1278件中 51 - 60件表示
  • マイクロアーキテクチャ

    マイクロアーキテクチャから見たCPUCPU

    具体的にはCPU、DSPなどのハードウェアの動作を完全に記述できるような電子回路の設計や実装を指す。学術的用語には「コンピュータ構成」もあるが、プロセッサ業界ではマイクロアーキテクチャという用語がよく使われる。マイクロアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • プラットフォーム (コンピューティング)

    プラットフォーム (コンピューティング)から見たCPUCPU

    一般的なコンピューター・プログラム(アプリケーションソフトウェア)は、それぞれのOSに依存し、Windows、Mac OS X、Linuxなどの専用のプログラムとして動作する。 さらに特定のハードウェアでしか動作しないプログラムもある。例えば、PowerPCプロセッサ上のLinuxでは、PowerPCプロセッサ上のMac OS X用やPentiumプロセッサ上のLinux用の Adobe Reader7.0 は動作しない。プラットフォーム (コンピューティング) フレッシュアイペディアより)

  • Pentium FDIV バグ

    Pentium FDIV バグから見たCPUCPU

    Pentiumで新たに実装された割り算の回路の設計を誤ったのが原因で計算を誤ることが後に明らかにされた。インテルのCPUの除算命令の実行はi486まで、non-restoringなどに見られるような1ステップで1ビットずつ商を求める方式によっていたが、PentiumではSRT法を導入し、1ステップで2ビットずつ商を求めるようにし、除算に要するステップ数を約半分にした。このアルゴリズムでは商を求める際に表を参照するが、その表のエントリの一部が誤っていたことが後に明らかにされた。すなわち、表のなかで参照されるエントリは一部であり、それ以外の参照されないエントリについてはゼロを設定したが、実際には参照されるエントリのごく一部についても参照されることがないと誤解し、本来有意な値を設定するべきエントリのうち5個に誤ってゼロが設定された。そのために除算の途中で当該エントリを参照すると以後の演算を誤る。ゆえに、誤ったエントリを参照する特定の値をFDIV命令のオペランドに与えると必ず演算を誤ることになり、確率的・偶発的に誤りが発生するのではない。Pentium FDIV バグ フレッシュアイペディアより)

  • ユニファイドメモリアーキテクチャ

    ユニファイドメモリアーキテクチャから見たCPUCPU

    ユニファイドメモリアーキテクチャ (Unified Memory Architecture) は、メインメモリをCPUだけでなく、他のデバイスにも共有して使用するメモリアーキテクチャの一つである。ユニファイドメモリアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • Socket AM3+

    Socket AM3+から見たCPUCPU

    Socket AM3+(ソケット エイエムスリー プラス)は、AMDのCPUで使用するCPUソケットであり、Socket AM3の後継のソケットである。2011年 Q3発売の Bulldozerのために設計された。AM3+では、DDR3 SDRAMがサポートされている。Socket AM3+ フレッシュアイペディアより)

  • フォン・ノイマン・ボトルネック

    フォン・ノイマン・ボトルネックから見たCPUCPU

    現代のコンピュータはほとんどがプログラム内蔵方式であるため、CPUの性能向上だけでなく、記憶装置のアクセス速度向上も図られており、キャッシュメモリを導入するなど、記憶の階層化は、コンピュータ全体のパフォーマンスの改善のために重要である。また、実行するプログラムを設計する際にも、使われやすい処理のサブルーチン化など局所化が工夫される。フォン・ノイマン・ボトルネック フレッシュアイペディアより)

  • XaviX

    XaviXから見たCPUCPU

    XaviXは、正式にはXaviX Technology(ザビックス・テクノロジー)と言い、LSI技術、ソフトウェア技術、センシング技術などが含まれるが、通常XaviXと記述されている場合、そのコアとなるLSIチップであるXaviXチップのことを指す。XaviXチップは8ビットのCPU(6502カスタム)ながら、コアとなるマイコン、ビデオプロセッサ、オーディオプロセッサ、A/D、D/A変換器、ヒューマンインターフェースI/Oなど、コンピュータに必要とされるすべての要件を4mm角のチップ内に搭載した、ユニークな高速システムLSIと言える。XaviX フレッシュアイペディアより)

  • 計算機の歴史 (1960年代以降)

    計算機の歴史 (1960年代以降)から見たCPUCPU

    1969年、データゼネラルは1台8000ドルのミニコンピュータを5万台出荷した。データゼネラルの は初期の16ビットミニコンピュータの1つで、ワード長が8ビットを1バイトとしたバイトの整数倍になる方向性の発端のひとつとなった。Novaではフェアチャイルドセミコンダクター製の初期の中規模集積回路 (MSI) が使われており、後継モデルでは大規模集積回路 (LSI) が使われた。また、CPUが15インチのプリント基板1枚に収まったことも重要である。計算機の歴史 (1960年代以降) フレッシュアイペディアより)

  • Micro Channel architecture

    Micro Channel architectureから見たCPUCPU

    Micro Channel architecture (マイクロチャネルアーキテクチャ、MCA、エムシーエー) またはMicro Channelは1987年にIBMが開発した、CPUのアーキテクチャに依存しない16ビット/32ビットの高速バスアーキテクチャである。Micro Channel architecture フレッシュアイペディアより)

  • PReP

    PRePから見たCPUCPU

    PReP仕様の目的の一つは、パーソナルコンピュータ(PC)のハードウェア標準化の推進であり、PRePはCPUにPowerPCを使用したPC互換機(PCクローン)であった。PRePは、インテルによるCPU市場の独占状態を、PC/AT互換機市場の成功と同じオープン路線(仕様公開、標準化、互換機推進)により、更にMac OSも巻き込み、打破する狙いがあった。PReP フレッシュアイペディアより)

1278件中 51 - 60件表示

「CPU」のニューストピックワード