1278件中 41 - 50件表示
  • システムコール

    システムコールから見たCPUCPU

    システムコールは、多くの場合、専用命令(インテルはPentium II以降, ARMは最初から)もしくはソフトウェア割り込みによって実行される。CPUの動作モードを遷移させることによって、通常のアプリケーションプログラムからはアクセスできない保護されたメモリ領域にアクセスすることや、保護されたレジスタを操作すること、また、自らCPUの動作モードを変更することなどが可能になる。システムコール フレッシュアイペディアより)

  • SpursEngine

    SpursEngineから見たCPUCPU

    SpursEngineは通常の汎用プロセッサが効率よく処理できないとされるマルチメディア処理に特化されたプロセッサで、プロセッサ単体の浮動小数点演算処理能力は48GFLOPSである。H.264・MPEG-2のハードウェアエンコーダ・デコーダはフルHDに対応していて最新のCPU単体でエンコード・デコードするよりも大幅に処理速度を向上する事ができる。SpursEngine フレッシュアイペディアより)

  • トランスピュータ

    トランスピュータから見たCPUCPU

    1980年代初期、従来からのCPUは性能の限界に達しつつあると見られていた。このころまで、製造技術の問題で設計者がチップに載せられる回路の量が制限されていた。しかし、集積回路の製造技術は進歩し続け、逆に設計者が思いつかないほど大量の回路をチップに載せられるようになった。間もなく、伝統的なCISC型デザインは性能の限界に達し、その限界を超えられるのか当時は明らかではなかった。トランスピュータ フレッシュアイペディアより)

  • thilmera

    thilmeraから見たCPUCPU

    thilmera(シルメラ)は、2001年にCPUとメモリのモニタリングツールとして個人開発されたウィンドウズ用フリーウェア。thilmera フレッシュアイペディアより)

  • シンクレア・リサーチ

    シンクレア・リサーチから見たCPUCPU

    フラットスクリーンCRTディスプレイを備えたポータブルコンピュータ。元々は ZX Spectrum 互換でより高速な Z80 CPU を搭載し、ZX Microdrive を内蔵し、512×192ピクセルのモノクロ表示モードを備える。アムストラッドに買収された後でキャンセルされたが、そのコンセプトは Cambridge Z88 に受け継がれた。シンクレア・リサーチ フレッシュアイペディアより)

  • Datapoint 2200

    Datapoint 2200から見たCPUCPU

    Datapoint 2200 は1970年6月、CTC(Computer Terminal Corporation、後の Datapoint)が発表したプログラム可能な端末である(実際の出荷は1971年)。当時の多くの端末は単機能だったが、Datapoint 2200 は各種端末エミュレータを磁気(カセット)テープでロードすることで様々なメインフレームに接続できる安価な端末として設計された。しかしユーザーは、このプログラム可能端末が単純なコンピュータのタスクを自前で実行できることを発見し、実際にスタンドアロンのコンピュータとして利用するようになった。すなわち、CTC は現代的な意味でのパーソナルコンピュータに非常によく似た機器を生み出したのである。また同時に、そのCPU(プロセッサ)は、後に IBM PC や互換機で使われるようになる x86 命令セットアーキテクチャの元になったという事実も重要である。Datapoint 2200 フレッシュアイペディアより)

  • 割り込み (コンピュータ)

    割り込み (コンピュータ)から見たCPUCPU

    割り込み(わりこみ)とは、コンピュータがその周辺機器などから受け取る要求の一種である。現在の多くのCPUは、割り込みを処理するための機能を備えている。割り込み (コンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • 省スペースパソコン

    省スペースパソコンから見たCPUCPU

    1990年代までのパソコンでは、一般に横置き型やミドルタワー型と呼ばれる比較的大柄な筐体を採用したデスクトップパソコンが主流となっていた。この背景には、まず拡張性の確保、次に大容量・高性能な大型ハードディスクドライブやリムーバブルメディアドライブ等の内蔵、加えて将来のアップグレードへの対応、さらにパーツの共通化による汎用化やコスト削減、などといった要請があった。日本では、1980年代後半から拡張スロットを3?4程度備える横置き型パソコンが、また、1990年代半ばからドライブベイを複数備えるタワー型パソコンが広く用いられるようになった。タワー型パソコンは、2000年代以降も高クロックCPUの採用に伴う放熱性の確保やそれらを支えるための比較的大容量な電源装置の搭載が必要とされる分野で使用され続けている。省スペースパソコン フレッシュアイペディアより)

  • オンチップ・エミュレータ

    オンチップ・エミュレータから見たCPUCPU

    従来のインサーキット・エミュレータ(オンチップ・エミュレータに対して、フルICEとも呼ばれる)と比べると機能は大幅に劣るが、低コストであること、プロセッサとの接続が簡単であることなどの利点がある。ただし装置の性質上、プロセッサが電気的に正しく動作する状態でなければ使用できないため、そこに至るまでの開発過程には不向きである。また直接CPUバスに接続されないため、リアルタイムなバス動作の履歴をサンプルするバストレースが不可能になる。オンチップ・エミュレータ フレッシュアイペディアより)

  • データ並列性

    データ並列性から見たCPUCPU

    たとえば、ここで、2 プロセッサシステム (CPU A と B)上でコードを実行する場合、並列計算環境で、あるデータ D 上の CPU A に、D のある部分を実行させ、CPU B に残りの部分を同時に実行させて、実行時間を削減することができる。データは下記に示すような If文で割り当てることができる。データ並列性 フレッシュアイペディアより)

1278件中 41 - 50件表示

「CPU」のニューストピックワード