526件中 21 - 30件表示
  • ポインタ (プログラミング)

    ポインタ (プログラミング)から見たC++C++

    ポインタ ()とは、あるオブジェクトがなんらかの論理的位置情報でアクセスできるとき、それを参照するものである。有名な例としてはC/C\+\+でのメモリアドレスを表すポインタが挙げられる。ポインタ (プログラミング) フレッシュアイペディアより)

  • Eclipse (統合開発環境)

    Eclipse (統合開発環境)から見たC++C++

    機能統合環境にプラグインとしてさまざまな機能を組み込むことができるよう設計されている。その拡張性は非常に高く、Java開発環境自体が標準添付のプラグインとして実装されているほどであり、プラグイン次第でC\+\+やPHP、Perl、C#、D言語、TeX、Python、Ruby、JavaScript、COBOL、AspectJなど多様な言語への対応が可能となっている。Eclipse (統合開発環境) フレッシュアイペディアより)

  • Javaに対する批判

    Javaに対する批判から見たC++C++

    Javaはメモリを管理するが、他のリソース(JDBCデータベース接続など)は管理しない。これらはC\+\+でメモリを解放する必要があったのと同様、プログラマによって解放されなければならない。Javaに対する批判 フレッシュアイペディアより)

  • ハードウェア記述言語

    ハードウェア記述言語から見たC++C++

    C\+\+のようなプログラミング言語に実装した内部DSL(internal/embedded DSL)として実装されているSystemCのようなハードウェア記述言語もある。ハードウェア記述言語 フレッシュアイペディアより)

  • 共通型システム

    共通型システムから見たC++C++

    各プログラム言語はそれぞれ独自のデータ型を組み込む傾向がある。たとえば文字列を表すのにVisual Basicは内部的にBSTR構造体を使っており、C/C\+\+ではcharとwchar_tデータ型を利用し、MFCではCStringクラスを提供する。また、C\+\+のint型はWindows環境では32ビットだが、Visual BasicのInteger型は16ビットである。共通型システム フレッシュアイペディアより)

  • 汎整数拡張

    汎整数拡張から見たC++C++

    汎整数拡張(はんせいすうかくちょう)とは、C、C\+\+において整数の扱いをする上で、ある条件のもとにその整数の型を格上げ、あるいは格下げする変換のことをいう。C99では「整数拡張」、C\+\+では「汎整数昇格」というが、意味は変わらない。汎整数拡張 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッダファイル

    ヘッダファイルから見たC++C++

    ヘッダファイル()は、特にC言語やC\+\+でのプログラミングで使われるファイルであり、一般にソースコード形式をしていて、コンパイラが別のソースファイルの一部として自動的に展開して使用する。一般にヘッダファイルは、ソースファイルの先頭部分に書かれたディレクティブによってインクルード(その場に内容を展開)される。インクルードファイル()とも。ヘッダファイル フレッシュアイペディアより)

  • GiNaC

    GiNaCから見たC++C++

    GiNaCとは、GPLのもとでリリースされているフリーの数式処理のためのC\+\+ライブラリである。名称は、GiNacは数式処理システムではない(GiNaC is Not a Computer Algebra System)の再帰的頭字語である。この事実と異なる名称は、GNUプロジェクトをさりげなく言及している。ファインマン・ダイアグラムを計算するためのソフトウェアである xloops から利用でき、Maple の代替となることを目的に開発されているが、特に高エネルギー物理学に特化したものではない、としている。GiNaC フレッシュアイペディアより)

  • エーリヒ・ガンマ

    エーリヒ・ガンマから見たC++C++

    ガンマは、スイスのチューリヒ大学でコンピュータ科学の博士号を取得した。スイスユニオン銀行 (現在の UBS AG ) の研究所でソフトウェア技術者として勤務した。1993年から1995年の間は、Taligent社に勤務した。ガンマは、ET++というC\+\+クラスライブラリの開発のリーダーの一人であった。ET++は、インタラクティブでグラフィカルなアプリケーションソフトウェアを開発するための、移植性の高いC++クラスライブラリである。エーリヒ・ガンマ フレッシュアイペディアより)

  • 多重ディスパッチ

    多重ディスパッチから見たC++C++

    一般的なオブジェクト指向言語での単一ディスパッチでは、メソッド呼び出し(Smalltalkなら「メッセージ送信」、C\+\+なら「メンバ関数呼び出し」)を行ったとき、その引数の1つが特別に扱われ、呼び出すべきメソッドの特定に使われる。多くの言語では、この特別な引数は構文上も特別な指定をされる。例えば、その特別な引数を最初に記して、その後にドットを挟んで呼び出すべきメソッドの名前を記述する(例えば special.meth(other,args,here))。多重ディスパッチ フレッシュアイペディアより)

526件中 21 - 30件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない