前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
526件中 1 - 10件表示
  • Java

    Javaから見たC++C++

    構文は C および C\+\+ から多くを引き継いでいる。Java フレッシュアイペディアより)

  • Javaの性能

    Javaの性能から見たC++C++

    Java とCやC\+\+、Object Pascalといったネイティブコードへのコンパイル言語との性能を客観的に比較することは難しく、論争を巻き起こすテーマである。Java は C++ と似たプログラミング言語であるが、コンパイラが対象とするプラットフォーム はJavaプラットフォームであり、Java仮想マシン上に実装されている。一方 C/C++、Object Pascal のプログラムは特定のハードウェアとOS向けにコンパイルされる。大きく異なるアプローチである静的コンパイルと動的コンパイル/再コンパイルの比較、すなわち実行環境に対する正確な情報が利用できるかどうかが異なるもの比較であるため、比較が困難なシナリオが生じる。Javaの性能 フレッシュアイペディアより)

  • オブジェクトデータベース

    オブジェクトデータベースから見たC++C++

    ODBMS の実装のいくつかは、Smalltalk、C\+\+、Java、C、Visual Basic .NET などのオブジェクト指向プログラミングと連携して良好に動作するよう設計されている。オブジェクトデータベース フレッシュアイペディアより)

  • メソッド (計算機科学)

    メソッド (計算機科学)から見たC++C++

    オブジェクト指向プログラミングにおけるメソッドという用語は元々SmalltalkによってSimulaのメンバープロシージャーをメッセージとメソッドに別けるために導入された。C\+\+ ではメンバー関数と呼ばれるが、これはSimulaのメンバープロシージャーをCに流用したことに由来している。Javaの様な言語やMicrosoftなどの企業がメソッドという用語を使っているのは元々C++よりもSmalltalkの影響を受けていたためである。近年では言語設計やOS開発等で直接Smalltalkの影響を受けていない場合でも、JavaやMicrosoft等の影響によりメンバープロシージャーやメンバー関数に当たるものをメソッドと呼ぶことが一般化している。メソッド (計算機科学) フレッシュアイペディアより)

  • オブジェクト指向プログラミング

    オブジェクト指向プログラミングから見たC++C++

    一方、Smalltalkとは別にSimulaの影響を受け作られたC\+\+(1979年)は抽象データ型のスーパーセットとしてのクラス、オブジェクトに注目し、オブジェクト指向をカプセル化、継承、多相性をサポートするものと再定義した(その際、実行時速度重視及びコンパイラ設計上の制約により、変数メタファである動的束縛の特徴は除外された)。これらは当初抽象データ型、派生、仮想関数と呼ばれ、オブジェクトのメンバ関数を実体ではなくポインタとすることで、継承関係にあるクラスのメンバ関数のオーバーライド(上書き)を可能にしたことで、多相性を実現した(この流儀ではメッセージメタファはオブジェクト指向に必須ではないものと定義し、オブジェクトの持つ手続きをメソッドとは呼ばずメンバ関数と呼ぶ)。この他、Smalltalkにある動的束縛の類似的な機能としてオーバーロード(多重定義)が実装されている。オブジェクト指向プログラミング フレッシュアイペディアより)

  • LAPACK

    LAPACKから見たC++C++

    LAPACK++: C\+\+用。LAPACK フレッシュアイペディアより)

  • ROOT

    ROOTから見たC++C++

    1993年からRené BrunとFons Rademakersの手によって、CERNにて開発が開始され、1995年に最初の版が公開された。当時の素粒子実験では、FORTRANがプログラミング言語の主役であり、データ解析ソフトウェアとしてはPAWが使われていた。しかし、より実験が大規模化するにつれソフトウェア開発の手法も変化し、C\+\+を用いたオブジェクト指向型のデータ解析環境が求められるようになった。2009年現在でも彼らを中心としたメンバーで開発が継続されている。ROOT フレッシュアイペディアより)

  • 表明

    表明から見たC++C++

    表明は決して実行されないと見なされている箇所に置かれることもある。例えば、C、C\+\+、Javaのような言語で、switch 文の default 節に表明を置くことがある。プログラマが予期しない状態が発生した場合、実行をそのまま続けるのではなく、エラーを発生させてプログラムを停止させるのである。表明 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語

    プログラミング言語から見たC++C++

    静的型付け言語は、型を明記する場合と型推論を行う場合がある。前者ではプログラマは適切な位置に型を明記しなければならない(例えば、変数の宣言文など)。後者では、コンパイラが式の型を文脈から推論する。C\+\+やJavaなどの主な静的型付け言語では、型を明記する。完全な型推論は主流でない言語に使われている(HaskellやML)。ただし、型を明記する言語でも部分的な型推論をサポートしていることが多い。たとえば、JavaやC#では限定された状況で型推論を行う。プログラミング言語 フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語年表

    プログラミング言語年表から見たC++C++

    1972年 デニス・リッチーらがC言語を開発。C言語はプログラム開発の中心的な言語となり、2000年代でも広く使用されている。また、1980年代にはオブジェクト指向の考え方を取り入れたC\+\+へと発展した。プログラミング言語年表 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
526件中 1 - 10件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない