1167件中 71 - 80件表示
  • SpursEngine

    SpursEngineから見たCPUCPU

    SpursEngineは通常の汎用プロセッサが効率よく処理できないとされるマルチメディア処理に特化されたプロセッサで、プロセッサ単体の浮動小数点演算処理能力は48GFLOPSである。H.264・MPEG-2のハードウェアエンコーダ・デコーダはフルHDに対応していて最新のCPU単体でエンコード・デコードするよりも大幅に処理速度を向上する事ができる。SpursEngine フレッシュアイペディアより)

  • MIPSアーキテクチャ

    MIPSアーキテクチャから見たCPUCPU

    命令セットが非常にきれいなので、アメリカ合衆国ではコンピュータ・アーキテクチャを学校で教えるときに教材としてMIPSアーキテクチャを使うことが多い。MIPS CPUファミリのデザインは、もうひとつの初期からのRISCアーキテクチャであるSPARCと共に、後発のRISC(例えば DEC Alpha)の設計に影響を及ぼした。MIPSアーキテクチャ フレッシュアイペディアより)

  • 自作パソコン

    自作パソコンから見たCPUCPU

    自作パソコン(じさくパソコン)とは、個別販売されている自作パソコン向けのマザーボード、CPU、電源、ハードディスク・ソリッドステートドライブ、光学ドライブ、メモリ、各種拡張カードなど、パソコンを構成する部品(パーツ)を自身で購入し、組み立てたパソコンのことを指す。自作パソコン フレッシュアイペディアより)

  • Pocket PC

    Pocket PCから見たCPUCPU

    Windows XPに準じたインターフェイスを採用したほか、Windows Media Playerが標準で搭載される。また、これ以降はARM系CPUのみ対応となった。Pocket PC フレッシュアイペディアより)

  • OLPC

    OLPCから見たCPUCPU

    CPUは500MHz程度のGeode LX-700(433MHz)を採用。OLPC フレッシュアイペディアより)

  • 仮想記憶

    仮想記憶から見たCPUCPU

    技術的には、仮想記憶を使うことにより、ソフトウェアが動作するメモリアドレス空間のサイズとアドレス範囲は当該コンピュータの物理メモリ領域には必ずしも縛られなくなる。仮想記憶を適切に実装するには、CPU(あるいはそれに付随するデバイス)がOSに対して仮想メモリを物理メモリにマップする(対応付ける)手段を提供し、主記憶(物理メモリ)に対応していない仮想アドレスにアクセスしたことを検出する手段を提供して必要なデータをスワップインできるようにしなければならない。CPUの支援なしで仮想記憶を提供することも可能だが、その場合は上述の機能を提供するCPUをエミュレートするだけであって、本質的には同じことである。アドビシステムズの一部のアプリケーションのように、アプリケーションプログラムが自前で仮想記憶機構を持つ例もある。仮想記憶 フレッシュアイペディアより)

  • コンパイラ

    コンパイラから見たCPUCPU

    コンパイラは翻訳機と言えるもので、入力するプログラミング言語と対象となるCPUやオペレーティングシステムによるオブジェクトコード形式によって、違う形式のオブジェクトを生成する必要がある。一般的には1つのプログラミング言語を1つのオブジェクトコード形式に変換するものがよく使われる。コンパイラ フレッシュアイペディアより)

  • PC/AT

    PC/ATから見たCPUCPU

    CPU: 80286 6MHz(後に8MHz)PC/AT フレッシュアイペディアより)

  • ハードウェア

    ハードウェアから見たCPUCPU

    ハードウェア(hardware)は本来は「金物類、金属製品」の意味の英語で、歴史的には「木製」などとの対比語だった。転じてコンピューターなどの分野で、ソフトウェアの対比語として、個々の物理的な機械部品(CPU、ハードディスク、ケースなど)や、それらの集合体を「ハードウェア」と呼ぶようになった。ハードウェア フレッシュアイペディアより)

  • Macintosh

    Macintoshから見たCPUCPU

    CPUには発売以来モトローラ製のMC68000系が採用されていたが、1994年にはIBM・モトローラとともにPowerPCを共同開発してMC68000系から切り替え、性能を飛躍的に向上させた。CPUは2006年からインテル製のもの(Core 2など)に切り替えられてPC/AT互換機(Microsoft Windows搭載機)とほぼ同様のハードウェアを持つようになった。インテル搭載機とMac OS X v10.5以降は、Mac OS 9.2.2以前のソフトウェアの実行環境(Classic環境)が廃止され、Mac OS 9.2.2以前用のソフトウェアが動作しなくなった。Mac OS X v10.7以降では、インテル対応ソフトウェアのみが動作するようになった。Macintosh フレッシュアイペディアより)

1167件中 71 - 80件表示

「CPU」のニューストピックワード

  • Project Evo

  • ウィンドウズ・ハードウェア・エンジニアリング・コミュニティー会議

  • 山菅(やますげ)の蛇橋(じゃばし)