526件中 71 - 80件表示
  • 評価戦略

    評価戦略から見たC++C++

    評価戦略(ひょうかせんりゃく、)は、プログラミング言語における式の評価を決定する(通常決定的な)規則群を意味する。特に関数や演算子の評価に重点を置き、関数の引数をいつ、どういう順序で評価するか、関数呼び出しや演算子がどの時点で関数に置換されるのか、その置換はどういう形態をとるかを定義する。関数の研究に使われる形式体系であるラムダ計算は、しばしば評価戦略のモデルとして使われる。評価戦略は、関数の引数をどう扱うかによって、正格 (strict) な評価戦略と正格でない (non-strict) 評価戦略に大きく分類される。プログラミング言語はいくつかの評価戦略を組み合わせていることもある。例えばC\+\+は、値渡しと参照渡しを組み合わせている。主に正格な評価戦略を用いる言語でも、ブーリアン型の式やif文には正格でない評価戦略を用いることが多い。評価戦略 フレッシュアイペディアより)

  • Standard Template Library

    Standard Template Libraryから見たC++C++

    Standard Template Library (STL) は、プログラミング言語C\+\+の規格で定義された標準ライブラリの一つ。ヒューレット・パッカード社在籍の研究者(当時)であったアレクサンドル・ステパノフ等によって考案され、後にANSI/ISO標準に組み込まれた。Standard Template Library フレッシュアイペディアより)

  • BitTorrent

    BitTorrentから見たC++C++

    BitComet : C\+\+で実装されている。UPnP対応ルーターを使っている場合のNAT設定やポート設定、コンピューターのキャッシュ設定を自動で行う。トレントファイルを開いて、複数のファイルの中からダウンロードするファイルを任意で選択することができる。特に、極東アジアで使われているクライアントである。日本もその例外ではなく、多くの情報を日本語で得ることができる。一方で、動作ないし開発思想が利己的であると非難されることがあり、一部のクライアントはBitCometとの接続を禁止している。BitTorrent フレッシュアイペディアより)

  • データ型

    データ型から見たC++C++

    ある型が単純型か複合型かは言語仕様に依存する。たとえば文字列型は多くの言語で単純型だがC\+\+ではライブラリで提供される複合型である。また、全てのプログラミング言語が複合型を作る機能を有するわけではない。データ型 フレッシュアイペディアより)

  • Linux

    Linuxから見たC++C++

    2001年のある研究によると、当時の Red Hat Linux には3000万行のソースコードが含まれれていた。この研究は、開発工数見積り手法であるCOCOMOを用いて、これをアメリカ内で開発した場合のコストを推定した。その推定値は 14億6万USドル (2013 USD) であった。システムの大半 (71%) のコードはC言語で書かれていたが、他の言語も多く使われていた。例えば、C\+\+、Lisp、アセンブリ言語、Perl、Python、Fortran、そして各種のシェルスクリプトなどである。全コード中、半分をわずかに越える量のコードがGPLでライセンスされていた。Linuxカーネル自体は240万行で、これは合計の8%であった。Linux フレッシュアイペディアより)

  • プラス記号とマイナス記号

    プラス記号とマイナス記号から見たC++C++

    C言語やその影響を受けたプログラミング言語では、「++」をインクリメント演算子、「--」をデクリメント演算子に使う。転じて、「++」はコンピュータの用語で多少の改善を示すために使われることがある。言語名「C\+\+」はその一例である。プラス記号とマイナス記号 フレッシュアイペディアより)

  • フリースタンディング環境

    フリースタンディング環境から見たC++C++

    フリースタンディング環境(— かんきょう)はC言語およびC\+\+の実行環境の一種である。フリースタンディング環境 フレッシュアイペディアより)

  • ホスト環境

    ホスト環境から見たC++C++

    ホスト環境(ホストかんきょう)はC言語およびC\+\+の実行環境の一種である。ホスト環境 フレッシュアイペディアより)

  • インデクサ

    インデクサから見たC++C++

    インデクサはC\+\+の添え字演算子の多重定義と似ているが次のような点で発展したものだと見ることもできる。ただしC++とC#の言語設計上の事情も絡んでいるので、単純に比較できるものではない。インデクサ フレッシュアイペディアより)

  • Inter-Language Unification

    Inter-Language Unificationから見たC++C++

    最終リリースでは、C\+\+(Corba2マッピング)、ANSI C、Python、Java、Common Lisp といったプログラミング言語をサポートしている。寄付の形でサポートされている言語として、Modula-3、Guile Scheme、Perl5 がある。各種UNIX(SunOS、Solaris、HP-UX、AIX、OSF、IRIX、FreeBSD、Linux、Lynx、SCO Unixなど)上で実装されており、Microsoft Windows(3.1、95、NT)でも実装されている。スレッド型操作(POSIX、Solaris、Franz ACL、PPCR、Modula-3)とイベントループ型操作(Xt、Tk、XView)がサポートされている。Inter-Language Unification フレッシュアイペディアより)

526件中 71 - 80件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない