94件中 21 - 30件表示
  • B-CAS

    B-CASから見たカーナビゲーション

    青カードは地上デジタル放送専用カードである(B-CAS社へのライセンス料の支払軽減が目的とされている)。BS及び110度CSは受信可能であるが、CSの有料番組の契約はできない。地上デジタル特別内蔵用カード(浴室等に持ち込むことができる防水加工されたテレビ等に内蔵)は屋外使用の仕様や防水仕様などの受信の場合、着脱が難しいため出荷段階から挿入済みとされる。12セグの視聴が可能なカーナビゲーションやUSB型受信機等にSIMカードサイズのminiB-CASカードも発行されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たケーブルテレビ

    2014年8月には、台湾で、日本向けのインターネット通販を利用して、有料放送局に無断で不正B-CASを売ることを目的に、B-CASのデータを無料で見られるように書き換えたとして、現地の30-40代の2人が摘発された。彼らが作成・販売した不正カードは、スカパー!やWOWOW、ケーブルテレビでの正規視聴契約ならば、月総額で5万円程度かかるところを、2038年まで無料で見られるように不法改造され、1枚1万円程度で通販され、摘発の際に約11000枚が押収された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たレグザ

    2009年(平成21年)11月からは、Plug-inSIM形状のminiB-CASカード(地上デジタル専用)の運用が始まった。加えて、2011年(平成23年)9月に東芝から発売されたデスクトップパソコン「dynabook REGZA PC D731シリーズ」では赤色miniB-CASカード(地上・BS・110度CS兼用)が導入された。miniB-CASカードは東芝製テレビレグザに実装されていたが、2015年発表の通常ハイビジョンモデルJ10から通常のB-CASカードの添付に変更されており、今後もminiB-CASカードが維持されるかは不明である。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たテレビ受像機

    B-CASカードはB-CAS社が発行する接触式ICカードでARIBとB-CAS社に認証されたデジタル放送受信機に同梱して配布され、受信機(チューナー、セットトップボックス、デジタル放送対応テレビ、BDレコーダーなど)に挿入して使用する。B-CASカードのICチップ内部にはカード毎に固有のID番号と暗号鍵が格納されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たスーパーハイビジョン

    日本放送協会(NHK)は、次世代CAS技術として、新しい方式を策定した。これは4K 8Kテレビ放送の物とした。従来のデジタルハイビジョンB-CAS方式の現状は回復出来ず、現行のISDBハイビジョン救済は諦めて、試験放送での運用実験を前倒しにして、2015年(平成27年)から始まる新方式の「スーパーハイビジョン試験放送」で、新CASシステムの試験も開始される物と思われる。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たインターネットオークション

    開始当初、限定受信は有料放送が対象であり、コピー制御も有料放送を除いて行われていなかったが、東京の主婦が録画した「BSデジタル放送のSMAP×SMAPを録画したD-VHSテープがインターネットオークションに出品される著作権侵害があった」とする、ハリウッド系資本の放送事業者の主張により、技術エンスロ委員会で問題視され、2004年(平成16年)4月5日からは、有料放送・無料放送を問わず、著作権保護が目的であるとするコピーガード制御が開始された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た公正取引委員会

    元NHK職員で経済学者である池田信夫は2008年(平成20年)9月26日にB-CAS見直しが決定した際に「B-CASの廃止が事実上決まった」と述べたが、実際に廃止が決まったわけではなく「見直し」が決まっただけである。放送局・権利者団体の意向に沿っていたデジコン委員会においてB-CAS見直しの流れとなった原因としては「インターネット上での圧倒的なB-CAS反対意見があり、これを受けた公正取引委員会が独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが原因だった」とも述べた。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たGoogle

    2012年(平成24年)5月23日 ?6時37分、バックドアを経てリバースエンジニアリングされたB-CASプログラムを基に、B-CASをエミュレーションするソフトウエアであるSoftcasが発表された。このプログラムをインストールすると、あたかもB-CASカードが存在する様に振舞い、DRM解除や限定受信システム回避の為に違法なB-CASカードの改竄(この罪は私電磁記録不正作出罪および同行使となる)も、またカードそのものの装着も不要となる。本プログラムの存在は、Googleがプログラムの場所を削除させる事によって隠蔽された。しかし、コンピュータプログラムはソースコードと共に流出。現在はイランに存在する、Torによる匿名サーバによって公開され、2015年現在もメンテナンスされている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たSIMカード

    青カードは地上デジタル放送専用カードである(B-CAS社へのライセンス料の支払軽減が目的とされている)。BS及び110度CSは受信可能であるが、CSの有料番組の契約はできない。地上デジタル特別内蔵用カード(浴室等に持ち込むことができる防水加工されたテレビ等に内蔵)は屋外使用の仕様や防水仕様などの受信の場合、着脱が難しいため出荷段階から挿入済みとされる。12セグの視聴が可能なカーナビゲーションやUSB型受信機等にSIMカードサイズのminiB-CASカードも発行されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たダビング10

    2004年(平成16年)、BSデジタル放送の無料放送に、著作権保護が目的とされるコピー制御が導入された際、コピーガード制御信号(CCI。コピーワンスが原則とされるが2008年(平成20年)7月よりダビング10も併用)とともに、CCIの実効性を担保する限定受信方式として、デジタル著作権管理の一部の形で、BSデジタル放送・地上デジタル放送・110度CSデジタル放送に広く採用されることとなった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

94件中 21 - 30件表示