1167件中 61 - 70件表示
  • 計算機の歴史 (1960年代以降)

    計算機の歴史 (1960年代以降)から見たCPUCPU

    1969年、データゼネラルは1台8000ドルのミニコンピュータを5万台出荷した。データゼネラルの は初期の16ビットミニコンピュータの1つで、ワード長が8ビットを1バイトとしたバイトの整数倍になる方向性の発端のひとつとなった。Novaではフェアチャイルドセミコンダクター製の初期の中規模集積回路 (MSI) が使われており、後継モデルでは大規模集積回路 (LSI) が使われた。また、CPUが15インチのプリント基板1枚に収まったことも重要である。計算機の歴史 (1960年代以降) フレッシュアイペディアより)

  • ホビーパソコン

    ホビーパソコンから見たCPUCPU

    1980年代から1990年代初頭にあっては、パソコンは家庭向け・ホビーユースの物と、事務や製図・各種制御用に用いられる物とにはっきりと分かれており、家庭向けを意識した製品では、高性能なCPUによる高速な計算能力や、潤沢なメモリやハードディスク装置の搭載といった多くの記憶容量よりも、FM音源による豊かな音楽表現や、多くのVRAMやスプライト機能・ハードウェアスクロール等による表示機能を強化したものに人気が集まった。ホビーパソコン フレッシュアイペディアより)

  • キャプチャ (録画ソフト)

    キャプチャ (録画ソフト)から見たCPUCPU

    エンコード処理をパソコン側のCPUで行うか、またはキャプチャハードウェア側で行うかにより以下の二種類に分類できる。キャプチャ (録画ソフト) フレッシュアイペディアより)

  • 京 (スーパーコンピュータ)

    京 (スーパーコンピュータ)から見たCPUCPU

    特徴として、特定分野に特化した専用機ではなく、幅広い用途に応用できる汎用計算機として設計された。また当初はベクトル機とスカラ機からなる「複合型」を計画・開発していたが、2009年5月のNECの撤退により「スカラ型」に設計変更された。この影響もあり、CPUとして採用したサン・マイクロシステムズのSPARCをベースとしたSPARC64 VIIIfx や、Tofuと呼ばれる6次元メッシュ/トーラスのインターコネクトなど、富士通の技術が多く使用された。京 (スーパーコンピュータ) フレッシュアイペディアより)

  • ルーピー

    ルーピーから見たCPUCPU

    1990年代初頭に流行した子供向けの電子手帳やパソコン・ワープロなどの電子玩具に、従来から存在した女児向けメイキングホビー玩具の要素を取り入れたテレビゲーム機である。カシオの持つ電子計算機とラベルプリンターの技術を遊びに昇華させ、コンピュータゲームとシール作成の融合を特徴とした。本体パッケージには「ゲームが楽しい! シールがうれしい! 」「32ビット RISC CPU搭載」などのキャッチコピーが記載されている。ルーピー本体や初期に発売された各ソフトの説明書では本体をSV-100と型名表記し、ルーピーの名は明記されていない。ルーピー フレッシュアイペディアより)

  • Low Pin Count

    Low Pin Countから見たCPUCPU

    Low Pin Count バス、またはLPCバスは、低帯域幅のデバイス(BIOS ROMやスーパーI/Oチップで接続されるいわゆるレガシーデバイス)をCPUと接続するバスで、IBM互換パーソナルコンピュータで使われている。レガシーデバイスとしては、シリアルポート、パラレルポート、キーボード、マウス、フロッピーディスクコントローラ、さらに最近では Trusted Platform Module などがある。LPCバスは物理的には、PCのマザーボード上でサウスブリッジチップに接続している配線である。Low Pin Count フレッシュアイペディアより)

  • シンクレア・リサーチ

    シンクレア・リサーチから見たCPUCPU

    フラットスクリーンCRTディスプレイを備えたポータブルコンピュータ。元々は ZX Spectrum 互換でより高速な Z80 CPU を搭載し、ZX Microdrive を内蔵し、512×192ピクセルのモノクロ表示モードを備える。アムストラッドに買収された後でキャンセルされたが、そのコンセプトは Cambridge Z88 に受け継がれた。シンクレア・リサーチ フレッシュアイペディアより)

  • トランスピュータ

    トランスピュータから見たCPUCPU

    1980年代初期、従来からのCPUは性能の限界に達しつつあると見られていた。このころまで、製造技術の問題で設計者がチップに載せられる回路の量が制限されていた。しかし、集積回路の製造技術は進歩し続け、逆に設計者が思いつかないほど大量の回路をチップに載せられるようになった。間もなく、伝統的なCISC型デザインは性能の限界に達し、その限界を超えられるのか当時は明らかではなかった。トランスピュータ フレッシュアイペディアより)

  • Sinclair QL

    Sinclair QLから見たCPUCPU

    内部を見てみると、CPUのほかに2つのゲートアレイ(ZX8301とZX8302)、Intel 8049 マイクロコントローラ(Intelligent Peripheral Controller)がある。ZX8301は画面表示とDRAMリフレッシュを担当し、ZX8302はRS-232ポート(送信のみ)、マイクロドライブ、QLANポート、リアルタイムクロック、8049(同期型シリアルリンク経由)を制御している。8049はキーボード/ジョイスティック・インタフェース、RS-232(受信)、オーディオを担当している(なお、元々はZX8302がこれら機能も担当する予定だったが、設計の最終段階で8049を使用することが決まった)。Sinclair QL フレッシュアイペディアより)

  • コンパイラ最適化

    コンパイラ最適化から見たCPUCPU

    一部のコード最適化問題はNP完全問題であることが示されている。実際には、プログラマがコンパイラによる最適化の完了を待てる時間の上限なども考慮してコンパイラ最適化を実装する(最適化はCPU時間とメモリを多大に使用する)。かつては、コンピュータのメモリ実装量も実行できる最適化を制限する要因だった。コンパイラ最適化 フレッシュアイペディアより)

1167件中 61 - 70件表示

「CPU」のニューストピックワード