32件中 11 - 20件表示
  • バック音

    バック音から見たCR-Zホンダ・CR-Z

    大抵は、「ピーピー」というような音が多いが、ホンダ車の現行車種の殆どは「ピンポン、ピンポン」と独特の音である。他にも、「ポーン、ポーン(レジェンド、CR-Z、レクサスGS,レクサスISなど)」という音のものや、オプション設定になっているもの、あるいは搭載されていない車もある。バック音 フレッシュアイペディアより)

  • ユーロNCAP

    ユーロNCAPから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    スモールファミリーカー(例:ヒュンダイ・i30、ホンダ・CR-Z、三菱・ランサー、BMW・3シリーズ)ユーロNCAP フレッシュアイペディアより)

  • ヒュンダイ・ヴェロスター

    ヒュンダイ・ヴェロスターから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    この車種はヒュンダイ初のDCT搭載車種とする報道もあった。当初は韓国仕様車PDF版カタログ(後述韓国向け公式サイト内)には6速ATと(従来型の)6速MTが設定されているという旨のことしか記されて無かったが、後の2011年7月にDCTが搭載された。また、ライバル車種としてホンダ・CR-Z、サイオン・tC、Miniを想定しているとされる。また、前述のように変則的なボディースタイルを採用しているが、ドアはマツダ・RX-8のような観音開きにはなっていない。これは、観音開きだとフロントドアを開けなければリアドアが開かず不便だから、と言うことが理由らしい。ヒュンダイ・ヴェロスター フレッシュアイペディアより)

  • オートカラーアウォード

    オートカラーアウォードから見たCR-Zホンダ・CR-Z

    ホライゾンターコイズパール(ext)/ブラック×シルバー(int)/CR-Z(シーアールズィー)(HONDA)オートカラーアウォード フレッシュアイペディアより)

  • フォルクスワーゲン・ポロ

    フォルクスワーゲン・ポロから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2010年11月9日 - 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する、2010-2011 インポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。同年日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したホンダ・CR-Zとは、9点という僅差での2位であった。フォルクスワーゲン・ポロ フレッシュアイペディアより)

  • 高木真一 (レーサー)

    高木真一 (レーサー)から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    レギュレーションの変更により、2013年からガライヤが使用出来なくなったため、車両をホンダ・CR-Zに変更することになった。高木真一 (レーサー) フレッシュアイペディアより)

  • 藤本幸太郎

    藤本幸太郎から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zで学ぶスポーツドライビング「夢の翼」(Honda公式サイト内)藤本幸太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ナット座ピッチ直径

    ナット座ピッチ直径から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    ホンダ:〜3代目レジェンド、オデッセイ、ステップワゴン、シビック(8代目)、CR-Zなど。ナット座ピッチ直径 フレッシュアイペディアより)

  • ARTA

    ARTAから見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    2013年は、マシンをホンダ・CR-Zに変更し、カーナンバーも43から55に変更される。ドライバーは前年までGT500クラスに参戦していた小林崇志が松浦孝亮と入れ替わり、高木真一とコンビを組む。ARTA フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業

    本田技研工業から見たホンダ・CR-Zホンダ・CR-Z

    生産品目 / フィット、フィットハイブリッド、フィットシャトル、インサイト、CR-Z、N BOX/N BOX+、N-ONE、四輪車用エンジン本田技研工業 フレッシュアイペディアより)

32件中 11 - 20件表示

「CR-Z」のニューストピックワード