1167件中 21 - 30件表示
  • PDP-11

    PDP-11から見たCPUCPU

    PDP-11ファミリの上位機種であるPDP-11/45やPDP-11/83システムは、この単一バス方式をやめている。その代わり、CPU筐体内だけでCPUとメモリ間の専用インタフェース回路を使用し、UnibusやQ-busはI/O専用とした。PDP-11/70ではさらに、磁気ディスク装置や磁気テープ装置とメモリ間を新たな専用バス で接続した。入出力機器はこういった構成でもメモリアドレス空間にマッピングされ続けたが、追加されたバスインタフェースの設定のためのコードを追加する必要があった。PDP-11 フレッシュアイペディアより)

  • ネットブック

    ネットブックから見たCPUCPU

    2007年10月に発売されたASUSのEee PCが、最初のネットブックとされる。ただし「ネットブック」の呼称が初めて使用されたのは、2008年3月にインテルが自社CPUであるIntel Atomについて語った際である。この時点ではインテル自身もあまり明確に定義しておらず、「インターネット利用に特化した低価格モバイル」程度の意味だった(詳細は後述)。なおASUSを含めたネットブックメーカーは「ネットブック」という呼称を必ずしも使用していない。ネットブック フレッシュアイペディアより)

  • FM-7

    FM-7から見たCPUCPU

    CPU: メイン MBL68B09(入力外部周波数4.9/8MHz切換機能付)、サブ MBL68B09(入力外部周波数4/8MHz切換機能付)FM-7 フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータ

    コンピュータから見たCPUCPU

    現代のコンピュータではALUと制御ユニットを中央処理装置 (CPU) と呼ばれる一つの集積回路にまとめている。典型的には、コンピュータのメモリは数個の小さな集積回路の形で CPU の近くに配置する。コンピュータの質量の圧倒的大部分を占めているのは電源装置のような付属システムかあるいは入出力装置である。コンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 記憶装置

    記憶装置から見たCPUCPU

    記憶装置(きおくそうち)とは、コンピュータが処理すべきデジタルデータをある期間だけ保持するのに使う、部品、装置、電子媒体の総称。メモリ()またはストレージ()とも。記憶装置はコンピュータの中核機能の1つである「情報の記憶」を行う。現代のコンピュータには必ず何らかの記憶装置があり、CPUと共に1940年代から使われ続けている基本的コンピュータモデルを実装している。記憶装置 フレッシュアイペディアより)

  • NEC Vシリーズ

    NEC Vシリーズから見たCPUCPU

    NEC Vシリーズは、日本電気(NEC、現在はルネサス エレクトロニクスに分離)が製造したCPUのシリーズである。NEC Vシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 電卓

    電卓から見たCPUCPU

    当初は個別の電卓製品毎に専用の集積回路を設計、製造していたが、日本計算器販売(のちのビジコン)がプログラマブルな電卓の開発を企図し、その過程でインテルがはじめて製作したマイクロプロセッサである4004が生み出された。その後、同社のプロセッサはパーソナルコンピュータのCPUとして世界に大きな影響を与えることになった。4004を用いた電卓はCPU、読み書き可能メモリ、プログラムを格納するROM、入力部であるキー、出力部である表示装置(およびプリンタ)からなり、その構成はコンピュータそのものである。マイクロプロセッサを用いた電卓は、計算に特化した専用のLSIを用いるのではなく、汎用のCPUとアプリケーションである計算プログラムによって計算機の機能を実現している点で従来の電卓とは異なる。1971年に電卓市場に価格破壊をもたらしたTIのTMS-0105は、同様の構成をチップに集積したもので、マイクロコントローラの初期のものである。電卓 フレッシュアイペディアより)

  • ブート

    ブートから見たCPUCPU

    初期のプログラム可能なコンピュータは、トグルスイッチがフロントパネルに並んでいて、それを操作することによってブートローダをプログラム格納域に置いてからCPUを起動するようになっていた。そうするとCPUはブートローダを実行して、オペレーティングシステムを外部記憶メディア(例えば紙テープあるいは磁気ディスク装置)からロードすることができた。例えば、IBM 650、DEC PDP-5、PDP-8、初期のPDP-11、Altair 8800 などの初期のマイクロコンピュータなどがスイッチを使っていた。フロントパネルのスイッチ群は直接CPUに命令列を渡すのにも使われた。例えば、PDP-1 はハードウェアにローダーを組み込んでいて、オペレータが "load" ボタンを押すだけで紙テープリーダからプログラムをメモリにロードすることができる。この紙テープリーダにはブートローダーが格納されており、それを実行すると二次ブートローダーまたはオペレーティングシステムを外部ストレージ媒体(紙テープ、パンチカード、ディスク装置など)からロードする。ブート フレッシュアイペディアより)

  • ニンテンドーDS

    ニンテンドーDSから見たCPUCPU

    ゲームボーイアドバンスのCPUに使われているARM7TDMIをサブCPUとして搭載することで、ゲームボーイアドバンス用ソフトとの互換性を実現している。それまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサは搭載しておらず、ゲームボーイ、ゲームボーイカラー用のソフトが使用できない。そのため、ゲームボーイアドバンスカートリッジスロットの内部には突起があり、ゲームボーイカラー以前のカートリッジを物理的に挿入できない構造になっている。ニンテンドーDS フレッシュアイペディアより)

  • NINTENDO64

    NINTENDO64から見たCPUCPU

    当時、グラフィックスワークステーションメーカーだったSGIと提携して開発が行われた。メインCPUには64ビットRISCのMIPS R4300カスタム、32ビットRISCのR3000をコアに持つグラフィックエンジンである「RCP (Reality Co-Processor)」、メインメモリには当時はまだ珍しかった高速なRambus DRAMを採用するなど、先鋭的なハードウェア構成となっている。64ビットのR4300カスタムは最高122MIPSの処理能力を発揮することができ、競合機種の一つPlayStationの搭載するCPUの約4倍の処理能力にあたる。ポリゴン機能は環境マッピングやトライリニアといった本格的なテクスチャ・マッピング処理にも対応していた。先代機種のスーパーファミコンの35倍もの性能を持つ。NINTENDO64 フレッシュアイペディアより)

1167件中 21 - 30件表示

「CPU」のニューストピックワード

  • Project Evo

  • ウィンドウズ・ハードウェア・エンジニアリング・コミュニティー会議

  • 山菅(やますげ)の蛇橋(じゃばし)