前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • ホンダ・インサイト

    ホンダ・インサイトから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、インサイトは「グリーンマシーン1号」である。Honda Green Machine Special Siteには、筧昌也が監督したショートムービーが公開されている。2008年12月11日から12月13日までの3日間、東京ビッグサイトで開催されたエコプロダクツ2008に出展され、2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行なわれるHonda Green Machine企画展には、CR-Z コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。ホンダ・インサイト フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のSUPER GT

    2012年のSUPER GTから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    カテゴリーA(BRZ・CR-Z)およびカテゴリーB車両(プリウス・IS350)に限り、14インチ幅のタイヤ、パドルシフトおよびトラクションコントロールシステムの使用が認められ、FIA-GT車両とのバランスを取る為に、リストリクター径拡大等の措置も同時に行われている。当初は2011年限りでエントリー不可とされていたカテゴリーCおよびD車両については、新規の参戦は認められず、前年度までエントリーしていたチーム及び車両のみ参加が可能となっている(リストリクター径の拡大はされているが、基本的にほぼ2011年と同じレギュレーションで走らなければいけないとされる)。2012年のSUPER GT フレッシュアイペディアより)

  • Honda IMAシステム

    Honda IMAシステムから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    当システムは、日本ではインサイト、シビックハイブリッド、CR-Z、フィットハイブリッド、フィットシャトルハイブリッド、フリードハイブリッド、フリードスパイクハイブリッド、北米では更にアコードハイブリッドに採用された。Honda IMAシステム フレッシュアイペディアより)

  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2月 - 本田技研工業がCR-Zを発売。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • オートカラーアウォード

    オートカラーアウォードから見たCR-Zホンダ・CR-Z

    ホライゾンターコイズパール(ext)/ブラック×シルバー(int)/CR-Z(シーアールズィー)(HONDA)オートカラーアウォード フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・ヴェロスター

    ヒュンダイ・ヴェロスターから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    この車種はヒュンダイ初のDCT搭載車種とする報道もあった。当初は韓国仕様車PDF版カタログ(韓国向け公式サイト内)には6速ATと従来型の6速MTが設定されているという旨のことしか記されて無かったが、後の2011年7月にDCTが搭載された。また、ライバル車種としてホンダ・CR-Z、サイオン・tC、MINIを想定しているとされる。また、前述のように変則的なボディースタイルを採用しているが、ドアはマツダ・RX-8のような観音開きにはなっていない。これは、観音開きだとフロントドアを開けなければリアドアが開かず不便だから、という理由らしい。ヒュンダイ・ヴェロスター フレッシュアイペディアより)

  • 侍コータロー

    侍コータローから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zで学ぶスポーツドライビング「夢の翼」(Honda公式サイト内)侍コータロー フレッシュアイペディアより)

  • インターナビ

    インターナビから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2010年2月 自動車業界として初の通信費無料の「リンクアップフリー」をCR-Zより開始した。インターナビ フレッシュアイペディアより)

  • バック音

    バック音から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    大抵は、「ピーピー」というような音が多い。軽自動車や初代フィット等一部を除くホンダ車は近年までは「キンコン、キンコン」と音が鳴る後退音を採用していたが、2016年に最後の採用車種であったホンダ・フリードが2代目へモデルチェンジしたのを機に消滅した。同社の現行車種の一部は「ピンポン、ピンポン(ホンダ・フリード(2代目)及びホンダ・ステップワゴン(5代目)及びホンダ・N-BOX(2代目))」と独特の音である。他にも、「ポーン、ポーン(ホンダ・レジェンド(4代目以降)、ホンダ・CR-Z、ホンダ・オデッセイ(5代目)、ホンダ・フィット(3代目)、レクサスGS、レクサスISなど)」という音のものや、オプション設定になっているもの、あるいは搭載されていない車もある。バック音 フレッシュアイペディアより)

  • グランツーリスモ5

    グランツーリスモ5から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    レーシングカー15台を追加する。レッドブル・X2011プロトタイプ、トヨタ・プリウス ツーリングカー、 日産・スカイラインGT-R R32 ツーリングカー、日産・スカイラインGT-R R33 ツーリングカー、日産・スカイラインGT-R R34 ツーリングカー、日産・GT-R R35 ツーリングカー、ホンダ・CR-Z、マツダ・RX-7 ツーリングカー、マツダ・ロードスター ツーリングカー、三菱・ランサーエボリューションX ツーリングカー、スバル・インプレッサ ツーリングカー、ダッジ・チャレンジャー ツーリングカー、レーシングカート Jr.、レーシングカート 100、レーシングカート 125。インストール後はカーディーラーでも購入可能。グランツーリスモ5 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「CR-Z」のニューストピックワード