1167件中 51 - 60件表示
  • システムコール

    システムコールから見たCPUCPU

    システムコールは、多くの場合、ソフトウェア割り込みによって実行される。ソフトウェア割り込みを用いてCPUの動作モードを遷移させることによって、通常のアプリケーションプログラムからはアクセスできない保護されたメモリ領域にアクセスすることや、保護されたレジスタを操作すること、また、自らCPUの動作モードを変更することなどが可能になる。システムコール フレッシュアイペディアより)

  • スケーラビリティ

    スケーラビリティから見たCPUCPU

    例えば、スケーラブルなデータベースマネージメントシステムではプロセッサやストレージを追加することでより多くのトランザクションを処理できるようにアップグレードでき、またアップグレードをシャットダウンなしに実行できる。スケーラビリティ フレッシュアイペディアより)

  • IBM 5100

    IBM 5100から見たCPUCPU

    IBM 5100はPALM(Put All Logic in Microcode)という16ビットのCPUモジュールが使用されている。IBM 5100のメンテナンスマニュアルでは、このPALMモジュールを「コントローラ」と呼んでいた。PALMは直接64KBのメモリを扱うことができ、またIBM 5100にはExecutable ROSと呼ばれるROMと合計で64KB以上のRAM領域があり、トグルスイッチを用いた簡素なバンク切り換え機構で運用された。ユーザーが入力したAPL/BASICインタプリタは、PALMが周辺機器を扱う別々のLanguage ROSアドレス空間に保存する事が出来た。IBM 5100 フレッシュアイペディアより)

  • シグナル (ソフトウェア)

    シグナル (ソフトウェア)から見たCPUCPU

    プロセスの実行によってハードウェア例外が発生することがある。例えば、プロセスがゼロ除算を行おうとしたときや、TLBミスを引き起こしたときなどである。Unix系OSでは、ハードウェア例外が発生するとコンテキストを自動的に切り替えてカーネルの例外ハンドラを実行開始する。ページフォールトなどの一部の例外の場合、カーネルはそのイベントを処理するのに十分な情報を持っているので、プロセスの実行を再開させることができる。しかし他の例外ではカーネルはうまく処理できず、代わりに例外を発生させた処理を行っていたプロセスに例外処理を委任しなければならない。シグナルはこの委任のための機構としても機能し、カーネルからプロセスに対してその例外に対応したシグナルを送信する。例えば、x86 CPU でゼロ除算を行おうとした場合 divide error 例外が発生し、カーネルがそのプロセスにSIGFPEというシグナルを送信する。同様に、あるプロセスが自身の仮想アドレス空間の範囲外のメモリアドレスにアクセスしようとした場合、カーネルはSIGSEGVシグナルを送信する。ハードウェア例外の種類はCPUのアーキテクチャによって異なるので、ある例外が発生したときどういうシグナルが送信されるかは厳密にはCPUアーキテクチャやカーネルの実装に依存する。シグナル (ソフトウェア) フレッシュアイペディアより)

  • Portable Executable

    Portable Executableから見たCPUCPU

    EXEフォーマットとの互換性のため、MS-DOS上で実行すると「This program cannot be run in DOS mode.」のようにDOSで実行されない旨が表示され、プログラムが終了するなどのMS-DOSプログラムが先頭に付く。その後ろに、PE固有の識別子およびCOFFに似たデータ構造があり、MS-DOSヘッダによってそのオフセットが指されている。また、さまざまなCPUアーキテクチャに対応するため、内部に判別用のフラグを持つ。実行時にDLLというファンクション群を動的にリンクし、コンポーネントレベルでのバグフィックス、互換性の維持が行われるようになっている。また、リソース領域にアイコン等を格納でき、GUI上で表示された場合アイコンがグラフィカルに表示され、ソフトウェア判別を容易にできる。Portable Executable フレッシュアイペディアより)

  • Emotion Engine

    Emotion Engineから見たCPUCPU

    Emotion Engine(エモーションエンジン)はソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)と東芝が共同開発し、プレイステーション2に搭載された128bit CPUである。Emotion Engine フレッシュアイペディアより)

  • ミップス・テクノロジーズ

    ミップス・テクノロジーズから見たCPUCPU

    ミップス・テクノロジーズ(英語:MIPS Technologies, Inc.、)は、ファブレス半導体企業であり、MIPSアーキテクチャと一連の RISC CPU 開発で知られている。家庭用・ネットワーク用・モバイル用デジタル機器のための命令セットアーキテクチャとコアを提供している。ミップス・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • PhysX

    PhysXから見たCPUCPU

    日夜進化を続けるコンピュータゲームにおける、浮動小数点演算などの物理演算をCPUから肩代わりする事で動作スピードの上昇を目指したもの。現在のCPUのパフォーマンスでは不可能に近い「爆発によって飛び散った破片を毎回ランダムに演算する」等の複雑な描写を、動画の読み出しではなく、実際にその場で演算して描写することが可能になるとされている。対抗とされる物理演算システムとしてはHavokが挙げられる。PhysX フレッシュアイペディアより)

  • Pentium FDIV バグ

    Pentium FDIV バグから見たCPUCPU

    Pentiumで新たに実装された割り算の回路の設計を誤ったのが原因で計算を誤ることが後に明らかにされた。インテルのCPUの除算命令の実行はi486まで、non-restoringなどに見られるような1ステップで1ビットずつ商を求める方式によっていたが、PentiumではSRT法を導入し、1ステップで2ビットずつ商を求めるようにし、除算に要するステップ数を約半分にした。このアルゴリズムでは商を求める際に表を参照するが、その表のエントリの一部が誤っていたことが後に明らかにされた。すなわち、表のなかで参照されるエントリは一部であり、それ以外の参照されないエントリについてはゼロを設定したが、実際には参照されるエントリのごく一部についても参照されることがないと誤解し、本来有意な値を設定するべきエントリのいくつかに誤ってゼロが設定された。そのために除算の途中で当該エントリを参照すると以後の演算を誤る。ゆえに、誤ったエントリを参照する特定の値をFDIV命令のオペランドに与えると必ず演算を誤ることになり、確率的・偶発的に誤りが発生するのではない。Pentium FDIV バグ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサから見たCPUCPU

    マイクロプロセッサは小型・低価格で大量生産が容易であり、コンピュータのCPUの他、ビデオカード上のGPUなどにも使われている。また用途により入出力などの周辺回路やメモリを内蔵するものもあり、一つのLSIでコンピュータシステムとして動作するものをワンチップマイコンと呼ぶ。マイクロプロセッサ フレッシュアイペディアより)

1167件中 51 - 60件表示

「CPU」のニューストピックワード