110件中 21 - 30件表示
  • C++

    C++から見たJava

    ここから、よりオブジェクト指向を強化し、「なんでもあり」ではない代わりに分かりやすくスマートな設計を目指した新たな言語(Java、D言語など)が作られることとなった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たGNUコンパイラコレクション

    いずれにせよC++ソースコード処理ツールが実用的であるためには、GNU GCCやVisual C++で使われているような、様々なC++の方言を取り扱えなければならず、適切な分析処理やソース変換やソース出力などが実装できなければならない。GLRのような先進的なパースアルゴリズムとシンボルテーブルを組み合わせてソースコードを変換する方法を利用すればあらゆるC++ツールを開発できる。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た多重定義

    1983年にベル研究所のコンピュータ科学者のビャーネ・ストロヴストルップが、C言語の拡張として開発した。当時の名前は「C with Classes」(クラス付きのC言語)だった。拡張はクラスの追加に始まり、仮想関数、多重定義、多重継承、テンプレート、例外処理といった機能が続いていった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たC99

    その後、先祖であるC言語の標準規格制定時には、const修飾など、C++の機能がC言語に取り入れられることにもなった。現在ではC言語とC++との間には厳密な互換性はない。特にC99の出現により、C言語との互換性は完全に失われている。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た継承 (プログラミング)

    C++はC言語にオブジェクト指向プログラミングをサポートするための改良を加えたものといえる。C++のクラスにはオブジェクト指向言語で一般的な抽象化、カプセル化、継承、多態の4つの機能がある。オブジェクトは実行時に生成されるクラスのインスタンスである。クラスは実行時に生成される様々なオブジェクトのひな形と考えることができる。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たテンプレート (プログラミング)

    1983年にベル研究所のコンピュータ科学者のビャーネ・ストロヴストルップが、C言語の拡張として開発した。当時の名前は「C with Classes」(クラス付きのC言語)だった。拡張はクラスの追加に始まり、仮想関数、多重定義、多重継承、テンプレート、例外処理といった機能が続いていった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たBoost

    C++に対しては、今もなお要望が絶えない。特にBoostはC++の方向性の決定に大きく貢献し、さらにC++標準化委員会へ改良すべき点などを意見している。現在はマルチパラダイムプログラミングをより自然に行えるようにすることに力が注がれており、たとえばBoostでは、C++の関数型プログラミングやメタプログラミングの可能性を模索している。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た国際標準化機構

    C++言語の最初の標準は1998年にISO/IEC 14882:1998として承認された。最新のバージョンは、2003年の改訂版を経て、2011年に制定されたISO/IEC 14882:2011、通称「C++11」である。このバージョンは、元々、非公式に「C++0x」と呼ばれていた。2000年代中に制定され、正式に「C++09」と呼称されることを見越した仮称だったが、2000年代中には実現しなかった。2011年8月10日まで続いた最終国際投票で C++0x は全会一致で承認された。これにより C++0x と呼ばれてきた C++ の次期改正案はついに国際標準になり、C++11と呼べるようになった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たテンプレートメタプログラミング

    C++ではテンプレートを使ってジェネリックプログラミングができる。C++は関数テンプレートとクラステンプレートの両方をサポートしている。テンプレートは型、コンパイル時定数またはその他のテンプレートによってパラメタライズできる。テンプレートはコンパイル時にインスタンス化される。コンパイラは関数やクラスをインスタンス化するためにテンプレート仮引数を特定の値に置き換える。テンプレートはジェネリックプログラミング、テンプレートメタプログラミング、コード最適化などのために利用される強力なツールであるが、一定のコストを伴う。各テンプレートのインスタンスはテンプレート仮引数毎にテンプレートコードのコピーを生成するためコードサイズが肥大化する。コンパイル時に型の情報を削除して単一のテンプレートインスタンスを生成するランタイム型のジェネリクスを実装したJavaなどの言語とは対照的である。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た型システム

    高度な機能を使用してもプログラムの実行性能が低下しすぎないように、言語仕様・ライブラリに様々な工夫が施されている。1990年代以降、C++は、最もよく利用される商用のプログラミング言語の1つとなっている。静的な型システムを持ち、手続き型プログラミング・データ抽象・オブジェクト指向プログラミング・ジェネリックプログラミングといった複数のプログラミングパラダイムをサポートするマルチパラダイムプログラミング言語である。C++ フレッシュアイペディアより)

110件中 21 - 30件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない