61件中 31 - 40件表示
  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た神奈川県

    株式会社CFSコーポレーション(シーエフエスコーポレーション、)は、イオングループの傘下で静岡県・神奈川県を地盤としたドラッグストアを展開する企業である。本部機能を神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-19に置く。本店所在地は静岡県三島市広小路町13-4。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た踏切

    ちなみに、ここで記述している「本店」(登記上の本店所在地)は、三島広小路駅の南隣にある踏切から近い。建物屋上に時計があるが、「CFSコーポレーション」の看板が設置されている。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見たドラッグストア

    株式会社CFSコーポレーション(シーエフエスコーポレーション、)は、イオングループの傘下で静岡県・神奈川県を地盤としたドラッグストアを展開する企業である。本部機能を神奈川県横浜市港北区新横浜2-3-19に置く。本店所在地は静岡県三島市広小路町13-4。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た名誉会長

    5月14日 - 代表取締役会長兼社長の石田健二(前身の一つである株式会社ハックイシダの創業者)が名誉会長に就任し、石田岳彦が代表取締役社長に就任する。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た電子マネー

    また、スーパーマーケット事業の分割については、同年4月6日にCFSが完全子会社の「イオンキミサワ株式会社」を設立し、同年8月21日付けでCFSのスーパーマーケット事業をイオンキミサワに継承すると共に、イオンキミサワの全株式をイオンへ譲渡。これにより、当社はドラッグストア事業に専念することとなった。またこれにより、ハックドラッグ・キミサワ両店共通であったポイントカード「カムズカード」はハックドラッグのみで運用されることになり、キミサワでは同一仕様のポイントカード「グラッテカード」の運用を開始した。この「グラッテカード」に関しては、イオンキミサワでもイオンの電子マネー「WAON」に対応したことや同じ静岡県・神奈川県で「マックスバリュ」を展開するマックスバリュ東海との統合を発表したこともあり、2013年2月28日をもって廃止となった。そして、翌3月1日にマックスバリュ東海へ吸収合併され当社は解散した。既存店舗は現行の店舗ブランドのままで全てマックスバリュ東海の店舗となった。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た組織変更

    1966年(昭和41年)8月 - 有限会社イシダ薬局が株式会社に組織変更し、株式会社イシダに商号変更。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た御殿場市

    9月1日 - 御殿場市との協定に基づき、キミサワの2店舗(御殿場246店・御殿場便船塚店)でレジ袋の無料配布を中止。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た持株会社

    10月5日 - 調剤薬局最大手のアインファーマシーズと株式移転により持株会社の株式会社CFSアインホールディングス(仮称)を設立し、経営統合することを発表。移転比率はCFS1:新会社0.30、アイン1:新会社1.25。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た店舗開発

    株式会社きずな総合開発 - 店舗開発と管理運営CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • CFSコーポレーション

    CFSコーポレーションから見た大和市

    12月8日 - 神奈川県大和市の薬樹株式会社と、保険調剤薬局事業との融合に関して業務提携。CFSコーポレーション フレッシュアイペディアより)

61件中 31 - 40件表示