110件中 41 - 50件表示
  • C++

    C++から見たエピステーメー

    『C++の設計と進化』(2005) ビャーネ・ストロヴストルップ著 επιστημη監修 岩谷宏訳 ソフトバンククリエイティブ ISBN 978-4-7973-2854-7C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たSimula

    ストロヴストルップはプログラミング言語C with Classesの開発を1979年に開始した。彼は大規模なソフトウェアの開発に有用な特徴をSimulaが備えていることに気がついたが、Simulaは実行速度が遅く実用的ではなかった。一方でBCPLは実行速度こそ速かったものの、大規模なソフトウェア開発を念頭に置いた場合にあまりにも低級だった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たアクセス制御

    1983年にはC with ClassesからC++に名称を変更した。この際に、仮想関数と、関数と演算子の多重定義、参照型、const型、ユーザー制御可能な自由領域メモリ制御、型検査機構の改良、BCPL形式(「//」による)の行単位のコメントアウトなどの機能が追加された。1985年には『The C++ Programming Language』の初版が出版された(邦訳『プログラミング言語C++』1988年))。この時点では公式な標準が策定されていなかったために、この本が事実上のリファレンスとなった。1989年C++のヴァージョン2.0として、多重継承と抽象クラス、静的メンバ関数、constメンバ関数、protectedメンバ等の機能が追加されたものがリリースされた。1990年に『The Annotated C++ Reference Manual (ARM)』が出版され、将来の標準化の土台となるものを提供した。後に追加された機能にはテンプレートと例外処理、名前空間、新形式のキャスト、ブール型が含まれた。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たベル研究所

    1983年にベル研究所のコンピュータ科学者のビャーネ・ストロヴストルップが、C言語の拡張として開発した。当時の名前は「C with Classes」(クラス付きのC言語)だった。拡張はクラスの追加に始まり、仮想関数、多重定義、多重継承、テンプレート、例外処理といった機能が続いていった。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たLALR法

    LALR(1)のような旧式のパースアルゴリズムを用いてC++のパーサを記述することは比較的難しい。その理由の一つはC++の文法がLALRではないことである。このため、コード分析ツールや、高度な修正を行うツール(リファクタリングツールなど)は非常に少ない。この問題を取り扱う方法としてLALR(1)でパースできるように改良されたC++の亜種(SPECS)を利用する方法がある。GLRパーサのようにより強力でシンプルなパーサもあるが処理が遅い。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た実行時型情報

    dynamic_castは基底オブジェクトから派生オブジェクトへの変換を安全に行うための演算子である(派生オブジェクトから基底オブジェクトへの変換ではキャストは必要ない)。この機能は実行時型情報 (RTTI)に依存している。オブジェクトが特定の派生オブジェクトであることがあらかじめわかっている場合はstatic_castでキャストすることもできる。static_castは純粋にコンパイル時に解決されるため動作が速くRTTIを必要としない。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たFORTRAN

    1998年に施行されたANSI/ISO C++ 規格は言語仕様とライブラリの2つのパートで構成される。ライブラリ規格の大半はStandard Template Library (STL)とC言語の標準ライブラリの改良版についての内容である。標準規格以外にも様々なライブラリが数多く存在し、リンカを使用することにより、C言語、FORTRAN、Pascal、BASICのような言語を用いて作成されたライブラリを利用できる。規格外のライブラリが利用できるかどうかはコンパイラに依存する。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たテンプレートの部分特殊化

    C++規格に準拠したコンパイラを開発するのは一般的に難しい。何年にも渡りC++に部分的に準拠した様々なコンパイラが作られ、テンプレートの部分特殊化などの部分で実装にばらつきがあった。最近のメジャーなC++コンパイラは1998年の規格にほぼ準拠している。規格に完全に準拠する実装はまだ無いと考えられる。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見たC++ Builder

    テンプレートの宣言と実装を分離できるようにするためのexportは問題のキーワードの1つだった。規格がリリースされてから5年後の2003年前半にComeau C/C++が初めてexportを実装した。2004年にBorland C++ Builder Xがexportを実装した。これらのコンパイラはいずれもEDGのフロントエンドをベースにしていた。大半のコンパイラで実装されていないexportは多くのC++関連書籍(例えばBeginning ANSI C++ Ivor Horton著)にサンプルが記されているが、exportが記載されていることによる問題は特に指摘されていない。GCCをはじめとするその他のコンパイラでは全くサポートしていない。Herb SutterはC++の標準規格からexportを削除することを推奨していたが、C++98では最終的にこれを残す決定がなされた。結局、C++11では実装の少なさ・困難さを理由に削除された。C++ フレッシュアイペディアより)

  • C++

    C++から見た標準化

    1998年に施行されたANSI/ISO C++ 規格は言語仕様とライブラリの2つのパートで構成される。ライブラリ規格の大半はStandard Template Library (STL)とC言語の標準ライブラリの改良版についての内容である。標準規格以外にも様々なライブラリが数多く存在し、リンカを使用することにより、C言語、FORTRAN、Pascal、BASICのような言語を用いて作成されたライブラリを利用できる。規格外のライブラリが利用できるかどうかはコンパイラに依存する。C++ フレッシュアイペディアより)

110件中 41 - 50件表示

「C++」のニューストピックワード

  • Parasoft Development Testing Platform(DTP)

  • 自民党東京都連

  • 自民出たい考えない