を加えた上で暗号化(MULTI2暗号・日立製作所開発)して送信される。視聴する際はB-CASカードに格納されている暗号鍵を用いて復号し、復号されたデータはCCIに忠実に取り扱われる。これにより、B-CAS方式の限定受信の行われている放送・番組では社団法人電波産業会 (ARIB) とB-CAS社に認証されB-CASカードが発行されたチューナー(コピー制御対応チューナー)にB-CASカードを挿入することが必須になり、それ以外の手段では視聴不可能となった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た日本放送協会

    B-CASカードを使用する受信機には特定条件に一致した場合に放送局からのお知らせを目的とした文言を画面に表示する「自動表示メッセージ」と呼ばれる機能がある。NHKの衛星放送においてはユーザー登録を行わないままBSデジタル放送を視聴し一定期間(1か月)が経過すると、この機能を利用した「ユーザー登録のお知らせ」が表示される。地上デジタル放送ではユーザー登録をしなくとも画面上に「ユーザー登録のお知らせ」は表示されない。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たARIB

    B-CASカードはB-CAS社が発行する接触式ICカードでARIBとB-CAS社に認証されたデジタル放送受信機に同梱して配布され、受信機(チューナー、セットトップボックス、デジタル放送対応テレビ、DVDレコーダーなど)に挿入して使用する。B-CASカードのICチップ内部にはカード毎に固有のID番号と暗号鍵が格納されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たフリーオ

    2007年(平成19年)10月25日、既に発行されたB-CASカードを流用した上でコピー制御信号を無視することを前提としたパソコン向け地上・BSデジタルチューナーのフリーオが発売されB-CASを用いたDRMシステムは根底から覆された。現在はB-CASに搭載されている暗号鍵をインターネット上で通知する手段も実用化され、フリーオにはB-CASを要さず著作権保護を目的とした運用は機能していない。また2009年(平成21年)11月からは、Plug-inSIM形状のminiB-CASカード(地上デジタル専用)の運用が始まった。加えて、2011年(平成23年)9月に東芝から発売されたデスクトップパソコン「dynabook REGZA PC D731シリーズ」では赤色miniB-CASカード(地上・BS・110度CS兼用)が導入されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た地上放送RMP管理センター

    といったものが中心に検討された。最終的に、地上デジタル放送についてはソフトウェア制御によるCASの運用を行う団体として「一般社団法人地上放送RMP管理センター」が2011年(平成23年)6月に設立され、2012年(平成24年)7月より段階的に新方式を導入することとなった。なお従来型のB-CASも新方式と並行運用される。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たスカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)

    2000年(平成12年)12月1日にBSデジタル放送、2002年(平成14年)3月1日に110度CSデジタル放送、そして2003年(平成15年)12月1日に地上デジタル放送がそれぞれ開始された。当初から現在に至るまで、B-CASは有料放送であるWOWOWとスカパー!e2のCASとして利用されている。なお、有料放送はカードに対しての解除信号が送られているためカードを差し替えることで利用できる機器を切り替えることができる。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たシュリンクラップ契約

    シュリンクラップ契約にて締結される使用許諾契約約款ではB-CASカードの所有権は株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズに帰属するとされている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「B-CASカード」のニューストピックワード