526件中 81 - 90件表示
  • ダブルディスパッチ

    ダブルディスパッチから見たC++C++

    上記の例に現れる共通のイディオムは、呼び出しの引数の動的な型に応じた適切なアルゴリズムの選択である。したがって、動的に呼び出しを解決するために必要なパフォーマンス上のトレードオフが生じ、その影響はシングルディスパッチをサポートする言語よりも通常大きい。C\+\+における動的な関数の呼び出しは、コンパイラがオブジェクトのメソッドテーブル(vtable)内の関数の位置を知っているため、静的にオフセットの演算を行うことで解決できる。ダブルディスパッチをサポートする言語では、メソッドのテーブル内のオフセットを動的に計算しなければならないため、よりコストが大きい。ダブルディスパッチ フレッシュアイペディアより)

  • Universal Network Objects

    Universal Network Objectsから見たC++C++

    UNOは言語バインディングのあるプログラム言語であれば、どの言語からであっても実装もしくはアクセスすることができる。完全なUNO言語バインディングはC\+\+ (コンパイラに依存)やJava、Python、Tcl向けに存在する。またObject REXXに対する作業が現在行われている。アクセスのみが可能なバインディングはStarOffice Basicや、OLE Automation、.NET Common Language Infrastructure向けに存在する。Universal Network Objects フレッシュアイペディアより)

  • トップダウン設計とボトムアップ設計

    トップダウン設計とボトムアップ設計から見たC++C++

    トップダウン・プログラミングは従来的な手続き型言語で主流とされるプログラミング手法である。まず複雑な部品の設計が行われ、それをもっと細かい単純な部品に分割し詳細化していく。最終的に各部品がコーディングできるほど詳細化された時点でプログラムを書き始める。これはC\+\+やJavaのようなオブジェクト指向言語で主流とされるボトムアップ・プログラミングの対極にある。トップダウン設計とボトムアップ設計 フレッシュアイペディアより)

  • コンテナ (データ型)

    コンテナ (データ型)から見たC++C++

    Javaのコレクション・フレームワークやC\+\+のSTLなどで、多くのコンテナが実装されている。コンテナ (データ型) フレッシュアイペディアより)

  • C plus plus

    C plus plusから見たC++C++

    C plus plus フレッシュアイペディアより)

  • C Plus Plus

    C Plus Plusから見たC++C++

    C Plus Plus フレッシュアイペディアより)

  • C++言語

    C++言語から見たC++C++

    C++言語 フレッシュアイペディアより)

  • Cfront

    Cfrontから見たC++C++

    Cfront(シーフロント)はビャーネ・ストロヴストルップが1983年頃に開発したC\+\+コンパイラの元祖であり、後の"C with Classes"である。C++のソースコードをC言語にコンパイルした。プリプロセッサはソースコードをプログラミング言語として解釈せず文字列を変換するものに過ぎないが、Cfrontは完全なパーサを搭載し、 シンボルテーブルを構築し、クラスや関数のツリーを構築する。Cfront フレッシュアイペディアより)

  • Crystal Space

    Crystal Spaceから見たC++C++

    Crystal Space は3Dアプリケーション開発のためのフレームワークであり、Jorrit Tyberghein がC\+\+で開発した。最初の一般へのリリースは1997年8月26日。ゲームエンジンとしての利用が一般的だが、より汎用的なフレームワークとして各種3D視覚化に使うことができる。移植性が高く、Microsoft Windows、GNU/Linux、UNIX、Mac OS X で動作する。GNU Lesser General Public License でライセンスされたフリーソフトウェアであり、2003年2月にはSourceForge.netで Project of the Month に選ばれている。Crystal Space フレッシュアイペディアより)

  • 依存ファイル

    依存ファイルから見たC++C++

    C/C\+\+やDelphiなどの言語ではコンパイル/リンク時に「静的リンク」を行うことによってこれらのライブラリの機能を実行ファイル内部に取り込むことが出来る。これによって依存ファイルがなくとも異なる環境での実行が可能となるが、実行ファイルのサイズは大きくなり、ライブラリのバージョンアップ時に対応するためにはコンパイルをやり直さなくてはならなくなる。「動的リンク」を行えば、実行時に都度、ライブラリにアクセスするため、ファイルサイズは抑えることが出来るが、ランタイムライブラリを別に配布する必要が生じる。依存ファイル フレッシュアイペディアより)

526件中 81 - 90件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない