293件中 31 - 40件表示
  • 甲田哲也

    甲田哲也から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    甲田 哲也(こうだ てつや、1970年9月6日 - )は、日本の実業家。NEO女子プロレスの運営会社「有限会社ネオ・エンターテイメント」の元代表取締役社長で、現在は株式会社DDTプロレスリング・東京女子プロレス事業部長。長野県出身。甲田哲也 フレッシュアイペディアより)

  • チーム・ドリーム・フューチャーズ

    チーム・ドリーム・フューチャーズから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    チーム・ドリーム・フューチャーズは、石井慧介と高尾蒼馬と入江茂弘の3人で結成されたDDTプロレスリングのユニットである。略称はチームドリフ。往年のコミックバンドであるザ・ドリフターズを略称に懸けており、ドリフのギャグをモチーフとしたパフォーマンスも披露する。チーム・ドリーム・フューチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • バンビ (プロレスラー)

    バンビ (プロレスラー)から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    DDTの「昭和」子。KAIENTAI-DOJOに移籍後、バンビとして再デビューした。バンビ (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 高木省吾

    高木省吾から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    高木 省吾(たかぎ しょうご、1976年10月5日 - )は、日本のプロレスラー。静岡県清水市(現・静岡市清水区)出身。プロレスリングElDorado所属。ファンや選手からはジェットの愛称で呼称される事が多い。DDTプロレスリングでは"ジェット"省吾のリングネームで参戦している。高木省吾 フレッシュアイペディアより)

  • NEVER (プロレス興行)

    NEVER (プロレス興行)から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    平田一喜(DDTプロレスリング/第5回、第6回)NEVER (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • NEO女子プロレス

    NEO女子プロレスから見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    旗揚げから2年後の1999年、DDTプロレスリングとの提携などを模索するも、経営不振からオーナーを始めとするほとんどのスタッフが離脱し(当時のオーナーは起死回生の手段として、大会場での興行を行う考えがあったが、地道な興行で手堅く維持を図ろうとする後の社長の甲田哲也との間で意見の相違があったとされている)、2000年1月6日後楽園大会を最後に解散。NEO女子プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 大石真翔

    大石真翔から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    静岡県富士市出身。身長170cm、体重75kg。血液型A型。DDT所属。日本大学三島高校卒業後、八戸工業大学に進学。大学ではサンボ部に所属し、全国大会で優勝した事もある。大学卒業後、KAIENTAI-DOJOに入団。大石真翔 フレッシュアイペディアより)

  • 彰人

    彰人から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    3月3日、DDT主催の若手興行「月刊若手通信」に初出場、以降レギュラーに。彰人 フレッシュアイペディアより)

  • 福田洋

    福田洋から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    11月27日、DDTプロレス後楽園大会で団体内ユニット「ほもいろクローバーZ」の緑メンバーオーディションバトルロイヤルに参戦。グラン浜田、みなみ飛香、彰人とともに選ばれ、以降ほもクロの正式メンバーとなる。福田洋 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野啓太

    矢野啓太から見たDDTプロレスリングDDTプロレスリング

    2010年2月、第一回DDT若手通信にて当時同団体からプッシュを受けていた石井慧介を一部で囁かられたワークの範囲外であるシュートまがい(本人は否定)なレスリングで終始圧倒し、相手を15分強にわたって苦しめた(試合は石井の勝利)。試合後のインタビューで矢野は「結果には負けて勝負には勝った。結果以外は完勝。」と述べている(週刊プロレスインタビュー参照)。矢野啓太 フレッシュアイペディアより)

293件中 31 - 40件表示