1278件中 21 - 30件表示
  • 地球シミュレータ

    地球シミュレータから見たCPUCPU

    SX-5をベースとした初代システムは、1ノードが8GFLOPSのCPU8個、16GBのメモリからなり、640ノード(5,120CPU)を単段クロスバースイッチで接続、最大理論性能は40.96TFLOPSであった。本システムのために、SX-5を1チップ化したLSIが開発され、SXシリーズの次の世代である製品SX-6にも活用された。地球シミュレータ フレッシュアイペディアより)

  • オンボードグラフィック

    オンボードグラフィックから見たCPUCPU

    実装形態は、単体のグラフィックスチップをシステム基板に直接実装してグラフィックス機能を実現しているものと、グラフィックス以外の機能と統合されたチップ(統合チップセット)を搭載しているものに大別される。なお、低価格・エントリー向けのオンボードグラフィックスに関しては、後述するIntel Core iシリーズCPUやAMD APUなどのように、CPUに統合されたGPU(Integrated GPU: 統合GPU、iGPU)を備える製品の出現により、その役割を取って代わられることになった。オンボードグラフィック フレッシュアイペディアより)

  • SPARC

    SPARCから見たCPUCPU

    SPARCはRISCベースで、特に浮動小数点演算とバイナリレベルの互換性に注意が払われている。サン・マイクロシステムズは当初、自社のワークステーションに、モトローラの68000シリーズのMPUを利用していたが、後にカリフォルニア大学バークレー校のRISC Iをモデルに自社開発に着手。Sun4のSPARC搭載モデルを発表した。SPARC フレッシュアイペディアより)

  • TI-84 Plus シリーズ

    TI-84 Plus シリーズから見たCPUCPU

    CPU:? Z80?15?MHz(6?MHz 互換モードあり)TI-84 Plus シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ニンテンドーDS

    ニンテンドーDSから見たCPUCPU

    ゲームボーイアドバンスのCPUに使われているARM7TDMIをサブCPUとして搭載することで、ゲームボーイアドバンス用ソフトとの互換性を実現している。それまでの歴代ゲームボーイシリーズにあったZ80系のプロセッサは搭載しておらず、ゲームボーイ用のソフトが使用できない。そのため、ゲームボーイアドバンスカートリッジスロットの内部には突起があり、ゲームボーイカラー以前のカートリッジを物理的に挿入できない構造になっている(ゲームボーイミクロも同様)。ニンテンドーDS フレッシュアイペディアより)

  • NEC SX

    NEC SXから見たCPUCPU

    1994年(平成6年)11月発表。SX-3まではバイポーラ論理LSIを使っていたが、SX-4ではCMOS論理LSIを使うようになった。このためサイクルタイムはSX-3Rの2.5nsから8nsに遅くなったが、消費電力と発熱の低下による空冷化と、CPUモジュール1個のチップ数37、面積38.6cm x 45.7cmという高い実装密度により、コストパフォーマンスは向上している。NEC SX フレッシュアイペディアより)

  • Zigsow

    Zigsowから見たCPUCPU

    インテルの歴代CPUのレビューをsSpec単位で網羅しよう、というユーザー参加型企画。Zigsow フレッシュアイペディアより)

  • NINTENDO64

    NINTENDO64から見たCPUCPU

    第5世代としては最も後発であり、64ビットCPU・パースペクティブ補正・Zバッファを初めて採用しているなど、他の機種に比べて3Dポリゴンの演算能力と描画品質が高く、1996年(平成8年)当時に存在していた他のゲーム機より大幅に高性能になっている。CPUは当時グラフィックスワークステーションメーカーだったシリコングラフィックス(SGI)と提携して開発が行われ、メインにはRISCのMIPS R4300カスタム、32ビットRISCのR3000をコアに持つグラフィックエンジンである「RCP (Reality Co-Processor)」、メインメモリには当時はまだ珍しかった高速なRambus DRAMを採用するなど、先鋭的なハードウェア構成となっている。64ビットのR4300カスタムは最高122MIPSの処理能力を発揮することが可能で、競合機種の一つであるPlayStationの搭載するCPUの約4倍の処理能力にあたる。ポリゴン機能は環境マッピングやトライリニアといった本格的なテクスチャ・マッピング処理にも対応し、スーパーファミコンの35倍もの性能を発揮する。64ビットCPU搭載を売りにしていたが、64ビットモードでは動作クロックが下がる仕様となっているため、殆どのソフトウエアで32ビットモードを用いていた。NINTENDO64 フレッシュアイペディアより)

  • Express5800

    Express5800から見たCPUCPU

    Express5800/100シリーズ(PCサーバ CPUはx86系マイクロプロセッサ)Express5800 フレッシュアイペディアより)

  • FM TOWNS

    FM TOWNSから見たCPUCPU

    DX4カードだが、富士通純正の最初に登場したものはIntel DX4を搭載していた。その結果、CPUベンチマークテストでは(若干であるが)性能が上であった。これは、(CPU内部の)キャッシュ容量に差があったためである。後にFresh・FS/Fresh・FTに搭載された廉価版DX4カードはAm486DX4を搭載しており、CPUベンチマークテストの結果は若干落ちている。FM TOWNS フレッシュアイペディアより)

1278件中 21 - 30件表示

「CPU」のニューストピックワード