94件中 31 - 40件表示
  • B-CAS

    B-CASから見たDVDレコーダー

    B-CAS方式による放送では、デジタル技術を用いた録画機器と一部アナログ録画機器での番組の録画及び暗号化はされていないが、録画にさまざまな制限が掛かる。「B-CASとコピーワンス」、「DVDレコーダー」の項などを参照。これは録画機器メーカーであり、Blu-ray Discの提案者であり、同時に権利者でもあったソニーが提案、後続メーカーはそれに従う形で実装した。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たARIB

    B-CASカードはB-CAS社が発行する接触式ICカードでARIBとB-CAS社に認証されたデジタル放送受信機に同梱して配布され、受信機(チューナー、セットトップボックス、デジタル放送対応テレビ、BDレコーダーなど)に挿入して使用する。B-CASカードのICチップ内部にはカード毎に固有のID番号と暗号鍵が格納されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たスターチャンネル

    この事件を受けて、B-CAS社、スカパーJSAT、スターチャンネル、WOWOWの有料衛星放送事業者3社の合計4社から、東京税関に対して申し立てていたこの偽B-CASカード「BLACK CAS」と「不正B-CAS」の輸入差し止めの申し立てが受理され、今後は日本国内の全税関で、輸入した場合の没収などの取り締まりの規制対象に追加された。これは「不正競争防止法第2条・第1項・第11号」に規定される技術的制限手段を回避する知的財産侵害品とみなされる。この知的財産侵害品と扱われたものは、「関税法第69条の11 輸入してはならない貨物」の扱いとされ、輸入した場合は税関に押収されるB-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たコンピュータプログラム

    2012年(平成24年)5月23日 ?6時37分、バックドアを経てリバースエンジニアリングされたB-CASプログラムを基に、B-CASをエミュレーションするソフトウエアであるSoftcasが発表された。このプログラムをインストールすると、あたかもB-CASカードが存在する様に振舞い、DRM解除や限定受信システム回避の為に違法なB-CASカードの改竄(この罪は私電磁記録不正作出罪および同行使となる)も、またカードそのものの装着も不要となる。本プログラムの存在は、Googleがプログラムの場所を削除させる事によって隠蔽された。しかし、コンピュータプログラムはソースコードと共に流出。現在はイランに存在する、Torによる匿名サーバによって公開され、2015年現在もメンテナンスされている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た地上放送RMP管理センター

    電波産業会の標準規格・技術資料において「限定受信方式」と定義されており、一般にARIB限定受信方式とも呼ばれる。関連する方式として、地上デジタル放送に限って地上放送RMP管理センターが運用するコンテンツ権利保護専用方式(RMP方式、地上RMP方式)があり、上述の標準規格・技術資料において「コンテンツ保護方式」(ARIBコンテンツ保護方式)と定義される。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たスカパー! (東経110度BS・CSデジタル放送)

    B-CASによる限定受信システムは、ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)によって開発された。2000年(平成12年)12月1日、BSデジタル放送が開始された際に、有料放送契約者(WOWOW)を対象として運用開始された。その後、110度CSデジタル放送(スカパー!)の有料放送、NHK-BS放送(NHK受信料の徴収目的)にも採用された。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たバックドア

    1億5千万枚以上発行(2014年時点)されたB-CASカードの大多数に、カードに書き込まれた情報が平文で読み書きできるバックドアが存在する(この事案から、カード裏のT記号が東芝のTであり、他の記号は製造メーカーの頭文字と推定される)。最初に明らかにされた東芝製B-CASカードは東芝製品にしか付属しない事、早期にB-CASカードからバックドアへのアクセスプログラムが削除された為、流通数は全体からすると少ない。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た日本における衛星放送

    B-CAS方式は、日本のBSデジタル放送の有料放送受信者を対象とする狭義の限定受信システム (CAS : Conditional Access System) としてスタートし、現在も社名にビーエスを冠する。その後、BSデジタル放送以外にも利用されデジタル放送におけるデジタル著作権管理 (DRM) の一部として正規の機器を認証する広義の限定受信方式(コンテンツ保護方式)としても利用されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たフリーオ

    2007年(平成19年)10月25日、既に発行されたB-CASカードを流用した上でコピー制御信号を無視することを前提とした地上・BSデジタルチューナーのフリーオが発売された。フリーオ発売以降も複数のARIB非準拠チューナーが発売されており、実質的に DRM が機能しているとは言い難い。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た改竄

    2012年には、B-CAS社が発行したものでない、サードパーティ製の海賊版B-CASカードが出回り、その後B-CASカードを改竄する手法も明らかになり、放送限定受信システムとしての機能を果たさなくなった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

94件中 31 - 40件表示