206件中 11 - 20件表示
  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たMIKAMI

    1997年に武藤伸太郎がPWCを離脱した高木三四郎、野沢一茂、三上恭平らとともに発足した。3月25日に日比谷にあったディスコ「ラジオシティ」でプレ旗揚げ戦、5月14日に北沢タウンホールで旗揚げ戦が行われた。以降、東京都(現在は主に後楽園ホール)を活動拠点に活動しており、年に数度地方遠征も行っている。15周年に当たる2012年には日本武道館進出を果たし、インディ起点として最も成功した団体のひとつと言える。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た石川修司

    11月29日、後楽園大会においてユニオンの石川修司がKO-D王者の飯伏幸太を破り、傘下団体ながらKO-Dのベルトが初めてDDTから流出した。また、この日行われた監獄島とタイアップした経営権争奪バトルロイヤルで中澤マイケルが優勝、CEOに就任した。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た中澤マイケル

    中澤マイケル (元CEO、旧:中澤原マイケル、ドン・マイケル)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たチェリー (プロレスラー)

    ユニオン所属のチェリープロデュースによる女子興行。ブランドとしてはユニオンの系列として扱われる。他女子団体の選手のほか、DDTやユニオンの選手の「親戚」が参戦する。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たマッスル坂井

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たし、更にはGPWAへの加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍取締役とは以前から交流があった)、4月1日の後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの総帥・三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木・坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た中西学

    中西学(新日本プロレス)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た小島聡

    小島聡(新日本プロレス)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た大森隆男

    大森隆男(全日本プロレス)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た蝶野正洋

    年末には正規軍に活を入れるべく蝶野正洋スタイルに扮した高木、天山広吉スタイル(角をつけただけ)のKUDO、おまけの矢郷さんと共に(後にアシュレイ"ノートン"サウザーが加入)ヒールユニット「チーム2サウザンアイランド」を結成。期間は短かったもののMIKAMIやHARASHIMAを奮起させた。しかしその後は蛇界、DISASTER BOX、イタリアンフォーホースメンなどのチームが次々と解散、活動休止、帰国となってしまう(後に蛇界は新・蛇界転生として復活)。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た坂口征夫

    坂口征夫 (総合格闘家)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

206件中 11 - 20件表示

「DDT」のニューストピックワード