86件中 71 - 80件表示
  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たスマートエントリー

    グレード体系は、ベーシックグレードの「β」と、クルーズコントロールや軽量アルミホイール、Hondaスマートキーシステムなどを装備した上級グレードの「α」、17インチ・タイヤと合成皮革&ファブリック・コンビシートを装備した最上級グレードの「α Master Level」の3グレードとなる。いずれもオーディオレス仕様で、6速MT、CVT共に同一の価格となる。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たアンビエント

    ドライブ・バイ・ワイヤ(DBW)、モーターアシスト(ハイブリッドシステム制御)、CVT変速制御、電動パワーステアリング(EPS)、エア・コンディショナーなどを統合制御する『3ドライブモードシステム』を搭載する。きびきびとした走りと燃費性能を両立した「NORMALモード」、エンジンのトルク感を強調し、しっかりとした特性のあるステアリングとすることで、レスポンスの良い走りと手応えのあるハンドリングにより痛快な走りを楽しめる「SPORTモード」、エンジンのスロットル開度を控えめに制御しつつ、最適なエンジン効率を求めたモーターアシスト、エアコンの省エネ運転、アイドリングストップ時間の延長など、実用燃費向上を重視した「ECONモード」を備え、状況に応じて、ボタン一つで簡単に切り替えられる。NORMALまたはECONモード時には、燃費の良い運転をするとスピードメーター外周の照明が青色から緑色に変化するアンビエントメーターなどの、エコアシスト機能も備わる。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た水冷エンジン

    エンジン種類:水冷直列4気筒横置きホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たドライブ・バイ・ワイヤ

    ドライブ・バイ・ワイヤ(DBW)、モーターアシスト(ハイブリッドシステム制御)、CVT変速制御、電動パワーステアリング(EPS)、エア・コンディショナーなどを統合制御する『3ドライブモードシステム』を搭載する。きびきびとした走りと燃費性能を両立した「NORMALモード」、エンジンのトルク感を強調し、しっかりとした特性のあるステアリングとすることで、レスポンスの良い走りと手応えのあるハンドリングにより痛快な走りを楽しめる「SPORTモード」、エンジンのスロットル開度を控えめに制御しつつ、最適なエンジン効率を求めたモーターアシスト、エアコンの省エネ運転、アイドリングストップ時間の延長など、実用燃費向上を重視した「ECONモード」を備え、状況に応じて、ボタン一つで簡単に切り替えられる。NORMALまたはECONモード時には、燃費の良い運転をするとスピードメーター外周の照明が青色から緑色に変化するアンビエントメーターなどの、エコアシスト機能も備わる。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たセパン・インターナショナル・サーキット

    2013年にはTEAM 無限に加え、前年までASL・ガライヤを使用していたARTAもCR-Z GTで参戦することになった。そのARTAは第3戦(セパン)でCR-Z GT初勝利したのち第4戦(SUGO)も連勝した。TEAM 無限はアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞した結果、シリーズチャンピオンを獲得した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たi-VTEC

    CR-Zは、環境負荷の軽減が優先されるハイブリッドカーでも運転する楽しさを感じられる、スポーツ性を融合させた乗用車である。2+2のライトウェイトスポーツというパッケージは、CR-Xや初代インサイトを彷彿させるものである。2008年以降発売される地球環境を意識した車両を、ホンダでは「Honda Green Machine」と称し、CR-Zは「グリーンマシーン3号」である。ハイブリッドシステムは、1.5L i-VTECエンジンとHonda IMAシステムを装備する。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たV型6気筒

    2012年2月には、同年7月のSUPER GT 第4戦(SUGO)より、レーシングハイブリッドシステムを搭載した車両をGT300クラスに投入することが発表された。この車両にはLMP2クラス用のJ35A型をベースにしたV6 2.8L ツインターボエンジンがミッドシップ搭載され、本田技術研究所とザイテックで共同開発したハイブリッドシステムと組み合される。7月4日には、ツインリンクもてぎにおいて正式な体制発表とシェイクダウン走行が合わせて行なわれた。ホンダは、この車両で参戦する「TEAM 無限」の参戦サポートも行なう。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たエア・コンディショナー

    ドライブ・バイ・ワイヤ(DBW)、モーターアシスト(ハイブリッドシステム制御)、CVT変速制御、電動パワーステアリング(EPS)、エア・コンディショナーなどを統合制御する『3ドライブモードシステム』を搭載する。きびきびとした走りと燃費性能を両立した「NORMALモード」、エンジンのトルク感を強調し、しっかりとした特性のあるステアリングとすることで、レスポンスの良い走りと手応えのあるハンドリングにより痛快な走りを楽しめる「SPORTモード」、エンジンのスロットル開度を控えめに制御しつつ、最適なエンジン効率を求めたモーターアシスト、エアコンの省エネ運転、アイドリングストップ時間の延長など、実用燃費向上を重視した「ECONモード」を備え、状況に応じて、ボタン一つで簡単に切り替えられる。NORMALまたはECONモード時には、燃費の良い運転をするとスピードメーター外周の照明が青色から緑色に変化するアンビエントメーターなどの、エコアシスト機能も備わる。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たボルト (単位)

    定格電圧:100 V → 114 Vホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たアジアン・ル・マン・シリーズ

    2013年にはTEAM 無限に加え、前年までASL・ガライヤを使用していたARTAもCR-Z GTで参戦することになった。そのARTAは第3戦(セパン)でCR-Z GT初勝利したのち第4戦(SUGO)も連勝した。TEAM 無限はアジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第5戦(富士)で優勝したほか全戦で入賞した結果、シリーズチャンピオンを獲得した。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

86件中 71 - 80件表示