1278件中 11 - 20件表示
  • PowerPC

    PowerPCから見たCPUCPU

    性能の割に低消費電力でダイサイズも小さいという特性から、ゲーム機やハイエンドのルータなどのネットワーク機器、レーザープリンターなどの分野で広く使われており、高性能な組み込みシステム向けプロセッサとしてよく使われる。FPGA用のIPコアとして提供されているものもある。もともとはAIMプラットフォームのCPUという意味で開発されたものだが、CPU以外は開発されなかったため、今日まで残る同プロジェクト唯一の成果物でもある。PowerPC フレッシュアイペディアより)

  • AMD K6

    AMD K6から見たCPUCPU

    K6はx86命令を内部でRISC86OPに変換し、内部のRISC86パイプラインで命令を高速実行する、Socket 7互換CPUである。AMD K6 フレッシュアイペディアより)

  • PaX

    PaXから見たCPUCPU

    2004年中ごろ、PaXはLinuxカーネルのメインのソースツリーには含まれていなかった。これは、PaXチームがPaXを不完全であると考えていたためである。x86を含む多くのCPUアーキテクチャでは完全に機能しているが、いくつかのアーキテクチャでは部分的にしか実装されていないか、全く実装されていない。PaXが実装されているアーキテクチャとしては、IA-32 (x86)、AMD64、IA-64、Alpha、PA-RISC、MIPS、PowerPC、SPARC がある。PaX フレッシュアイペディアより)

  • VAX

    VAXから見たCPUCPU

    後に登場した、DEC Alphaと呼ばれる64ビットRISCアーキテクチャのCPUに道を譲った。VAX フレッシュアイペディアより)

  • PDP-11

    PDP-11から見たCPUCPU

    PDP-11ファミリの上位機種であるPDP-11/45やPDP-11/83システムは、この単一バス方式をやめている。その代わり、CPU筐体内だけでCPUとメモリ間の専用インタフェース回路を使用し、UnibusやQ-busはI/O専用とした。PDP-11/70ではさらに、磁気ディスク装置や磁気テープ装置とメモリ間を新たな専用バス で接続した。入出力機器はこういった構成でもメモリアドレス空間にマッピングされ続けたが、追加されたバスインタフェースの設定のためのコードを追加する必要があった。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史

    計算機の歴史から見たCPUCPU

    1955年、モーリス・ウィルクスがマイクロプログラム方式を発明し、基本命令セットを組み込みのプログラム(ファームウェアあるいはマイクロコード)で定義し拡張できるようになった。この方式はメインフレームなどのコンピュータのCPUやFPUで広く採用された。例えばマンチェスター大学のAtlasやIBMのSystem/360シリーズがある。計算機の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • オープンシステム (コンピュータ)

    オープンシステム (コンピュータ)から見たCPUCPU

    CPUはx86やRISCなどのマイクロプロセッサ(IA-64は議論がある)オープンシステム (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ExpEther

    ExpEtherから見たCPUCPU

    しかし、従来の計算機構成では、CPUとI/Oデバイス間は、システムバス標準であるPCI Express (PCIe)で、一つの機器内に閉じられている。そのため、I/Oデバイスの数や構成が限られ、用途ごとに特化されたハードウェアをもつ計算機が必要であった。ExpEther フレッシュアイペディアより)

  • ブート

    ブートから見たCPUCPU

    初期のプログラム可能なコンピュータは、トグルスイッチがフロントパネルに並んでいて、それを操作することによってブートローダをプログラム格納域に置いてからCPUを起動するようになっていた。そうするとCPUはブートローダを実行して、オペレーティングシステムを外部記憶メディア(例えば紙テープあるいは磁気ディスク装置)からロードすることができた。例えば、IBM 650、DEC PDP-5、PDP-8、初期のPDP-11、Altair 8800 などの初期のマイクロコンピュータなどがスイッチを使っていた。フロントパネルのスイッチ群は直接CPUに命令列を渡すのにも使われた。例えば、PDP-1 はハードウェアにローダーを組み込んでいて、オペレータが "load" ボタンを押すだけで紙テープリーダからプログラムをメモリにロードすることができる。この紙テープリーダにはブートローダーが格納されており、それを実行すると二次ブートローダーまたはオペレーティングシステムを外部ストレージ媒体(紙テープ、パンチカード、ディスク装置など)からロードする。ブート フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ分野における対立

    コンピュータ分野における対立から見たCPUCPU

    1970年代の初期のパーソナルコンピュータ市場では、コモドールのPET 2001、タンディラジオシャックのTRS-80、アップルのApple IIなどが競争を展開した。日本では8ビット御三家を参照。またCPUではx86、MC68000、Z80など、オペレーティングシステムではCP/M、OS-9などの比較や優劣論議も盛んに行われた。コンピュータ分野における対立 フレッシュアイペディアより)

1278件中 11 - 20件表示

「CPU」のニューストピックワード