44件中 11 - 20件表示
  • M-TEC

    M-TECから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    翌2006年(平成8年)より独自チームでの参戦はいったんなくなったが、2012年(平成24年)に第4戦(スポーツランドSUGO)よりCR-Zで参戦することが決まり、7月4日にツインリンクもてぎでのシェイクダウン走行と合わせて正式な体制が発表された。2013年(平成25年)にはアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞した結果、ドライバー/チームのシリーズチャンピオンを獲得した。2014年(平成26年)をもって「TEAM無限」としての参戦を取り止めた。M-TEC フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    ホンダ:〜3代目レジェンド、オデッセイ、ステップワゴン、シビック(8代目)、CR-Z、フリード(2代目)など。ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • 広汽本田汽車

    広汽本田汽車から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    フィットハイブリッド(GP1)とCR-Zについては日本からの完成車輸入での販売となるため、前車は17.98万元(日本円で約350万円)、後車は28.88万元(同約560万円)と非常に高価である(と同時に、後車は広汽本田汽車のラインナップで最も高価な車種でもある)。広汽本田汽車 フレッシュアイペディアより)

  • デジタルメーター

    デジタルメーターから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    21世紀に入り、三菱・i(アイ)、ホンダ・シビック、ホンダ・ステップワゴンなどをはじめ、軽自動車から商用車、二輪車まで、車種を問わず再び採用が増えている。信頼性の高い液晶パネルが安価に製造できるようになったことや、デザイン上の要求が主で、さらに表示方法についても「速度はデジタル表示だが、タコメーターはアナログ表示」(例:マツダ・RX-8、ホンダ・CR-Z、ホンダ・VFR1200F)といったハイブリッドタイプも見られる。また、近年はこのメーターに似たようなもので、航空機で普及している計器類を液晶モニタに映し出して表示する方法「グラスコックピット」を採用している車種もある。デジタルメーター フレッシュアイペディアより)

  • レカロ

    レカロから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    レカロのシートは、いわゆるファミリーカーと呼ばれる車にはそもそも設定がなく、これを標準もしくはオプションで設定する車種は一般的に言えば価格が高いものに限られている。日本車における採用例として、日産ではGT-Rやノート NISMO S、三菱ではランサーエボリューション・コルト・eKスポーツ、ホンダではタイプRシリーズ4車種(NSX-R・インテグラタイプR・シビックタイプR(シビックの3代目タイプRからは自社製に変更)・アコードユーロR)・CR-Z、スバルではインプレッサ(WRX STI)、マツダではロードスター・RX-7(FD3S)・RX-8、スズキではスイフト・スポーツ、アルトワークス、ダイハツではコペンなどスポーツ走行を意識した製品に多い。過去には特異な例としてホンダ・オデッセイ(3代目前期)にオプション設定、いすゞ・ジェミニのターボディーゼル車(JT600系中期・特別仕様のS/S)、三菱・ギャラン/三菱・レグナム(ともにスーパーVR-4)、三菱・RVR(初代・ハイパースポーツギア)に標準設定されたこともある。純正(またはメーカーオプション)装備品ゆえにシートレールを別途用意して他車種へ流用されることが多いが、シートによってはレールの取り付け穴がSR系とAM19系で違うことや、専用レールを採用するなど車種専用設計であるなどの制約があるため、他車種への流用にはシートのサイズに由来する物理的制約の点を含め注意が必要である。レカロ フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-X

    ホンダ・CR-Xから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2006年11月に開催されたロサンゼルスオートショーで「Honda REMIX Concept」、2007年2月に開催されたジュネーヴモーターショーで「Honda Small Hybrid Sports Concept」、同年10月に開催された東京モーターショー2007では「CR-Z」という名のコンセプトカーが出展され、CR-Zは2010年2月に市販化された。ホンダ・CR-X フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・インテグラ

    ホンダ・インテグラから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2006年9月を以って販売終了。これにより日本国内におけるホンダ車のラインアップからクーペ型車種が一時消滅、2010年2月に販売を開始したハイブリッド専用クーペのCR-Zが登場するまでの間、約4年間空白となった。ホンダ・インテグラ フレッシュアイペディアより)

  • スーパー耐久

    スーパー耐久から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    排気量が1,500cc以下(駆動方式は問わない)の車で争われる。主催者側ではマツダ・デミオ、三菱・コルト、ホンダ・フィット、トヨタ・ヴィッツなどの参戦を見込んでいる。このほか2010年現在、トヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト、ホンダ・CR-Zのハイブリッドカー3車種を特認車両として、本クラスへの参戦を認めている。スーパー耐久 フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・ポロ

    フォルクスワーゲン・ポロから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2010年11月9日 - 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、2010-2011 インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。同年日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したホンダ・CR-Zとは、9点という僅差での2位であった。フォルクスワーゲン・ポロ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のスポーツ

    2013年のスポーツから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    GT300クラス総合優勝:MUGEN CR-Z GT16号車(武藤英紀・中山友貴)2013年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

44件中 11 - 20件表示