1167件中 81 - 90件表示
  • ノートパソコン

    ノートパソコンから見たCPUCPU

    ローエンドからロワメインストリームのCPUと、13?15インチクラスの液晶を搭載したモデル。価格優先の設計で寸法と重量が大きいが、CPUがボトルネックとなりにくい一般的な使用には必要十分な性能で、安価なこともあり各社の売れ筋商品となっている。チップセットにもモバイル向けローエンド製品が使われることが多く(一部例外あり)、GPUもチップセットに統合されている。中には無線LANをも省略したモデルもある。また、2012年頃から一部に限られるがBlu-ray DiscドライブやUSB 3.0インターフェースなどを搭載したモデルも存在する。ノートパソコン フレッシュアイペディアより)

  • 地球シミュレータ

    地球シミュレータから見たCPUCPU

    102.4GFLOPSの性能を持つCPU8個と128GBのメモリを持つベクトル計算機ノード(地球シミュレータではPNと呼ばれる)160台を2段のクロスバースイッチでファットツリー状に接続し、最大理論性能131TFLOPSを実現している。地球シミュレータ フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 95

    Microsoft Windows 95から見たCPUCPU

    Windows 95のVMMは、Win32アプリケーション、DOSアプリケーションに対して各プロセスに固有のアドレス空間を与え、プリエンプティブ・マルチタスクとして実行する。このため、特定のアプリケーションの問題によりCPUが占有されるトラブルはなくなった。Microsoft Windows 95 フレッシュアイペディアより)

  • Microsoft Windows 3.x

    Microsoft Windows 3.xから見たCPUCPU

    Microsoft Windows 2.xに存在していたCPU別の区分は廃止されているが、80286以下では利用できない386エンハンストモードを積極利用することで機能向上を図っているため80286以下では使える機能に制限がある。ただし386エンハンストモードではやや動作が重くなり、実用的には486以上のマシンパワーが必要だった。Microsoft Windows 3.x フレッシュアイペディアより)

  • 廉価版

    廉価版から見たCPUCPU

    パーソナルコンピュータの部品(パーツ)は、低価格化の要求に応えるために性能を一部削って価格を下げたものが多数存在する。例えばCPUにおいてはPentiumの廉価版がCeleron、Athlonの廉価版がSempron、Duronである。ただ最近ではPentiumも廉価ブランドの位置づけになっている(PentiumDualCore)為、Coreの廉価版がPentiumDC、さらに低価格なものがCeleronとなる。AMDではPhenom、Athlon、Sempronの順(ノートPC用ではTurion、Athlon、Sempronの順)となっている。廉価版 フレッシュアイペディアより)

  • 分散コンピューティング

    分散コンピューティングから見たCPUCPU

    分散コンピューティング(ぶんさんコンピューティング、英: Distributed computing)とは、情報処理手法の一種であり、プログラムの個々の部分が同時並行的に複数のコンピュータ上で実行され、それらがネットワークを介して互いに通信しあう形態である。複雑な計算などをネットワークを介して複数のコンピュータを利用して行うことで、一台のコンピュータで計算するよりスループットを上げようとする取り組み、またはそれを実現する為の仕組みである。分散処理(ぶんさんしょり)ともいう。並列コンピューティングの一形態に分類されるが、一般に並列コンピューティングと言えば、同時並行に実行する主体は同じコンピュータシステム内のCPU群である。ただし、どちらもプログラムの分割(同時に実行できる部分にプログラムを分けること)が必須である。分散コンピューティングではさらに、それぞれの部分が異なる環境でも動作できるようにしなければならない。例えば、2台の異なるハードウェアを使ったコンピュータで、それぞれ異なるファイルシステム構成であっても動作するよう配慮する必要がある。分散コンピューティング フレッシュアイペディアより)

  • 組み込みシステム

    組み込みシステムから見たCPUCPU

    大量生産される製品の場合にはコストが非常に重要となるので、必要最低限のメモリと、安価なCPUで動作可能にする必要がある。小規模なシステムでは1チップマイコンを利用することが多い。組み込みシステム フレッシュアイペディアより)

  • Bit Block Transfer

    Bit Block Transferから見たCPUCPU

    CPUからVRAMに対する直接アクセスはCRTCからのアクセスの干渉などハードウェア的な制約が多いため、メインメモリに対するアクセスよりも低速であることが多い。このため、画像操作の度にVRAMにアクセスを行うことは描画速度を低下させるばかりか、描画途中で画面のフレームが切り替わってしまう状況を生じやすく、ちらつきを発生させる原因となる。これらの問題の解決方法の一つとして が利用される。CPUの代わりにDMAコントローラを用いてメインメモリからVRAMにビットマップを転送するアーキテクチャも存在する。Bit Block Transfer フレッシュアイペディアより)

  • サーバ

    サーバから見たCPUCPU

    ハイエンドのCPUを多数(1?256コアなど)搭載できる他、高速なバス、周辺機器などを備える。サーバ フレッシュアイペディアより)

  • 超並列マシン

    超並列マシンから見たCPUCPU

    超並列マシン (ちょうへいれつマシン、Massively parallel machine) は1990年代から台頭してきた、並列計算機の中で規模の大きなもの(CPU数の多いもの)を言う。大規模クラスターマシン、大規模ワークステーションクラスター、地球シミュレーターなども超並列マシンの範疇に入れることができる。時代と共に並列度は大きくなり、CPU性能は向上するため、何個以上のCPU数(或いは性能)で超並列であるというはっきりとした定義はない。超並列マシン フレッシュアイペディアより)

1167件中 81 - 90件表示

「CPU」のニューストピックワード