前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示
  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たCrystal Kay

    2005年10月、Crystal Kayとのコラボレーション楽曲「Two As One」を「Crystal Kay × CHEMISTRY」名義でシングルとして発売。翌月に発売された16thシングル「almost in love」では、「CHEMISTRY × Crystal Kay」名義による別バージョンを収録している。更に同11月には1年9ヶ月ぶり、4作目のオリジナルアルバム『fo(u)r』を発売、オリコンチャートで2位を獲得した。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たSowelu

    2002年1月、当時デビュー前だったSoweluと共に日本代表として、韓国のアーティスト (Brown Eyes、リナ・パーク)と合同ユニット「Voices of KOREA/JAPAN」を結成。その後3月にはサッカーW杯日韓大会のテーマ曲を収録したシングル「Let's Get Together Now」を発売。5月30、31日にソウルで開催されたW杯前夜祭・開会式にも参加し楽曲を披露している。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た槇原敬之

    およそ10ヶ月の充電期間の後、槇原敬之プロデュースの「約束の場所」と「遠影 feat. John Legend」を2ヶ月連続リリース。2006年11月にはそれらを先行シングルとする初のベストアルバム『ALL THE BEST』を発売。このアルバムにはボーナス・トラックとして、松尾潔を再びプロデューサーに迎えての新曲「Top of the World」も収録された。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たm-flo

    m-flo 「miss you / m-flo loves melody. & 山本領平」 / M-2 「Astrosexy / m-flo loves CHEMISTRY」 (2003年10月22日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た童子-T

    童子-T 「あの頃… feat. CHEMISTRY」 / M-1 「あの頃… feat. CHEMISTRY」 (2009年10月14日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たPerfume

    11月、マカオで開催されたMnet『Mnet Asian Music Awards』ではPerfumeと共に出演し、「Best Asian Male Artist」を受賞。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た上地雄輔

    遊助『遊情BEST』 / M-6「What I'm feeling now 遊turing 川畑要」(2016年2月3日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た中山エミリ

    テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』(当時司会のナインティナイン、中山エミリ)が行った男性ボーカリストオーディションで選ばれた2人により結成。2人の声が「音楽的化学反応」を起こすことを期待して、21世紀初日の2001年1月1日にアメリカ合衆国で松尾潔から「CHEMISTRY」と名づけたことを聞かされた。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たMONKEY MAJIK

    MONKEY MAJIK - 「輝く夜」でCHEMISTRY SUPPORTED BY MONKEY MAJIKとして共演。作詞・作曲・コーラス参加。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た宮本笑里

    宮本笑里 - 「ALIVE」で共演。同楽曲の作詞を手がけ、バイオリンでも参加。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
147件中 1 - 10件表示

「CHEMISTRY」のニューストピックワード