前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
662件中 1 - 10件表示
  • Java

    Javaから見たC++C++

    構文はCおよびC\+\+から多くを引き継いでいる。Java フレッシュアイペディアより)

  • Rust (プログラミング言語)

    Rust (プログラミング言語)から見たC++C++

    Rust言語は速度、並行性、安全性を言語仕様として保証するC言語、C\+\+に代わるに適したプログラミング言語を目指している。2006年の開発初期はグレイドン・ホアレの個人プロジェクトだったが、2009年にMozillaが開発に関わり始めてMozilla Researchの公式プロジェクトとなった。2015年に1.0版がリリースされるまでにいくつもの破壊的な仕様変更があったが、1.0版以降は基本的には後方互換を保って6週間間隔で定期的にリリースされている。プロジェクトはオープンソースのコミュニティベース開発で進行しており、言語仕様(検討段階含む)、ソースコード、ドキュメントはオープンソースライセンスで公開されている。Rust (プログラミング言語) フレッシュアイペディアより)

  • 表明

    表明から見たC++C++

    この例では、アントニー・ホーアが1969年の論文で採用した表明の記法を使っている。この記法は主なプログラミング言語では採用されていない。しかし、実行時にチェックされない表明としてコメントにこの記法で書いておくことはできる。例えばC/C\+\+では次のようになる。表明 フレッシュアイペディアより)

  • オブジェクト指向プログラミング

    オブジェクト指向プログラミングから見たC++C++

    一方、Smalltalkとは別にSimulaの影響を受け作られたC\+\+(1979年)は抽象データ型のスーパーセットとしてのクラス、オブジェクトに注目し、オブジェクト指向をカプセル化、継承、多相性をサポートするものと再定義した(その際、実行時速度重視及びコンパイラ設計上の制約により、変数メタファである動的束縛の特徴は除外された)。これらは当初抽象データ型、派生、仮想関数と呼ばれ、オブジェクトのメンバ関数を実体ではなくポインタとすることで、継承関係にあるクラスのメンバ関数のオーバーライド(上書き)を可能にしたことで、多相性を実現した(この流儀ではメッセージメタファはオブジェクト指向に必須ではないものと定義し、オブジェクトの持つ手続きをメソッドとは呼ばずメンバ関数と呼ぶ)。この他、Smalltalkにある動的束縛の類似的な機能としてオーバーロード(多重定義)が実装されている。オブジェクト指向プログラミング フレッシュアイペディアより)

  • オブジェクトデータベース

    オブジェクトデータベースから見たC++C++

    ODBMSの実装のいくつかは、Smalltalk、C\+\+、Java、C#、Visual Basic .NET などのオブジェクト指向プログラミングと連携して良好に動作するよう設計されている。オブジェクトデータベース フレッシュアイペディアより)

  • Javaの性能

    Javaの性能から見たC++C++

    クラスの実行に先立ち、オラクルのJVMはバイトコードの検証を行う。バイトコードのロードと検証は特定のクラスがロードされ実行する準備ができた場合のみ行われ、プログラムの開始時点で行われるわけではない(オラクル以外のJVM、たとえば IBM System i用のJava/400のように、検証の作業の大半を前もって行い、クラスを検証した情報をキャッシュしておくものもある)。しかし、Javaのクラスライブラリも正規のJavaクラスであり、使用時にロードされるため、Javaプログラムの起動時間は例えばC\+\+のプログラムより長くなることが多い。Javaの性能 フレッシュアイペディアより)

  • メソッド (計算機科学)

    メソッド (計算機科学)から見たC++C++

    オブジェクト指向プログラミングにおけるメソッドという用語は元々SmalltalkによってSimulaのメンバープロシージャーをメッセージとメソッドに別けるために導入された。C\+\+ ではメンバー関数と呼ばれるが、これはSimulaのメンバープロシージャーをCに流用したことに由来している。Javaの様な言語やマイクロソフトなどの企業がメソッドという用語を使っているのは元々C++よりもSmalltalkの影響を受けていたためである。近年では言語設計やOS開発等で直接Smalltalkの影響を受けていない場合でも、Javaやマイクロソフト等の影響によりメンバープロシージャーやメンバー関数に当たるものをメソッドと呼ぶことが一般化している。メソッド (計算機科学) フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語年表

    プログラミング言語年表から見たC++C++

    1972年 デニス・リッチーらがC言語を開発。C言語はプログラム開発の中心的な言語となり、2010年代でも広く使用されている。また、1980年代にはオブジェクト指向の考え方を取り入れたC\+\+へと発展した。プログラミング言語年表 フレッシュアイペディアより)

  • ROOT

    ROOTから見たC++C++

    1993年からRené BrunとFons Rademakersの手によって、CERNにて開発が開始され、1995年に最初の版が公開された。当時の素粒子実験では、FORTRANがプログラミング言語の主役であり、データ解析ソフトウェアとしてはPAWが使われていた。しかし、より実験が大規模化するにつれソフトウェア開発の手法も変化し、C\+\+を用いたオブジェクト指向型のデータ解析環境が求められるようになった。2009年現在でも彼らを中心としたメンバーで開発が継続されている。ROOT フレッシュアイペディアより)

  • LAPACK

    LAPACKから見たC++C++

    LAPACK++: C\+\+用。LAPACK フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
662件中 1 - 10件表示

「C++」のニューストピックワード

  • しっかりと捉えられました

  • しっかりと捉えられました。先制のチャンスでランナーをかえすバッティングができて良かったです

  • 緊張した