431件中 21 - 30件表示
  • リング (格闘技)

    リング (格闘技)から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    ただし、アイスリボンでは道場兼常設会場ができる以前、市ヶ谷アイスボックスなどでの興行においてはリングの代わりにユニエバーの青いマットが使用されていた。当然ロープはなく、コーナーポストも鉄柱の替わりに脚立が使われた。このほか、埼玉プロレスや阿佐ヶ谷ロフトの阿佐ヶ谷プロレス、タイを拠点とする我闘雲舞など、資金面や会場サイズなどの都合でリングを使用しない興行もある。また、WWEやDRAGON GATEでは試合中リングが崩壊するアクシデントに見舞われ、後続の試合を残されたマットのみで行ったこともあった。DDTプロレスリングでは街角や野外でリングはおろかマットも使用しない興行も行われている。リング (格闘技) フレッシュアイペディアより)

  • 荒巻豊志

    荒巻豊志から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    2014年8月よりDDTが開始したDDTドラマティック総選挙にエントリーして中間発表で20位をマーク。最終的に25位となり入選順位である24位に届かず落選した。荒巻豊志 フレッシュアイペディアより)

  • 柿本大地

    柿本大地から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    柿本 大地(かきもと だいち、1983年9月26日 - )は、日本の男性プロレスラー。DDTプロレスリングに所属していた。奈良県出身。JDスター女子プロレス所属の女子プロレスラー(現スターダムのゼネラルマネージャー)風香は実の妹。奈良市議会議員・柿本元気は実の兄。柿本大地 フレッシュアイペディアより)

  • 甲田哲也

    甲田哲也から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    甲田 哲也(こうだ てつや、1970年9月6日 - )は、日本の実業家。NEO女子プロレスの運営会社「有限会社ネオ・エンターテイメント」の元代表取締役社長で、現在は株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部長。長野県北佐久郡軽井沢町出身。甲田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • 帯広さやか

    帯広さやかから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    5月17日、我闘雲舞市ヶ谷大会で、さくらが持ついつでもどこでも挑戦権を賭けて遠藤哲哉(DDT)と組んで、さくら&高梨組と対戦し、遠藤ごとさくらをバースで破って挑戦権を獲得。座談会では遠藤と意気投合して「チーム遠藤」(帯広&遠藤&さくら&「ことり」)を結成。帯広さやか フレッシュアイペディアより)

  • アイアンマンヘビーメタル級王座

    アイアンマンヘビーメタル級王座から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    アイアンマンヘビーメタル級王座(アイアンマンヘビーメタルきゅうおうざ)は、ポイズン澤田が創立したDDTプロレスリングが管理する王座。アイアンマンヘビーメタル級王座 フレッシュアイペディアより)

  • 新北京プロレス

    新北京プロレスから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    2007年3月11日、DDTプロレスリング北沢タウンホール大会でDDTの4ブランド対抗戦に勝利した趙雲が神龍(シェンロン)に「新北京プロレスの日本公演」を頼み日本公演の開催が決定(タッグパートナーであった藤岡典一の「童貞を捨てる」という願いは「常識の範囲を超えている」という理由で叶えられなかった)。新北京プロレス フレッシュアイペディアより)

  • ハードヒット

    ハードヒットから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    2008年2月、DDTプロレスリングの別ブランドとして設立。「スポーツライク」のコンセプトの元に通常のプロレスルールに加えてダウンやロープエスケープで減点となるロストポイント制を採用して元UWFインターナショナルレフェリーの和田良覚がルール監修を行った。ハードヒット フレッシュアイペディアより)

  • 酒場プロレス

    酒場プロレスから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    酒場プロレス(さかばプロレス)は、プロレスリングBASARAの別ブランドによるプロレス&スポーツBar ドロップキックの店員(選手)を中心としたプロレス興行。酒場プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 菊タロー

    菊タローから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    正体とされる菊澤は、栗栖正伸トレーニングジムにてプロレスの基礎を学んだ後、W★INGプロモーションに練習生として入団するが、デビュー前に退団。その後、ユニバーサル・プロレスリングに入団して、ほとんどの所属選手が、みちのくプロレスに移籍するなか、同団体に残り、1994年にユニバーサル・プロレスリングから改名したFULLで正式にプロレスデビューする。デビューしてしばらくの間、FULL所属としてインディー団体に登場したが、FULLが活動を停止した後、フリーランスとして様々なプロレス団体に出場して大仁田厚と組んでデスマッチを行っていたこともあった。一時期はDDTプロレスリング所属だったこともある。また、NOSAWAと組んで東京愚連隊を結成してアメリカやメキシコの団体で活動していた。この頃、素顔だけでなく様々な覆面レスラーに変装してインディー団体に登場している。菊タロー フレッシュアイペディアより)

431件中 21 - 30件表示

「DDT」のニューストピックワード

  • POWER HALL2018〜Battle of another dimension〜

  • 米軍普天間飛行場

  • 伝票4286枚