526件中 61 - 70件表示
  • Smalltalk

    Smalltalkから見たC++C++

    アラン・ケイが「オブジェクト指向」という言葉を創った当初は、Smalltalkシステムが体現した「パーソナルコンピューティングに関わる全てを『オブジェクト』とそれらの間で交わされる『メッセージ送信』によって表現すること」を意味していた。しかしのちに、C\+\+の設計者として知られるビャーネ・ストロヴストルップが(自身、Smalltalkの影響は受けていないと主張する)C++の設計を通じて整理し発表した「『継承』機構と『多相性』を付加した『抽象データ型』のスーパーセット」という考え方として広く認知されるようになった(カプセル化、継承、多相性)。現在は、両者の渾然一体化した曖昧な概念として語られることが多い。Smalltalk フレッシュアイペディアより)

  • Delphi

    Delphiから見たC++C++

    Delphiで使われるコンポーネントの枠組は「Visual Component Library」(VCL) と呼ばれる。このフレームワークを用いてC++言語でのWindows向けソフトウェア開発を実現したものが「C++ Builder」である。また、Delphi自体はWindows専用の開発環境であるが、Delphi言語でのLinuxソフトウェア開発を可能とした製品として「Kylix」がある。但し、Kylixは Linuxのデスクトップ環境のサポートの難しさから安定した品質を提供できず、すでに打ち切られている。Delphi フレッシュアイペディアより)

  • GNUコンパイラコレクション

    GNUコンパイラコレクションから見たC++C++

    標準パッケージにはC、C\+\+、Objective-C、Objective-C++、FORTRAN、Java及びAdaのコンパイラ並びにこれらのライブラリが含まれている。GNUコンパイラコレクション フレッシュアイペディアより)

  • データマイニング

    データマイニングから見たC++C++

    GNU R (r-project.org): S言語仕様をGNU GPL実装した汎用統計可視化環境。俗に"R言語"や"R"とも呼ばれる。無償の貢献プログラムパッケージは4000を越え、Wekaを利用するRwekaやRandom forestなどもある。UIは、R GUIかターミナル経由のコマンドライン入力のみ。下記RED Rなどの援用でダイアグラム入力も出来る。R自体はインタプリタだが、速度が必要ならC言語やFortranのコードを直接記述してコンパイル実行でき、パッケージRcpp併用でC\+\+も混在可能。信頼性に定評があり、米国FDA公認。マルチプラットフォーム。GNU GPLオープンソース。データマイニング フレッシュアイペディアより)

  • コメント (コンピュータ)

    コメント (コンピュータ)から見たC++C++

    C\+\+やJavaでは、// 以降がコメントと見なされる。コメント (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 引数

    引数から見たC++C++

    C言語やC\+\+のポインタ変数が保持する値は変数に対する参照(メモリアドレス)であり、後述の参照渡しの参照と似た性質を持つ。このため、ポインタ変数を値渡しすると、値渡しでありながら参照渡しと似たような効果を得ることができる。このため、ポインタ(=メモリアドレス)を値渡しする事を単なる値渡しと区別して俗にポインタ渡しなどと呼ぶ事もある。引数 フレッシュアイペディアより)

  • フロントエンド

    フロントエンドから見たC++C++

    コンパイラでは、フロントエンドがプログラミング言語のソースコードを中間表現に変換し、バックエンドはそれを変換して機械語などの出力言語のコードを生成する。バックエンドはより高速に動作するコードを生成するよう最適化を施すのが普通である。フロントエンドとバックエンドに分割することで、フロントエンドはソースコードを扱い、バックエンドが最適化を行うという役割分担ができる。例えば、GCCはC・C\+\+・Objective-C・Fortran・JavaあるいはAdaといった各種入力言語を共通の中間形式に翻訳するフロントエンド群を含んでいる。また、バックエンドにはターゲットとなるプロセッサ毎に異なる機械語を生成するものがあるが、フロントエンドはプロセッサの違いを気にする必要はない。フロントエンド フレッシュアイペディアより)

  • メルセンヌ・ツイスタ

    メルセンヌ・ツイスタから見たC++C++

    C++11 - C\+\+03からTechnical Report 1を経て策定の進む次期C\+\+標準ライブラリのではMT19937が標準の擬似乱数生成器として実装される。メルセンヌ・ツイスタ フレッシュアイペディアより)

  • チルダ

    チルダから見たC++C++

    C\+\+では、クラス名の頭に付けることでデストラクタを表す。チルダ フレッシュアイペディアより)

  • Component Object Model

    Component Object Modelから見たC++C++

    全てのCOMコンポーネントはIUnknownと呼ばれるインタフェースを継承する必要がある。また、全てのCOMインタフェースはIUnknownから派生している。IUnknownは、AddRef / Release / QueryInterfaceという3つのメソッドを持っている。AddRefとReleaseはインタフェースの生存期間を管理するための参照カウントを実装するメソッドである。そしてQueryInterfaceは、IIDを指定してコンポーネントが実装している他のインタフェースを取得するメソッドである。これはC\+\+のdynamic_castやJavaやC#の型変換演算子に相当する。Component Object Model フレッシュアイペディアより)

526件中 61 - 70件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない