1278件中 31 - 40件表示
  • IBM PC

    IBM PCから見たCPUCPU

    CPU: 8088 4.77MHz 8087 FPU オプションIBM PC フレッシュアイペディアより)

  • ゲームボーイアドバンス

    ゲームボーイアドバンスから見たCPUCPU

    ゲームボーイアドバンス用のカートリッジは裏面の両側に切り欠きがあり、カートリッジスロット内のスイッチによるカートリッジ識別とCPU切り替えを行っている。なお、この切り欠きとそれに関する機構は、後にニンテンドーDSやゲームボーイミクロのスロットにゲームボーイシリーズのソフトが物理的に入らないようにする為にも用いられた。ゲームボーイアドバンス フレッシュアイペディアより)

  • ネットブック

    ネットブックから見たCPUCPU

    2007年10月に発売されたASUSのEee PCが、最初のネットブックとされる。ただし「ネットブック」の呼称が初めて使用されたのは、2008年3月にインテルが自社CPUであるIntel Atomについて語った際である。この時点ではインテル自身もあまり明確に定義しておらず、「インターネット利用に特化した低価格モバイル」程度の意味だった(詳細は後述)。なおASUSを含めたネットブックメーカーは「ネットブック」という呼称を必ずしも使用していない。ネットブック フレッシュアイペディアより)

  • FM-7

    FM-7から見たCPUCPU

    CPU: メイン MBL68B09(入力外部周波数4.9/8MHz切換機能付)、サブ MBL68B09(入力外部周波数4/8MHz切換機能付)FM-7 フレッシュアイペディアより)

  • レジスタ・ウィンドウ

    レジスタ・ウィンドウから見たCPUCPU

    レジスタウィンドウとは、コンピュータのCPUの一般的な動作であるプロシージャコールの性能を向上させる技法である。レジスタ・ウィンドウ フレッシュアイペディアより)

  • PowerNow!

    PowerNow!から見たCPUCPU

    PowerNow!とはアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の開発したCPUに搭載されている省電力技術のことである。システムに対する負荷に応じて動作周波数を最大定格よりも下方に修正することで省電力化を実現できる。同様の技術としてTransmeta社のLongRunがある。拡張PowerNow!はサーバ及びワークステーション向けのプロセッサに搭載されるが、同社のCool'n'Quietとの明確な技術的差はあまり認められない。このためこの項目では無印PowerNow!のについて主に解説する。PowerNow! フレッシュアイペディアより)

  • Sinclair QL

    Sinclair QLから見たCPUCPU

    内部を見てみると、CPUのほかに2つのゲートアレイ(ZX8301とZX8302)、Intel 8049 マイクロコントローラ(Intelligent Peripheral Controller)がある。ZX8301は画面表示とDRAMリフレッシュを担当し、ZX8302はRS-232ポート(送信のみ)、マイクロドライブ、QLANポート、リアルタイムクロック、8049(同期型シリアルリンク経由)を制御している。8049はキーボード/ジョイスティック・インタフェース、RS-232(受信)、オーディオを担当している(なお、元々はZX8302がこれら機能も担当する予定だったが、設計の最終段階で8049を使用することが決まった)。Sinclair QL フレッシュアイペディアより)

  • バックプレーン

    バックプレーンから見たCPUCPU

    コンピュータを、CPUを含む各モジュールがバックプレーンバスで接続されている、といった構成で作ることは、パソコン以前の古くから見られる。たとえばDECのミニコンのUnibusがある。バックプレーン フレッシュアイペディアより)

  • Universal Binary

    Universal Binaryから見たCPUCPU

    Universal Binary(ユニバーサルバイナリ)とは、アップルが開発した、互換性のない2種類のCPU(PowerPCとx86)でソフトウェアを動作させることができるようにするためのバイナリである。自社で販売しているパーソナルコンピュータ「Macintosh」に搭載されているCPUを、PowerPCからインテルのx86に移行するにあたって発表された。更にMac OS Xにおける32ビットと64ビットの過渡期においては、32ビットバイナリと64ビットバイナリを混在させるためにも利用されている。ユーザ側はアプリケーションのビット数を気にすることなく利用することができる。Universal Binary フレッシュアイペディアより)

  • ILLIAC IV

    ILLIAC IVから見たCPUCPU

    1960年代初頭、コンピュータの設計は収穫逓減の時期に差し掛かっていた。ハードウェアが直接実行する命令を増やせば性能が上がることは判っていたが、それにはコストがかかり過ぎるのである。実際、性能は電気信号の速度に限定されるため、ある速度を維持するには信号経路長が問題となり、ハードウェアを追加すると全体の速度は若干低下したのである。当時の先端技術であるトランジスタを使った論理回路設計では回路の増加はマシンのサイズの増加に直結していた。CPUの速度は安定期に達しつつあったのである。ILLIAC IV フレッシュアイペディアより)

1278件中 31 - 40件表示

「CPU」のニューストピックワード