662件中 31 - 40件表示
  • Visitor パターン

    Visitor パターンから見たC++C++

    Visitor パターンの基本的な考えとして、visitor を引数として受け取る accept() メソッドを持ったクラスを複数、要素として持つ構造をとる。Visitor は各要素クラスごとにaccept() メソッドを持つインタフェース である。特定の処理を実行する個別の具体的なvisitor クラスを作成することができる。具体的な visitor の visit() メソッドは、一つのクラスのメソッドとして考えるものではなく、二つのクラスのペア、すなわち具体的な visitor と特定の要素クラスに対するメソッドとして考えることができる。それゆえ、Visitor パターンは ダブルディスパッチ を従来の Java、Smalltalk、C\+\+ などのオブジェクト指向プログラミング言語で模したものである。ダブルディスパッチと関数のオーバーロードとの違いについては、:en:Double dispatchの記事を参照のこと。Java 言語でリフレクションを用いて Visitor パターンにおけるダブルディスパッチを模倣する機構を簡潔にする二つのテクニックが文書として公開されている(Visitor パターン フレッシュアイペディアより)

  • Speech Application Programming Interface

    Speech Application Programming Interfaceから見たC++C++

    API定義ファイル - MIDL(Microsoft Interface Definition Language)とC/C\+\+用ヘッダファイルSpeech Application Programming Interface フレッシュアイペディアより)

  • 継承 (プログラミング)

    継承 (プログラミング)から見たC++C++

    通常、静的型付けの言語では、変数には同じ型の値(もしくはインスタンス)しか格納する事はできないが、継承を利用した場合では、スーパークラスで型付けされた変数に、そのスーパークラスを継承したサブクラスのインスタンスを格納することができる。(C\+\+のprivate継承のような例外もある)継承 (プログラミング) フレッシュアイペディアより)

  • IMSL

    IMSLから見たC++C++

    IMSL (International Mathematics and Statistics Library) は、FORTRAN、C/C\+\+、Java、C#/.NET FrameworkおよびPython 言語で利用可能な数値計算・統計解析用の商用ライブラリである。大学・官公庁、研究機関の他、金融、科学技術、ビジネスインテリジェンスなど幅広い分野で利用されている。IMSL フレッシュアイペディアより)

  • Standard Template Library

    Standard Template Libraryから見たC++C++

    Standard Template Library (STL) は、プログラミング言語C\+\+の規格で定義された標準ライブラリの一つ。ヒューレット・パッカード社在籍の研究者(当時)であったアレクサンドル・ステパノフ等によって考案され、後にANSI/ISO標準に組み込まれた。Standard Template Library フレッシュアイペディアより)

  • wxWidgets

    wxWidgetsから見たC++C++

    wxWidgetsとはクロスプラットフォームなウィジェット・ツールキットであり、C\+\+で記述されているが、多くのプログラミング言語向けにバインディングが用意されており、Python、Perl、JavaScriptなどから使うことが出来る。 移植性が高くWindowsを初めMac OS X、Linuxなど多くのオペレーティングシステム (OS) で動かすことが出来る。 また、単なるウィジェットだけでなく他のOSに移植しやすいように文字列操作やファイル管理、HTTPによる通信を行う機能も用意されている。 他の多くのウィジェット・ツールキットと違い各コンポーネントの描画をOSに行わせているため各々のOSに調和したコンポーネントを表示できる。 さらに、C\+\+で記述されているため高速で、JavaのSwingのように事前にソフトをインストールしなくても利用できる。wxWidgets フレッシュアイペディアより)

  • 引数

    引数から見たC++C++

    C言語やC\+\+のポインタ変数が保持する値は変数に対する参照(メモリアドレス)であり、後述の参照渡しの参照と似た性質を持つ。このため、ポインタ変数を値渡しすると、値渡しでありながら参照渡しと似たような効果を得ることができる。このため、ポインタ(=メモリアドレス)を値渡しする事を単なる値渡しと区別して俗にポインタ渡しなどと呼ぶ事もある。引数 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッダファイル

    ヘッダファイルから見たC++C++

    ヘッダファイル()は、特にC言語やC\+\+でのプログラミングで使われるファイルであり、一般にソースコード形式をしていて、コンパイラが別のソースファイルの一部として自動的に展開して使用する。一般にヘッダファイルは、ソースファイルの先頭部分に書かれたディレクティブによってインクルード(その場に内容を展開)される。インクルードファイル()とも。ヘッダファイル フレッシュアイペディアより)

  • CICS

    CICSから見たC++C++

    System zなどのIBMの大型コンピュータ(メインフレーム)上では、CICSは1秒間に何千というトランザクションを容易に処理する。それは、企業全体のコンピューティングの大黒柱となる。CICSのアプリケーションプログラムは幾種類ものプログラミング言語で書かれている。それにはCOBOL、PL/I、C、C\+\+、アセンブリ言語、REXX、Javaが含まれる。CICS フレッシュアイペディアより)

  • フロントエンド

    フロントエンドから見たC++C++

    コンパイラでは、フロントエンドがプログラミング言語のソースコードを中間表現に変換し、バックエンドはそれを変換して機械語などの出力言語のコードを生成する。バックエンドはより高速に動作するコードを生成するよう最適化を施すのが普通である。フロントエンドとバックエンドに分割することで、フロントエンドはソースコードを扱い、バックエンドが最適化を行うという役割分担ができる。例えば、GCCはC・C\+\+・Objective-C・Fortran・JavaあるいはAdaといった各種入力言語を共通の中間形式に翻訳するフロントエンド群を含んでいる。また、バックエンドにはターゲットとなるプロセッサ毎に異なる機械語を生成するものがあるが、フロントエンドはプロセッサの違いを気にする必要はない。フロントエンド フレッシュアイペディアより)

662件中 31 - 40件表示

「C++」のニューストピックワード

  • 南紀白浜食べ歩き・まち歩きマップ

  • 信陵地区ウオークラリー大会

  • KinKi Kidsの中で僕ができる役割が変わるかもしれない