332件中 11 - 20件表示
  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たMIKAMI

    1997年4月1日、武藤伸太郎がPWCを退団した高木三四郎、三上恭平(現:MIKAMI)、野沢一茂(現:NOSAWA論外)を招いてドラマチック・ドリーム・チーム(DDT)として設立。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た中澤マイケル

    最高経営責任者制からゼネラルマネージャー制への移行を宣言して中澤マイケルが最高経営責任者を解任するとともにゼネラルマネージャー決定戦を実施。その結果、坂井推薦の鶴見亜門がゼネラルマネジャーに就任。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たHARASHIMA

    年末には正規軍に活を入れるべく蝶野正洋スタイルに扮した高木、天山広吉スタイル(角をつけただけ)のKUDO、おまけの矢郷さんと共に(後にアシュレイ"ノートン"サウザーが加入)ヒールユニット「チーム・2サウザンアイランド」を結成。期間は短かったもののMIKAMIやHARASHIMAを奮起させた。しかし、その後は蛇界、DISASTER BOX、イタリアンフォーホースメンなどのチームが次々と解散、活動休止、帰国となってしまう(後に蛇界は新・蛇界転生として復活)。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たチェリー (プロレスラー)

    10月7日、同年10月4日に解散したユニオンプロレスより、諸橋晴也、チェリー、レディビアードの3名がDDT所属選手になる(諸橋、チェリーはDDT復帰)。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たマッスル坂井

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たして更にはグローバル・レスリング連盟への加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍とは以前から交流があった)、4月1日、後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木&坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た赤井沙希

    18日は「両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」。ファッションモデルでタレントの赤井沙希プロレスデビュー。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た佐々木貴

    5月14日、北沢タウンホールで旗揚げ戦を開催。この時、IWA格闘志塾(現:国際プロレスプロモーション)より、佐々木貴が移籍して4人で旗揚げとなった。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た入江茂弘

    1月27日、入江茂弘がプロレスリング・チームでらから移籍。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たディック東郷

    抜群のチームワークを誇ったaWoが、まさかのディック東郷の裏切り、大鷲、晴也と結託したヒールユニット「メタルヴァンパイア」の誕生により解散に追い込まれた。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た新藤力也

    新藤力也(リングアナウンサー)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

332件中 11 - 20件表示

「DDT」のニューストピックワード