86件中 21 - 30件表示
  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た直列4気筒

    搭載されるLEA型 1.5L 直4 SOHC i-VTECエンジンは、低回転時に2つの吸気バルブの片側を休止する1バルブ休止VTEC機構を採用し、低回転時のトルクと高回転時の出力を向上させながら、低燃費・クリーン性能を高次元で達成し、さらにIMAシステムの装備により、2.0Lガソリンエンジン並みの加速性能と低回転域のトルクを実現している。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たSOHC

    搭載されるLEA型 1.5L 直4 SOHC i-VTECエンジンは、低回転時に2つの吸気バルブの片側を休止する1バルブ休止VTEC機構を採用し、低回転時のトルクと高回転時の出力を向上させながら、低燃費・クリーン性能を高次元で達成し、さらにIMAシステムの装備により、2.0Lガソリンエンジン並みの加速性能と低回転域のトルクを実現している。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たリチウムイオン二次電池

    バッテリー種類:ニッケル・水素充電池 → リチウムイオン二次電池ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た乗用車

    CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケージは、CR-Xや初代インサイトを彷彿させるものである。2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、CR-Zは「グリーンマシーン3号」である。ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを装備する。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たASL・ガライヤ

    2013年にはTEAM 無限に加え、前年までASL・ガライヤを使用していたARTAもCR-Z GTで参戦することになった。そのARTAは第3戦(セパン)でCR-Z GT初勝利したのち第4戦(SUGO)も連勝した。TEAM 無限はアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞した結果、シリーズチャンピオンを獲得した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たホンダ・インサイト

    CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケージは、CR-Xや初代インサイトを彷彿させるものである。2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、CR-Zは「グリーンマシーン3号」である。ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを装備する。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たコンセプトカー

    10月26日 - 東京モーターショーで、CR-Zコンセプトが初公開された。この時は、ハッチバックのスポーツハイブリッドカーであること以外の詳細は、明かされなかった。同年12月19日の年末社長会見において、当時のホンダ社長の福井威夫が、これをベースにした車を市販すると発表した。2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行われたHonda Green Machine企画展に、インサイト・コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たスペシャルティカー

    CR-Z(シーアール-ズィー)は、本田技研工業が生産・販売していたハイブリッドエンジンを搭載したスペシャルティスポーツクーペである。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たホンダ・シビックタイプR

    軽量で高剛性なボディに新構造のフロントピラーや新開発のドアミラーの採用、ボディ下面の整流処理などを行い、ショート&ワイドボディでありながら、2代目インサイトと同等の空力性能を達成。また、欧州や北米など日本国外では比較的ポピュラーなシャークフィンアンテナを、日本国内で販売するホンダ車で初めて採用している。ドライビングポジションはシビックタイプRより約30mm低く設定され、スポーツドライビングを演出しているが、フロントウィンドウを左右に大きく回りこませ、コーナリング時の視界を確保している。後部座席は2名分装備されているが、初代CR-Xと同様に最小限の空間しか無く、大人は上半身をかがめて座る必要がある。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たプロトタイプレーシングカー

    2012年2月には、同年7月のSUPER GT 第4戦(SUGO)より、レーシングハイブリッドシステムを搭載した車両をGT300クラスに投入することが発表された。この車両にはLMP2クラス用のJ35A型をベースにしたV6 2.8L ツインターボエンジンがミッドシップ搭載され、本田技術研究所とザイテックで共同開発したハイブリッドシステムと組み合される。7月4日には、ツインリンクもてぎにおいて正式な体制発表とシェイクダウン走行が合わせて行なわれた。ホンダは、この車両で参戦する「TEAM 無限」の参戦サポートも行なう。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「CR-Z」のニューストピックワード