662件中 21 - 30件表示
  • NetBeans

    NetBeansから見たC++C++

    NetBeans(ネットビーンズ)とは、オラクル(買収以前はサン・マイクロシステムズ、以下同)を中心としたコミュニティにより開発されている、オープンソースの統合開発環境 (IDE) である。Java/PHP/C言語/C\+\+/JavaScript/Groovy等のいくつかのプログラミング言語に対応している。NetBeans Platformを利用して開発されており、様々なモジュールを組み込むことが可能である。NetBeansの特徴の一つであるGUIエディタ (Project Matisse) もその一つである。NetBeans フレッシュアイペディアより)

  • Javaに対する批判

    Javaに対する批判から見たC++C++

    Javaはメモリを管理するが、他のリソース(JDBCデータベース接続など)は管理しない。これらはC\+\+でメモリを解放する必要があったのと同様、プログラマによって解放されなければならない。Javaに対する批判 フレッシュアイペディアより)

  • Component Object Model

    Component Object Modelから見たC++C++

    COMを使用して開発されたソフトウェア部品をCOMコンポーネントと呼ぶ。COMコンポーネントは、特定の開発言語に依存せず、C言語やC\+\+、Visual Basic、Smalltalk、Javaなど、様々な言語により開発を行うことができる。COMという用語はソフトウェア開発の世界ではOLE、OLEオートメーション、ActiveX、COM+、DCOMをカバーする包括的な用語としてよく使われる。COMコンポーネントは、他ソフトウェアと通信するためのインタフェースを有している。アプリケーションソフトウェアは、公開されているインタフェースを介してCOMコンポーネントと通信をし、それらを組み合わせることでサービスを提供する。言語によるメモリやその他計算資源の割り付けの違いは、参照カウントを利用してオブジェクトの生成と破棄をそのオブジェクト自身の責任とすることにより解決する。オブジェクトの異なるインタフェース間のキャストはQueryInterface関数で行う。メソッド呼び出しをデリゲート(委譲)する形でサブオブジェクトの集合(アグリゲーションと呼ぶ)を生成する方法がCOM内における最適な継承方法である。Component Object Model フレッシュアイペディアより)

  • Unreal Engine

    Unreal Engineから見たC++C++

    Unreal Engineのコア部分はC\+\+で記述されている。Unreal Engineは高レベルの移植性という特徴があり、iOS、Android、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox Oneなどをサポートしている。Unreal Engine フレッシュアイペディアより)

  • 型変換

    型変換から見たC++C++

    例えばC\+\+では、ユーザ定義型の中に変換元の型を一つだけとるコンストラクタを定義すれば、ユーザ定義の暗黙の型変換が定義できる。コンストラクタにexplicit修飾子をつけると暗黙の型変換が許されなくなり、明示的型変換が必要となる。型変換 フレッシュアイペディアより)

  • KDevelop

    KDevelopから見たC++C++

    Ada、Bash、C言語、C\+\+、Fortran、Java、Pascal、Perl、PHP、Python、Ruby、SQL といった多数のプログラミング言語をサポートしている。KDevelop フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft DirectX

    Microsoft DirectXから見たC++C++

    DirectXのうち、Direct3Dにはマイクロソフト純正の補助ライブラリとして、 (Direct3D Extension) と呼ばれるDirect3D拡張ライブラリが存在する 。Direct3D自体はバッファ/テクスチャメモリの管理やプリミティブの描画といった比較的ローレベルかつ最低限の機能しか持たないが、D3DXには3Dグラフィックスプログラミングで必要となる算術演算、スプライト、メッシュ/テクスチャの読み書きといった比較的高レベルの機能が実装されている。主にDirect3D 9向けのD3DX9、Direct3D 10向けのD3DX10、そしてDirect3D 11向けのD3DX11およびD3DCSX11が存在する。多くのD3DX機能はd3dx9_XX.dll、d3dx10_XX.dll、d3dx11_XX.dllなどのコンポーネントに、C/C\+\+用の関数・クラスや、COMインターフェイスとして実装されている。D3DXランタイムはDirect3D本体とは異なり、前述のようにWindows OSのセットアップやWindows Updateによるシステム更新ではインストールされず、またアプリケーションの開発に使用したDirectX SDKのバージョンによって必要となるDLLが異なるため、エンドユーザー環境でD3DXを使用するためにはDirectXエンドユーザーランタイムのインストールが必要となる。Microsoft DirectX フレッシュアイペディアより)

  • Boost

    Boostから見たC++C++

    Boost (ブースト)とは、C\+\+の先駆的な開発者のコミュニティ、およびそのコミュニティによって公開されているオープンソースライブラリのことを指す。コミュニティとしてのBoostはC++標準化委員会の委員により設立されており、現在でもその多くが構成員として留まっている。このような経緯もあり、BoostコミュニティはC++の標準化において大きな影響力を有している。実際に標準化委員会が発表した「TR1」の2/3以上がBoostライブラリを基にしている。Random, Regex, ThreadなどはいずれもC++11規格の標準ライブラリとして正式に導入・標準化されている。このことから、Boostは考案された新機能を標準化させる前の試験運用の場であるとも言える。Boost フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse (統合開発環境)

    Eclipse (統合開発環境)から見たC++C++

    機能統合環境にプラグインとしてさまざまな機能を組み込むことができるよう設計されている。その拡張性は非常に高く、Java開発環境自体が標準添付のプラグインとして実装されているほどであり、プラグイン次第でC\+\+やPHP、Perl、C#、D言語、TeX、Python、Ruby、JavaScript、COBOL、AspectJ、Mathematica など多様な言語への対応が可能となっている。Eclipse (統合開発環境) フレッシュアイペディアより)

  • オープンソースソフトウェアの歴史

    オープンソースソフトウェアの歴史から見たC++C++

    この分野で最も分かりやすく、最も多く利用されたBBSネットワークの一つにがBASICで最初に開発したがある。彼のソフトウェアを()し、モッド()を頒布する文化は、そのソフトウェアを最初にPascal、続いてC\+\+に移植し、そのソースコードは登録ユーザーに共有され、ユーザーはモッドを共有し独自バージョンのソフトウェアをコンパイルする際に使われ、自身を大きく成長させた。オープンソースソフトウェアの歴史 フレッシュアイペディアより)

662件中 21 - 30件表示

「C++」のニューストピックワード

  • 南紀白浜食べ歩き・まち歩きマップ

  • 信陵地区ウオークラリー大会

  • KinKi Kidsの中で僕ができる役割が変わるかもしれない