138件中 81 - 90件表示
  • CPU

    CPUから見たプログラムカウンタ

    最初の段階であるフェッチとは、実行すべき命令(ある数値または数値の並び)をプログラムの置かれたメモリから取り出すことである。メモリ上の実行すべき命令の位置はプログラムカウンタで指定される。プログラムカウンタはCPUが現在見ているプログラム上の位置を示しているとも言える。命令フェッチに使用されると、プログラムカウンタはフェッチしたぶんだけ増加させられる。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たボルト (単位)

    当初はリレーのような数十ボルトの動作電圧だったが、1980年代には5Vがデジタルコンピュータの標準的な動作電圧となり、1990年代には内部回路が3V程度の低電圧化を取り入れはじめ、外部との信号線でも同様の低電圧化が行なわれる頃には、CPUの内部ではさらに低い電圧が採用されるようになった。2009年現在では内部的には1V未満まで低電圧化が進められており、ノイズ耐性を考慮すればほぼ限界であると考えられている。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たx86

    専用の電子回路に比べると実行速度は遅いが、プログラムを変えるだけで多様な処理が行えることから、非常に多岐にわたる用途に使用でき、専用回路に比べ設計、修正が容易である。このため、CPUはおよそあらゆるシステムに内蔵され、現代の産業や生活の屋台骨を支える存在にまで普及している。現在最も普及しているCPUアーキテクチャとしてARMアーキテクチャが挙げられる。ARMアーキテクチャは1991年から数え2008年初頭に出荷個数が100億個を超えるなど、家電製品から工業製品、携帯機器などに至る多くのシステムに組み込まれ、機器制御を司っている。また、PCなど、現在の汎用コンピュータ製品における多くのシステムのメインCPUにx86アーキテクチャが用いられており、インテルのx86系CPU出荷数は1978年6月9日の8086発売から2003年までの25年で10億個を越えた。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見た時計

    一般的な家電製品や小さなリモコン、電卓や時計など、ローエンドの組み込みシステムに広く用いられている。これらの多くには広義のCPUの中でも8ビットや16ビットのMCUと呼ばれるものが使用されている。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たManchester Mark I

    結果としてノイマン型で先に完成したのは、EDSAC(1949年)やManchester Mark Iの試作機 Baby (1948年)である。EDVACは先に設計が始まっているが、設計者間のごたごたがあって完成が遅れた。また、アイデアレベルではZuse Z3を1941年に開発しているコンラッド・ツーゼもそれ以前にプログラム内蔵方式(書き換えでない点に注意)を考案していた(1936年に特許申請しているが、アメリカに出願した際にチャールズ・バベッジの解析機関との類似を指摘され、特許は成立していない。ツーゼはこのときまでバベッジの業績を知らなかったと思われる。なおZ3は1998年にチューリング完全であったことが示されている)。データとプログラムを同じ記憶装置に格納するかどうかという点が異なる方式として、ハーバード・アーキテクチャがある。これはEDVAC以前に完成したHarvard Mark Iに由来する。同機ではさん孔テープにプログラムを格納した。ノイマン型とハーバード型の大きな違いは、後者が命令とデータの格納場所と扱いを完全に分離していることであり、前者はどちらも同じ記憶領域に格納する。汎用CPUは基本的にノイマン型であるが、ハーバード・アーキテクチャも部分的に採用されている(キャッシュメモリなど)。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たゲーム機

    パーソナルコンピュータ(PC)、ネットワーク・サーバ、ワークステーション、HPC、ハイエンドのルータ、高性能ゲーム機など、大量のデータを処理する用途で使われている。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たFPU

    その他 浮動小数点演算を行うFPU(浮動小数点演算ユニット)、レジスタより多くの情報を一時記憶するキャッシュメモリ、DMAコントローラ、タイマー、シリアルインターフェースなどの機能をCPUと同一IC内にもつものもある。また、メモリから読み込んだ命令語を内部的なオペレーションに置き換える変換部を持つものもある。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たパッケージ (電子部品)

    このMCUはCPUに加えてプログラム格納用を含む半導体メモリやGPIOとシリアルIO、DAC/ADCといった各種入出力機能にタイマーやDMACにクロック回路、必要に応じてDSPやフラッシュメモリなどの周辺回路を1つのパッケージに内蔵して、主に小型の組込み機器の制御に使用される。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見た情報家電

    携帯電話、PDA・スマートフォン、ディジタルメディアプレーヤー、セットトップボックス、携帯型と据え置き型の家庭用コンシューマーゲーム機、ディジタルカメラや薄型テレビなどの高性能情報家電、ネットワーク機器や大規模なシステム制御といった組み込みシステムで比較的性能が要求される装置、比較的大きなデータを扱う必要のある電子装置に用いられており、狭義のCPUと呼ばれるものの主要な使用例である。CPU フレッシュアイペディアより)

  • CPU

    CPUから見たR3000

    一般に市販された製品としては、非同期設計を表に出したマイクロプロセッサはあまり一般的ではないが、研究室での試作といったレベルでは研究・試作はさかんに行われており、日本のものでは南谷らによるTITACなどが知られている。海外ではマンチェスター大によるARMベースのAMULETは(技術的ではない理由で中止にはなっているが)市販品に使用される予定があった。他にMIPS(R3000)ベースのMiniMIPSなどがある。CPU フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「CPU」のニューストピックワード