147件中 31 - 40件表示
  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たリナ・パーク

    2002年1月、当時デビュー前だったSoweluと共に日本代表として、韓国のアーティスト (Brown Eyes、リナ・パーク)と合同ユニット「Voices of KOREA/JAPAN」を結成。その後3月にはサッカーW杯日韓大会のテーマ曲を収録したシングル「Let's Get Together Now」を発売。5月30、31日にソウルで開催されたW杯前夜祭・開会式にも参加し楽曲を披露している。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た浅田信一

    浅田信一 『モアベター・スマイル』 / M-7 「IN EVERY PLACE (duet with 堂珍嘉邦)」(2005年6月22日)※堂珍のみCHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たBLACK JAXX

    Black Jaxx 『Black Jaxx presents No.6』 / M-18 「Beautiful World / Black Jaxx feat. KANAME」(2008年12月3日)※川畑のみCHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たSkoop On Somebody

    Skoop On Somebody 『Save Our Souls』 / M-3 「Two of A Kind (S.O.S. meets CHEMISTRY)」(2002年9月26日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見たDABO

    BROTHERHOOD ※1万枚完全限定生産(2001年9月12日) 「KAWABATA and DABO」名義CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た冨田恵一

    冨田ラボ 「ずっと読みかけの夏 feat.CHEMISTRY」 / M-1 「ずっと読みかけの夏 feat. CHEMISTRY」 (2005年9月21日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た松尾潔

    テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』(当時司会のナインティナイン、中山エミリ)が行った男性ボーカリストオーディションで選ばれた2人により結成。2人の声が「音楽的化学反応」を起こすことを期待して、21世紀初日の2001年1月1日にアメリカ合衆国で松尾潔から「CHEMISTRY」と名づけたことを聞かされた。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た川村結花

    川村結花 『朝焼けの歌 〜秋・冬盤〜』 / M-1 「朝焼けの歌」(2002年10月23日)・『春夏秋冬』 / M-11 「春夏秋冬 (Live Version)」(2003年3月19日)※どちらも堂珍のみCHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た古内東子

    古内東子『Toko Furuuchi with 10 legends』 / M-8「LOVE SONGS feat. 堂珍嘉邦」(2016年3月30日)CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

  • CHEMISTRY

    CHEMISTRYから見た東北地方太平洋沖地震

    2011年3月には自身2枚目となるベストアルバム『CHEMISTRY 2001-2011』を発売し、それを携えた全国ライブツアーが予定されていたが、同年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、複数の地方公演が中止、延期となった。なお、「根の歌」(コーラスジャパン)・「My Gift to You」は「レコチョク」の「アーティストチャリティー」となった。CHEMISTRY フレッシュアイペディアより)

147件中 31 - 40件表示

「CHEMISTRY」のニューストピックワード