1278件中 91 - 100件表示
  • Sempron

    Sempronから見たCPUCPU

    AMDは、かつてローエンド向けCPUであるDuronシリーズを送り出していたが、その後はコンシューマ向け最上位製品のAthlon XPでハイエンドからローエンドまでをカバーさせていた。一方、ライバル企業インテルは、ローエンド市場において確立させた専用のブランドCeleronシリーズを依然として維持しており、ハイエンドからメインストリーム向けブランドであるPentium 4シリーズのCPU性能を引き下げた製品をCeleronシリーズとして発売させていた。インテルのローエンドブランドにはローエンドブランドを競合させることが得策であると判断したAMDは、新たな低価格(エントリー、ローエンド、廉価)パーソナルコンピューター向けCPUブランドを再び市場に投入した。それがSempronシリーズである。Sempron フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ・情報関連企業設立の年表

    コンピュータ・情報関連企業設立の年表から見たCPUCPU

    メモリ、CPUなどコンピュータの基本部品を手がけるインテルがやや早い時期に設立された。これとは別に、現在でも名前が知られている多くの企業が1970年代後半から1980年代前半にかけて相次いで設立された。パソコン時代の到来とともにソフトウェア大手企業も登場した。コンピュータ・情報関連企業設立の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ThinkPad T

    ThinkPad Tから見たCPUCPU

    特にT2xシリーズは、同時期に販売されたシリーズの中では故障が少なく丈夫であった。また自己責任ではあるが、CPUやハードディスクドライブの交換には特に細工は不要で、ThinkPad T フレッシュアイペディアより)

  • CUDA

    CUDAから見たCPUCPU

    GPUはシンプルな演算ユニットを多数搭載しており、ピーク理論演算性能 (FLOPS) は同一価格帯のCPUをしのぐものもある。そのため、並列性や演算密度の高い処理を行なう場合、少数で複雑な構成を備えた同規模のCPUと比べて高い処理性能が出せる。CUDA フレッシュアイペディアより)

  • せろりんね

    せろりんねから見たCPUCPU

    高校2年生の終わり頃に自作PCに関心を持ち、高校時代にアルバイトで稼いだお金で、初のintel製のCPU「Corei7-4790」を使用した自作PC壱号機を制作した。現在はAMD製のCPU「RYZEN 7」を使用した自作PC弐号機の制作に取り組んでいる。せろりんね フレッシュアイペディアより)

  • 分散コンピューティング

    分散コンピューティングから見たCPUCPU

    分散コンピューティング(ぶんさんコンピューティング、英: Distributed computing)とは、プログラムの個々の部分が同時並行的に複数のコンピュータ上で実行され、各々がネットワークを介して互いに通信を行いながら全体として処理が進行する計算手法のことである。複雑な計算などをネットワークを介して複数のコンピュータを利用して行うことで、一台のコンピュータで計算するよりスループットを上げようとする取り組み、またはそれを実現する為の仕組みである。分散処理(ぶんさんしょり)ともいう。並列コンピューティングの一形態に分類されるが、一般に並列コンピューティングと言えば、同時並行に実行する主体は同じコンピュータシステム内のCPU群である。ただし、どちらもプログラムの分割(同時に実行できる部分にプログラムを分けること)が必須である。分散コンピューティングではさらに、それぞれの部分が異なる環境でも動作できるようにしなければならない。例えば、2台の異なるハードウェアを使ったコンピュータで、それぞれ異なるファイルシステム構成であっても動作するよう配慮する必要がある。分散コンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • マイクロコンピュータ

    マイクロコンピュータから見たCPUCPU

    マイクロコンピュータ(英語:microcomputer)、略してマイコンはCPUとしてマイクロプロセッサを使用したコンピュータである。マイクロコンピュータは当時のメインフレームやミニコンピュータと比較して物理的に小さかった。入出力のためのキーボードとスクリーンを装備した多くのマイクロコンピュータは、現代の一般的な感覚におけるパーソナルコンピュータに近い。マイクロコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見たCPUCPU

    大量生産される製品の場合にはコストが非常に重要となるので、必要最低限のメモリと、安価なCPUで動作可能にする必要がある。小規模なシステムでは1チップマイコンを利用することが多い。組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • CPUの冷却装置

    CPUの冷却装置から見たCPUCPU

    CPUの冷却装置(シーピーユーのれいきゃくそうち)は高温になるCPUを冷却するための装置。通称CPUクーラー。CPUの冷却装置 フレッシュアイペディアより)

  • Bit Block Transfer

    Bit Block Transferから見たCPUCPU

    CPUからVRAMに対する直接アクセスはCRTCからのアクセスの干渉などハードウェア的な制約が多いため、メインメモリに対するアクセスよりも低速であることが多い。、画像操作の度にVRAMにアクセスを行うことは描画速度を低下させるばかりか、描画途中で画面のフレームが切り替わってしまう状況を生じやすく、ちらつき(フリッカー)、、カクつき(スタッタリング)を発生させる原因となる。これらの問題の解決方法の一つとして、モニターに表示するための表画面となる画像データ領域をVRAMに、そして裏画面となる同サイズのデータ領域をメインメモリに確保しておき、画像操作は裏画面にて行ない、最終的に裏画面のデータを表画面に一括転送するというダブルバッファリング手法がある。この転送時にビットブロック転送が利用される。Windows API(GDI)におけるBitBlt関数のように、グラフィックスデバイス(グラフィックスチップ、GPU)によるハードウェアアクセラレーション機能を備えるものもある。CPUの代わりにDMAコントローラを用いてメインメモリからVRAMにビットマップを転送するアーキテクチャも存在する。Macintoshでは「オフスクリーン描画」と呼ぶのが普通で、"Bit Block Transfer"や"BitBlt"という語句はめったに出てこない。Bit Block Transfer フレッシュアイペディアより)

1278件中 91 - 100件表示

「CPU」のニューストピックワード