1278件中 71 - 80件表示
  • 主記憶装置

    主記憶装置から見たCPUCPU

    主記憶装置(しゅきおくそうち)は、記憶装置の分類で、「補助記憶装置」が一般に外部バスなど比較的CPUから離れていて大容量だが遅い記憶装置を指すのに対し、コンピュータのメインバスなどに直接接続されている記憶装置で、レイテンシやスループットは速いが比較すると小容量である。特に、CPUが入出力命令によって外部のインタフェースを操作するのではなく、「ロード・ストア命令」や、さらには通常の加算などの命令において直接読み書きできる対象であるものを指す。メインメモリ、一次記憶装置とも。主記憶装置 フレッシュアイペディアより)

  • PET 2001

    PET 2001から見たCPUCPU

    1970年代、テキサス・インスツルメンツ (TI) は電卓用CPUの主要な供給企業であった。コモドールもTIのチップを使った電卓を製造販売していた。しかし、1975年にTIはチップの外販価格を上げた。それによってTI自身の電卓の価格競争力を上げるためである。このため業界は冷え込むこととなる。PET 2001 フレッシュアイペディアより)

  • マルチタスク

    マルチタスクから見たCPUCPU

    コンピュータはプロセッサ(CPU)、記憶装置、ディスプレイやキーボードなどのヒューマンマシンインタフェース、ネットワークインターフェースなどのインターコネクション、などから構成される。一般的に、CPUの計算処理時間に比べ、ディスクやネットワークの処理時間は数十から数百倍かかる。シングルタスク環境では、逐次処理が行われるため、入力待ちや通信待ちなど、CPUが計算を実行できずに、待つ時間が発生する。マルチタスクの導入によって、これらの待ち時間の間にCPUを動作させ別の計算を行い、全体の処理時間の短縮を実現することが可能になる。さらに、並行プログラミングの手法が利用でき、機能をタスクとして分割することで、ソフトウェアの再利用性を上げられる。マルチタスク フレッシュアイペディアより)

  • 記憶装置

    記憶装置から見たCPUCPU

    理想を言えば、最高速のメモリがたっぷりあることが好ましいわけであるが、コスト上の理由や物理的な実装の制約、インタフェースの限界などにより、小容量で高速のメモリと、大容量で低速のメモリを組み合わせ、それらを適宜やりくりしなくてはならない。またインタフェースについても、レイテンシ(遅延)およびスループット(帯域)の両者の点で、高性能な接続と低性能な接続がある。結果として、一般的に、CPUを頂点としたピラミッド状のモデルとなる。記憶装置 フレッシュアイペディアより)

  • チップセット

    チップセットから見たCPUCPU

    PC/AT互換機(に類似したパーソナルコンピュータ)CPUの外部バスと、メモリや周辺機器を接続する標準バスとのバスブリッジなどの、旧来は単機能のICを複数組み合わせて(こちらが原義のチップセット)実現されていた機能を、1個ないし少数の大規模集積回路(LSI)に集積したものを指して、チップセットと呼ぶことが多い。チップセット フレッシュアイペディアより)

  • BogoMips

    BogoMipsから見たCPUCPU

    BogoMips("bogus"=「いんちきの」+ MIPS)とは、Linuxカーネルのブート時にCPU速度をビジーループを使って非科学的に測定した結果である。その定義としてよく言われるのは「プロセッサが全く無駄な処理を1秒間に何百万回できるか」である。BogoMips フレッシュアイペディアより)

  • オーバークロック

    オーバークロックから見たCPUCPU

    Intel486以降のx86アーキテクチャCPUでは、動作クロックはベースクロックとクロック倍率の積として設定でき、汎用的なマザーボードでは多種多様なCPUの品種に対応できるよう、あらかじめ二つの値を何らかの方法で変更できる機能が備わっている。この二つの要素を定格以上の組み合わせに設定することで過大なクロック周波数をCPUに与えることができる。オーバークロック フレッシュアイペディアより)

  • MS-DOS

    MS-DOSから見たCPUCPU

    MS-DOS(およびPC DOS等)は、8086系のマイクロプロセッサをCPUとするパーソナルコンピュータ向けのシングルタスクのオペレーティングシステムで、DOS(ディスクオペレーティングシステム)の名の通り、ディスクの管理が主機能である(DOSという名前だからといって必ずしもそうとは限らないが、少なくともMS-DOSのプロセス管理機能は、シングルタスクに代表されるように、低機能・低性能である)。MS-DOSは改名された86-DOSであった。86-DOSはCP/Mのクローンであったのでたった六週間で開発された。MS-DOS フレッシュアイペディアより)

  • GPGPU

    GPGPUから見たCPUCPU

    GPUは一般的に画像処理を専門とする演算装置であり、多くの場合、CPUと呼ばれる主演算装置の制御の下で用いられる動画信号生成専用の補助演算用ICである。動画像の実時間内での生成は高負荷な演算能力が要求されるが、その多くが定式化された単純な演算の繰り返しであるためハードウェア化に向いており、GPUを設計している数社からは、高速なメモリ・インターフェイス機能と高い画像演算能力を備えたIC製品のシリーズがいくつもリリースされている。GPGPU フレッシュアイペディアより)

  • GLOBALFOUNDRIES

    GLOBALFOUNDRIESから見たCPUCPU

    2011年1月25日 都内の記者会見において、28nmプロセスによるCPU製品を2011年第2四半期にテストでのテープアウトを行なうことを発表。また、32nmプロセスによるCPU製品は2011年に量産体制に入ることを発表した。GLOBALFOUNDRIES フレッシュアイペディアより)

1278件中 71 - 80件表示

「CPU」のニューストピックワード