前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1167件中 1 - 10件表示
  • CPU年表

    CPU年表から見たCPUCPU

    CPU年表(CPUねんぴょう)は、CPUに関する年表である。CPU年表 フレッシュアイペディアより)

  • パーソナルコンピュータ

    パーソナルコンピュータから見たCPUCPU

    実際のパーソナルコンピュータは1974年(昭和49年)に登場したが、CPUにマイクロプロセッサを採用したコンピュータという意味で当初は主に「マイクロコンピュータ」(マイコン)や、あるいは主な用途により「ホームコンピュータ」や「ホビーパソコン」などと呼ばれた。これに対して「パーソナルコンピュータ」とは、当時のメインフレームやミニコンピュータなどやそれらの端末と対比した、個人が単体でも使用できるサイズや価格帯や用途を意味する呼称である。パーソナルコンピュータという表現はApple IIやPC-8000シリーズでも使用されたが、世界的に広く普及したのは1981年(昭和56年)のIBM PC以降である。パーソナルコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • オペレーティングシステム

    オペレーティングシステムから見たCPUCPU

    一方、ABIはコンパイルされたソフトウェアがOSの機能を呼び出す際のインタフェースであり、プロセスが動作する際の規則を構成する。例えば、UNIX系のOSはAPIがほとんど共通だが、ABIはOSによって異なる。従って、同じCPUを使ったシステムであっても、ABIが異なれば実行ファイルが異なる。ABIには、呼出規約、システムコールの方法などが含まれる。オペレーティングシステム フレッシュアイペディアより)

  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見たCPUCPU

    CD-ROMと3.5インチFDD、電源スイッチ、音量のレベルメーターなどを正面に配した縦型のプラスチック成型の独特の筐体に、インテルの32ビットCPU80386を搭載し、マウスによるGUIと、ゲームパッドによる操作を基本とした。その他にもFM音源ステレオ6音、PCM音源ステレオ8音を標準搭載した。GUIによる独自のシェルを標準搭載したTownsOSが専用OSである。内容的にはMS-DOSをDOSエクステンダと呼ばれるモジュールで拡張し386プロテクトモードでの動作を可能にしたもので、各種マルチメディアAPIに対応していた。メモリ使用上の制約はMS-DOSより大幅に改善されたが、セグメントを跨ぐアクセスに関しては問題も多く後述のように論議の的となる。FMRシリーズとはメモリー・マッピングやBIOS等が異なったが、FM TOWNS専用版MS-DOSで起動することによりFMRシリーズ用のアプリケーションやフリーウェアの多くが動作した。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

  • カーネル

    カーネルから見たCPUCPU

    オペレーティングシステムの基本コンポーネントとして、カーネルはメモリ、CPU、入出力を中心としたハードウェアを抽象化し、ハードウェアとソフトウェアがやり取りできるようにする。また、ユーザープログラムのための機能として、プロセスの抽象化、プロセス間通信、システムコールなどを提供する。カーネル フレッシュアイペディアより)

  • PowerPC

    PowerPCから見たCPUCPU

    性能の割に低消費電力でダイサイズも小さいという特性から、ゲーム機やハイエンドのルータなどのネットワーク機器、レーザープリンターなどの分野で広く使われており、高性能な組み込みシステム向けプロセッサとしてよく使われる。FPGA用のIPコアとして提供されているものもある。もともとはAIMプラットフォームのCPUという意味で開発されたものだが、CPU以外は開発されなかったため、今日まで残る同プロジェクト唯一の成果物でもある。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • プロセス

    プロセスから見たCPUCPU

    マルチタスクは複数のプロセスがプロセッサ(CPU)や他のシステム資源を共有するための技法である。各CPUはある時点には1つのタスクだけを実行している。しかし、マルチタスクでは各プロセッサに各タスク間で切り替えさせることができ、各タスクの終了を待たずに次々とタスクを実行できる。OSの実装にもよるが、タスク間切り替えは入出力操作の際に行われたり、タスクが明示的に切り替え可能であることを指示したり、ハードウェア割り込みの際に行われたりする。プロセス フレッシュアイペディアより)

  • SPARC

    SPARCから見たCPUCPU

    SPARCはRISCベースで、特に浮動小数点演算とバイナリレベルの互換性に注意が払われている。同社は当初、自社のワークステーションに、モトローラ社の68000シリーズのMPUを利用していたが、後にカリフォルニア大学バークレー校のRISC Iをモデルに自社開発に着手。Sun4のSPARC搭載モデルを発表した。SPARC フレッシュアイペディアより)

  • X68000

    X68000から見たCPUCPU

    1980年代後半から1990年代前半にかけて、NEC・PC-9801シリーズ、富士通・FM TOWNSシリーズに次いで、ホビーパソコンの一角を担った。日本のホビーパソコンCPUにモトローラのMC68000を採用した機種は、他に発売されなかったX68000 フレッシュアイペディアより)

  • VAX

    VAXから見たCPUCPU

    後に登場した、DEC Alphaと呼ばれる64ビットRISCアーキテクチャのCPUに道を譲った。VAX フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1167件中 1 - 10件表示

「CPU」のニューストピックワード

  • ウィンドウズ・ハードウェア・エンジニアリング・コミュニティー会議

  • 3Dプロジェクションマッピング

  • 今年は絶対チャンピオンになりたい