79件中 21 - 30件表示
  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見たイオンキミサワ

    2000年(平成12年)4月にイオンと業務・資本提携を結び、2010年(平成22年)には関係がより強化され、同社の子会社となり、同グループのH&BC事業分野の中核会社として指名されているが、その過程には紆余曲折があった(後節の「業務・資本提携問題」を参照のこと)。なお、スーパーマーケット事業は2010年(平成22年)8月21日付でイオンの完全子会社であるイオンキミサワへ継承され、さらに、2013年(平成25年)3月1日にマックスバリュ東海へ合併された。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た岡田元也

    同日、イオンが記者会見を開き、岡田元也イオン社長が「統合比率がCFSに不利」「(当社に)何の説明もなく自主再建を放棄した」「両社の合意条項に違反」などとCFS経営陣を厳しく非難、経営統合反対を表明した。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た障害者の雇用の促進等に関する法律

    株式会社CFSサンズ - 障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく特例子会社。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た株主優待

    9月1日 - 株式交換によりウエルシアホールディングス株式会社の完全子会社となる。同時に、両社間での株主優待券の相互利用(傘下のドラッグストアにおける使用)が開始された。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た横浜市

    株式会社CFSコーポレーション(シーエフエスコーポレーション、)は、かつて存在したイオングループの傘下で静岡県・神奈川県を地盤としたドラッグストア(ハックドラッグなど)を展開していた企業。本部機能を神奈川県横浜市港北区新横浜に置き、本店は静岡県三島市広小路町に置いていた。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見たスーパーマーケット

    横浜市に本部を置くドラッグストア「ハックイシダ」と三島市に本部を置くスーパーマーケット「キミサワ」が、1993年(平成5年)8月に合併して「ハックキミサワ」となり、2003年(平成15年)8月に「CFSコーポレーション」となる。主にドラッグストア「ハックドラッグ」(派生業態のハックエクスプレス・ハックベリーを含む)や「れこっず」(イオングループのコンビニエンスストア「ミニストップ」が併設されたハイブリッド業態、2014年撤退)の運営を行っていた(後節を参照)。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た名古屋証券取引所

    1988年(昭和63年)12月 - 名古屋証券取引所市場第二部に株式上場。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た孫会社

    5月19日 - 株主総会において、ウエルシアホールディングス株式会社の完全子会社化(イオンの孫会社化)が承認された。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見たイオントップバリュ

    2週間後の2008年(平成20年)3月17日にイオンとの資本・業務提携に合意したと正式に発表した。これにより、アインファーマシーズとの経営統合問題が事実上終結。同日に提携解消による脱会以来、約3年3ヶ月ぶりに「イオン・ウエルシア・ストアーズ」に復帰した。この復帰を機に取扱を中止していたプライベートブランド(トップバリュ・ウエルシア)の取扱再開やイオン銀行ATM設置などの金融サービスの充実を図った。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た静鉄ストア

    4月4日 - マックスバリュ東海、遠鉄ストア、静鉄ストアの3社と、静岡県内スーパー4社合同で青森県産王林りんごの販売を実施。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

79件中 21 - 30件表示