94件中 51 - 60件表示
  • B-CAS

    B-CASから見たセットトップボックス

    B-CASカードはB-CAS社が発行する接触式ICカードでARIBとB-CAS社に認証されたデジタル放送受信機に同梱して配布され、受信機(チューナー、セットトップボックス、デジタル放送対応テレビ、BDレコーダーなど)に挿入して使用する。B-CASカードのICチップ内部にはカード毎に固有のID番号と暗号鍵が格納されている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たハイビジョン

    日本放送協会(NHK)は、次世代CAS技術として、新しい方式を策定した。これは4K 8Kテレビ放送の物とした。従来のデジタルハイビジョンB-CAS方式の現状は回復出来ず、現行のISDBハイビジョン救済は諦めて、試験放送での運用実験を前倒しにして、2015年(平成27年)から始まる新方式の「スーパーハイビジョン試験放送」で、新CASシステムの試験も開始される物と思われる。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た法の不遡及

    これに伴い、これまで暗号化解除手段を開発・提供していたコミュニティサイトは、著しく縮退・消滅し、オープンソース等で公開されていたコンピュータプログラムは、過去のリビジョンを残して施行後のリビジョンから、暗号化解除に関するコードを削除した。ただし、これらのコンピュータソフトウェアのフレームワークは、あらゆるオペレーティングシステムで既に完成していた為、罪に対する法の不遡及は行えず、施行前に完成・公開されていたコンピュータプログラムは、そのままインターネットのサーバ上に残る事となった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たコピーワンス

    2004年(平成16年)、BSデジタル放送の無料放送に、著作権保護が目的とされるコピー制御が導入された際、コピーガード制御信号(CCI。コピーワンスが原則とされるが2008年(平成20年)7月よりダビング10も併用)とともに、CCIの実効性を担保する限定受信方式として、デジタル著作権管理の一部の形で、BSデジタル放送・地上デジタル放送・110度CSデジタル放送に広く採用されることとなった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たソースコード

    2012年(平成24年)5月23日 ?6時37分、バックドアを経てリバースエンジニアリングされたB-CASプログラムを基に、B-CASをエミュレーションするソフトウエアであるSoftcasが発表された。このプログラムをインストールすると、あたかもB-CASカードが存在する様に振舞い、DRM解除や限定受信システム回避の為に違法なB-CASカードの改竄(この罪は私電磁記録不正作出罪および同行使となる)も、またカードそのものの装着も不要となる。本プログラムの存在は、Googleがプログラムの場所を削除させる事によって隠蔽された。しかし、コンピュータプログラムはソースコードと共に流出。現在はイランに存在する、Torによる匿名サーバによって公開され、2015年現在もメンテナンスされている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見たエミュレーション

    2012年(平成24年)5月23日 ?6時37分、バックドアを経てリバースエンジニアリングされたB-CASプログラムを基に、B-CASをエミュレーションするソフトウエアであるSoftcasが発表された。このプログラムをインストールすると、あたかもB-CASカードが存在する様に振舞い、DRM解除や限定受信システム回避の為に違法なB-CASカードの改竄(この罪は私電磁記録不正作出罪および同行使となる)も、またカードそのものの装着も不要となる。本プログラムの存在は、Googleがプログラムの場所を削除させる事によって隠蔽された。しかし、コンピュータプログラムはソースコードと共に流出。現在はイランに存在する、Torによる匿名サーバによって公開され、2015年現在もメンテナンスされている。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た地デジ難視対策衛星放送

    フリーオ発売以降、スクランブルされたストリームのデコードに必要なキーをインターネット経由で共有する手段が実用化され、地デジ難視対策衛星放送や無料民放放送などが視聴可能となった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た日本の地上デジタルテレビ放送

    2004年(平成16年)、BSデジタル放送の無料放送に、著作権保護が目的とされるコピー制御が導入された際、コピーガード制御信号(CCI。コピーワンスが原則とされるが2008年(平成20年)7月よりダビング10も併用)とともに、CCIの実効性を担保する限定受信方式として、デジタル著作権管理の一部の形で、BSデジタル放送・地上デジタル放送・110度CSデジタル放送に広く採用されることとなった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た暗号鍵

    B-CAS方式によるデジタル放送は動画データに、コピー制御信号 (CCI) を加えた上で暗号化(MULTI2暗号・日立製作所開発)して送信される。視聴する際は、B-CASカードに格納されている暗号鍵を用いて復号し、復号されたデータはCCIに忠実に取り扱われる。これにより、B-CAS方式の限定受信の行われている放送・番組では社団法人電波産業会 (ARIB) とB-CAS社に認証されB-CASカードが発行されたチューナー(コピー制御対応チューナー)にB-CASカードを挿入することが必須になり、それ以外の手段では視聴不可能となった。B-CAS フレッシュアイペディアより)

  • B-CAS

    B-CASから見た自主規制

    発端となった技術エンスロ委員会の委員長は「簡単に破られるだろう」「ハッカーは歓迎だ。BSが普及する事は良い事だ」と述べたが、実際に突破されて崩壊するまで10年近くを要し、その間ユーザーは不満を募らせ、その怒りをB-CAS社に向けた。しかしそれは厳密には誤りであり、権利者が希望もしないのに、過剰なアクセス制限を自主規制の形で実装した、受信機メーカー業界の本質である事に長らくして気づく。B-CAS フレッシュアイペディアより)

94件中 51 - 60件表示