206件中 21 - 30件表示
  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た獣神サンダー・ライガー

    獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たレイザーラモンRG

    RG(元ハッスル)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た森嶋猛

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たし、更にはGPWAへの加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍取締役とは以前から交流があった)、4月1日の後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの総帥・三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木・坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た長島☆自演乙☆雄一郎

    安部行洋(旧:AVE初号機、安部★自演乙★行洋、フリー)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た田上明

    田上明(プロレスリング・ノア)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た田口隆祐

    田口隆祐(新日本プロレス)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た三沢光晴

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たし、更にはGPWAへの加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍取締役とは以前から交流があった)、4月1日の後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの総帥・三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木・坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た松野行秀

    2005年に一宮が引退し社長も辞任。そのため2006年1月29日後楽園大会にて社長職をかけて高木、三和兄弟(三和会長と弟の三和太)、泉州力、大鷲透、ゴージャス松野、すぎはら美里、子川直也、大家健、ヨシヒコの10人でロイヤルランブルを行い、優勝した高木が4代目社長に就任した。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た東京電力

    3月27日後楽園ホール、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)及び東京電力・福島第一原子力発電所での事故による電力事情悪化を受け、通常使用する映像の代替として控え室でのやりとりをリング上で行うといった節電興行を実施。またメインではKO-D無差別級王座に飯伏幸太が挑戦。この年のFIGHTING TV サムライ「インディーのお仕事」制定日本インディー大賞ベスト興行賞・ベストバウトをダブル受賞。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た一宮章一

    エンターテインメント色が強く、プロレス記者の鈴木健.txtによりこのスタイルを「文化系プロレス」(高木の著書に「俺たち文化系プロレス DDT」がある)と名づけられた。前社長の一宮章一は「小さなWWE」と表現したことがある。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

206件中 21 - 30件表示

「DDT」のニューストピックワード