662件中 81 - 90件表示
  • 連結リスト

    連結リストから見たC++C++

    連結リストは多くのプログラミング言語で実装可能である。LISP や Scheme 、Prologといった言語は組み込みでこのデータ構造を持っていて、連結リストにアクセスするための操作も組み込まれている。手続き型やオブジェクト指向型の言語(C言語、C\+\+、Java)では、連結リストを作るには mutable(更新可能)な参照を必要とする。連結リスト フレッシュアイペディアより)

  • 束縛 (情報工学)

    束縛 (情報工学)から見たC++C++

    多くのライブラリは、C言語やC\+\+などのシステムプログラミング言語で書かれている。そのようなライブラリをJavaのような高級言語で使うには、そのライブラリのJavaバインディングなどが作成されなければならない。束縛 (情報工学) フレッシュアイペディアより)

  • 多重定義

    多重定義から見たC++C++

    C\+\+による多重定義:多重定義 フレッシュアイペディアより)

  • OpenCV

    OpenCVから見たC++C++

    画像処理・画像解析および機械学習等の機能を持つC/C\+\+、Java、Python、MATLAB用ライブラリ。プラットフォームとしてmacOSやFreeBSD等全てのPOSIXに準拠したUnix系OS、Linux、Windows、Android、iOS等をサポートしている。OpenCV フレッシュアイペディアより)

  • malloc

    mallocから見たC++C++

    同じ動的メモリアロケータでmallocだけでなくC\+\+の operator new も実装していることが多い。そこでこれを malloc ではなく「アロケータ」と呼ぶ。malloc フレッシュアイペディアより)

  • Lempel-Ziv-Markov chain-Algorithm

    Lempel-Ziv-Markov chain-Algorithmから見たC++C++

    C\+\+、ANSI-C、C#、Javaで実装されている。Lempel-Ziv-Markov chain-Algorithm フレッシュアイペディアより)

  • プログラミング言語

    プログラミング言語から見たC++C++

    静的型付けでは、型を明記する場合と型推論を行う場合がある。前者ではプログラマは適切な位置に型を明記しなければならない。後者では、コンパイラが式の型を文脈から推論する。C\+\+やJavaなどの主な静的型付き言語では、型を明記する。完全な型推論は主流でない言語に使われている(HaskellやML)。ただし、型を明記する言語でも部分的な型推論をサポートしていることが多い。たとえば、JavaやC#では限定された状況で型推論を行う。プログラミング言語 フレッシュアイペディアより)

  • IPOPT

    IPOPTから見たC++C++

    IPOPT(Interior Point OPTimizer、I-P-Opt と発音される)は、主双対内点法を利用した大規模(高次元)な連続最適化問題を解くライブラリである。C\+\+で実装され、公開されているソースコードはEPLライセンスのもとでの利用できる。IPOPT フレッシュアイペディアより)

  • アスタリスク

    アスタリスクから見たC++C++

    C言語・C\+\+などでは、(掛け算以外に)ポインタを表す。アスタリスク フレッシュアイペディアより)

  • WolfSSL

    WolfSSLから見たC++C++

    wolfSSL (旧称 CyaSSL (C - Yet another SSL)) は組込みシステム開発者向けのコンパクトでポータブルな組込み向けSSLプログラミング・ライブラリ、C言語、C\+\+、Javaプログラムなどに組み込まれる オープンソース のSSLライブラリ (SSL 3, TLS 1.0, 1.1, 1.2, DTLS 1.0, 1.2)である。SSLクライアント・ライブラリー、サーバ・ライブラリーの両方、またSSLおよびTLSで定義される各種APIを実現している。また、OpenSSLで主に利用されている関数と互換のインタフェースを実現している。WolfSSL フレッシュアイペディアより)

662件中 81 - 90件表示

「C++」のニューストピックワード

  • 南紀白浜食べ歩き・まち歩きマップ

  • 信陵地区ウオークラリー大会

  • KinKi Kidsの中で僕ができる役割が変わるかもしれない