86件中 61 - 70件表示
  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たキロワット

    最高出力(CVT):83 kW (113 PS) / 6,000 rpm → 87 kW (118 PS) / 6,600rpmホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たニッケル・水素充電池

    バッテリー種類:ニッケル・水素充電池 → リチウムイオン二次電池ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たSUPER GT

    2011年に、フォーミュラ・ニッポンとSUPER GTの公式戦後に行なわれたJAFグランプリの、往年のドライバーによるレース「レジェンドカップ」において、M-TECによりオーバーテイクシステムなどの装備が追加された車両が使用された。この車両は、翌2012年より開催された「Honda Sports & Eco プログラム」でも使用された。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た坂道発進補助装置

    スポーツモデルとしては珍しく坂道発進補助装置も全車標準装備となっている(ホンダとしても初)。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たオートカラーアウォード

    12月15日 - ホライゾンターコイズパール(外装)とブラック×シルバー(内装)の組み合わせが、オートカラーアウォード2011グランプリを受賞した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たハッチバック

    10月26日 - 東京モーターショーで、CR-Zコンセプトが初公開された。この時は、ハッチバックのスポーツハイブリッドカーであること以外の詳細は、明かされなかった。同年12月19日の年末社長会見において、当時のホンダ社長の福井威夫が、これをベースにした車を市販すると発表した。2008年12月22日から2009年1月19日までホンダ本社で行われたHonda Green Machine企画展に、インサイト・コンセプトやFCXクラリティと共に展示された。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た無鉛

    使用燃料種類:無鉛レギュラーガソリンホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たARTA

    2013年にはTEAM 無限に加え、前年までASL・ガライヤを使用していたARTAもCR-Z GTで参戦することになった。そのARTAは第3戦(セパン)でCR-Z GT初勝利したのち第4戦(SUGO)も連勝した。TEAM 無限はアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞した結果、シリーズチャンピオンを獲得した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た特別仕様車

    1月26日 - シート表皮、ドアライニング、ステアリングスイッチ、シフトノブ&ブーツステッチ(6速MT車のみ)をボルドーで統一し、ペダル類にメタル製のプレミアムペダルを採用した特別仕様車「α・Dressed label(ドレスト レーベル)」を発売した(発売は5月31日までの期間限定販売)。ボディカラーは新色で本仕様専用色を含む4色を設定した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たrpm (単位)

    最高出力(CVT):83 kW (113 PS) / 6,000 rpm → 87 kW (118 PS) / 6,600rpmホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

86件中 61 - 70件表示