662件中 91 - 100件表示
  • Delphi

    Delphiから見たC++C++

    Delphiで使われるコンポーネントのフレームワークには 「Visual Component Library (VCL)」、「Component Library for Cross-Platform (CLX)」、「FireMonkey (FMX)」 がある。このフレームワークを用いてC\+\+言語でのWindows向けソフトウェア開発を実現したものが 「C++ Builder」 である。Delphi フレッシュアイペディアより)

  • アプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションプログラミングインタフェースから見たC++C++

    アプリケーションプログラミングインタフェース(''、)とは、広義の意味ではソフトウェアコンポーネントが互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。APIには、サブルーチン、データ構造、オブジェクトクラス、変数などの仕様が含まれる。APIには様々な形態があり、POSIXのような国際規格、マイクロソフトのWindows APIのようなベンダーによる文書、プログラミング言語のライブラリ(例えば、C\+\+のStandard Template Libraryやなど)がある。商業的に使われる狭義の意味ではOSやミドルウェアやWebサービス等サービスを利用するアプリケーション(Application)を作成する(Programming)ためのインターフェース(Interface)である。こちらの意味ではサービスから提供されないStandard Template Libraryなど言語の標準ライブラリーは含まない。アプリケーションプログラミングインタフェース フレッシュアイペディアより)

  • GNUコンパイラコレクション

    GNUコンパイラコレクションから見たC++C++

    標準パッケージには C、C\+\+、Objective-C、Objective-C++、Fortran、Java、Ada、Go のコンパイラ並びにこれらのライブラリが含まれている。GNUコンパイラコレクション フレッシュアイペディアより)

  • C言語

    C言語から見たC++C++

    1990年代中盤以降は、最初に学ぶプログラミング言語としても主流となった。また、90年代中盤にはゲーム専用機(ゲームコンソール)の性能向上とプログラムの大規模化、マルチプラットフォーム展開を受け、開発言語がアセンブラからC言語に移行した。GUI環境の普及とオブジェクト指向の普及により 、、C\+\+、、、などの言語の利用者も増加したため、広く利用されるプログラミング言語の数は増加傾向にある。現在でもJava, C#, C\+\+などC言語派生の後発言語を含めて、C言語は比較的移植性に優れた言語であり、業務用開発やフリーソフトウェア開発、C++などの実装が困難な組み込みなどの小規模のシステムで、幅広く利用されている。C言語 フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たC++C++

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万米ドル(2013年)であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C\+\+、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

  • PHP (プログラミング言語)

    PHP (プログラミング言語)から見たC++C++

    またクラスやインターフェイスといったオブジェクト指向構文はC\+\+よりJavaに近いものが採用されている。PHP (プログラミング言語) フレッシュアイペディアより)

  • C plus plus

    C plus plusから見たC++C++

    C plus plus フレッシュアイペディアより)

  • C++言語

    C++言語から見たC++C++

    C++言語 フレッシュアイペディアより)

  • 依存ファイル

    依存ファイルから見たC++C++

    C/C\+\+やDelphiなどの言語ではコンパイル/リンク時に「静的リンク」を行うことによってこれらのライブラリの機能を実行ファイル内部に取り込むことが出来る。これによって依存ファイルがなくとも異なる環境での実行が可能となるが、実行ファイルのサイズは大きくなり、ライブラリのバージョンアップ時に対応するためにはコンパイルをやり直さなくてはならなくなる。「動的リンク」を行えば、実行時に都度、ライブラリにアクセスするため、ファイルサイズは抑えることが出来るが、ランタイムライブラリを別に配布する必要が生じる。依存ファイル フレッシュアイペディアより)

  • JIS X 3014

    JIS X 3014から見たC++C++

    JIS X 3014 フレッシュアイペディアより)

662件中 91 - 100件表示

「C++」のニューストピックワード

  • 南紀白浜食べ歩き・まち歩きマップ

  • 信陵地区ウオークラリー大会

  • KinKi Kidsの中で僕ができる役割が変わるかもしれない