526件中 41 - 50件表示
  • イミュータブル

    イミュータブルから見たC++C++

    あるオブジェクト全体がイミュータブルなこともあるし、C\+\+でconstデータメンバを使う場合など、一部の属性のみがイミュータブルなこともある。場合によっては、内部で使われている属性が変化しても、外部からオブジェクトの状態が変化していないように見えるならば、オブジェクトをイミュータブルとみなすことがある。例えば、コストの高い計算の結果をキャッシュするためにメモ化を利用していても、そのオブジェクトは依然イミュータブルとみなせる。イミュータブルなオブジェクトの初期状態は大抵は生成時に設定されるが、オブジェクトが実際に使用されるまで遅らせることもある。イミュータブル フレッシュアイペディアより)

  • ソフトウェアフレームワーク

    ソフトウェアフレームワークから見たC++C++

    CNI (Compiled Native Interface) - JavaコードとC\+\+で書かれたアプリケーションやライブラリで相互に呼び出せるようにするGNU GCJ コンパイラ用のソフトウェアフレームワークソフトウェアフレームワーク フレッシュアイペディアより)

  • this (プログラミング)

    this (プログラミング)から見たC++C++

    C\+\+やJavaでの静的メソッドはインスタンスに対応せずクラスに所属するものであるため、thisは使えない。Python、Ruby、Smalltalk、Objective-Cなどでは、「クラスオブジェクト」のメソッド(クラスメソッド)となっていて、thisはクラスオブジェクトを指す。this (プログラミング) フレッシュアイペディアより)

  • HotSpot

    HotSpotから見たC++C++

    その名前はJavaバイトコードを実行する事実から由来する。HotSpotは頻繁に繰り返し実行される「ホットスポット」(にぎやかな地点、熱地点)としてプログラムの性能を絶えず解析する。これらは、性能に重大な影響を与えるコードを標的として最適化を重点的に行い、その他のコードには最小限の最適化でオーバーヘッドを少なくし、高性能な実行を実現する。HotSpotはJava仮想マシンの中でも最高性能が得られると極めて高い評価を得ている。実際にはまれだが、理論上はJava仮想マシンの Adaptive optimization が手書きのC\+\+やアセンブリ言語に勝る場合もある1。HotSpot フレッシュアイペディアより)

  • XNU

    XNUから見たC++C++

    アップルがNeXTを買収したあと、Machコンポーネントは3.0へ、BSDコンポーネントはFreeBSDプロジェクトに由来するコードへとアップグレードされ、Driver KitはI/O Kitと呼ばれるドライバを記述するためのC\+\+ APIに置き換えられた。XNU フレッシュアイペディアより)

  • wxWidgets

    wxWidgetsから見たC++C++

    wxWidgetsとはクロスプラットフォームなウィジェット・ツールキットであり、C\+\+で記述されているが、多くのプログラミング言語向けにバインディングが用意されており、Python、Perl、JavaScriptなどから使うことが出来る。 移植性が高くWindowsを初めMac OS X、Linuxなど多くのOSで動かすことが出来る。 また、単なるウィジェットだけでなく他のOSに移植しやすいように文字列操作やファイル管理、HTTPによる通信を行う機能も用意されている。 他の多くのウィジェット・ツールキットと違い各コンポーネントの描画をOSに行わせているため各々のOSに調和したコンポーネントを表示できる。 さらに、C\+\+で記述されているため高速で、JavaのSwingのように事前にソフトをインストールしなくても利用できる。wxWidgets フレッシュアイペディアより)

  • ビット演算

    ビット演算から見たC++C++

    C言語やC\+\+言語では、NOT演算子は "~" (チルダ)である。ビット演算 フレッシュアイペディアより)

  • 継承 (プログラミング)

    継承 (プログラミング)から見たC++C++

    通常、静的型付けの言語では、変数には同じ型の値(もしくはインスタンス)しか格納する事はできないが、継承を利用した場合では、スーパークラスで型付けされた変数に、そのスーパークラスを継承したサブクラスのインスタンスを格納することができる。(C\+\+のprivate継承のような例外もある)継承 (プログラミング) フレッシュアイペディアより)

  • SCons

    SConsから見たC++C++

    C、C\+\+、FORTRAN のファイルの依存関係の自動分析機能が組み込まれている。make のように "make depend" や "make clean" といったコマンドを追加しなくても全ての依存関係を得られる。他の言語やファイルタイプについては、ユーザーが依存関係スキャナを定義することで容易に拡張できる。autotoolsとは異なり、gccに組み込まれている依存関係分析機能は使っていない。代わりに、C/C++ のソースファイルに対しては "#include" をregexpスキャンする。したがってgccを使った場合、依存関係分析が遅くなるし(スキャンを余分に行っているため)、信頼性が低い(例えば、-DSOMETHING といったプリプロセッサ用フラグを無視することになるため)が、gcc以外のコンパイラでも同じ依存関係スキャンを行うという意味では移植性が高くなっている。SCons フレッシュアイペディアより)

  • FreeMat

    FreeMatから見たC++C++

    FreeMat は Scilab や GNU Octave と同様の、オープンソースの数値解析のためのプログラミング環境およびプログラミング言語である。MATLAB や IDL と比べると、C言語、C\+\+、Fortran などでコードを書かなくてもよい、分散環境による並列計算の開発に適している、3D グラフィクスの機能を備えている、といった特徴がある。FreeMat フレッシュアイペディアより)

526件中 41 - 50件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない