1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
86件中 81 - 86件表示
  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たツインリンクもてぎ

    2012年2月には、同年7月のSUPER GT 第4戦(SUGO)より、レーシングハイブリッドシステムを搭載した車両をGT300クラスに投入することが発表された。この車両にはLMP2クラス用のJ35A型をベースにしたV6 2.8L ツインターボエンジンがミッドシップ搭載され、本田技術研究所とザイテックで共同開発したハイブリッドシステムと組み合される。7月4日には、ツインリンクもてぎにおいて正式な体制発表とシェイクダウン走行が合わせて行なわれた。ホンダは、この車両で参戦する「TEAM 無限」の参戦サポートも行なう。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たトランスミッション

    それに組み合されるトランスミッションには、スポーツ走行にも適した専用設計の6速MTと、パドルシフトを採用し低燃費走行からスポーツ走行まで対応するCVTの2種類を設定した。CVTはホンダ初となる前進がDレンジのみの仕様となっている。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た電圧

    9月27日 - マイナーチェンジを発表した(発売は翌9月28日)。日本国内におけるホンダ製のハイブリッドカーでは初となるリチウムイオンバッテリーを搭載し、バッテリー電圧を高めたことでモーター出力を向上した。エンジンは、高回転化するとともに内部の抵抗を軽減し、出力を向上した。発電頻度の低減やCVTの効率向上も合わさって燃費を向上した。さらに、力強い加速を瞬時に実現できるPLUS SPORTシステムも採用した。外装ではフロントバンパーやリアディフューザー等のデザインを変更し、8連LEDポジショニングランプを採用した。内装も素材やデザイン、配色の変更を行った。また、専用サスペンションチューニングを施すとともに、17インチ軽量アルミホイール(「α・Master label」に標準装備、「α」でもオプションにて装備可能)を採用したことでコーナリング性能と乗り心地を高次元で両立した。なお、今回のマイナーチェンジに伴い、車両型式がZF2型となった。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見た北米国際オートショー

    1月11日 - 量産モデルが北米国際オートショーでデビューし、合わせて日本国内仕様の概要も発表された。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たミッドシップ

    2012年2月には、同年7月のSUPER GT 第4戦(SUGO)より、レーシングハイブリッドシステムを搭載した車両をGT300クラスに投入することが発表された。この車両にはLMP2クラス用のJ35A型をベースにしたV6 2.8L ツインターボエンジンがミッドシップ搭載され、本田技術研究所とザイテックで共同開発したハイブリッドシステムと組み合される。7月4日には、ツインリンクもてぎにおいて正式な体制発表とシェイクダウン走行が合わせて行なわれた。ホンダは、この車両で参戦する「TEAM 無限」の参戦サポートも行なう。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

  • ホンダ・CR-Z

    ホンダ・CR-Zから見たナット座ピッチ直径

    走行性能向上のためタイヤはインサイトより大きな195/55R16が装着され、ホイールの固定部もP.C.D. 114.3/5穴になっている。ホンダ・CR-Z フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
86件中 81 - 86件表示