332件中 41 - 50件表示
  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た曙太郎

    ケニー・オメガが世界ジュニアヘビー級王座奪取も果たしている。全日本からはカズ・ハヤシ、KAIらが参戦した。最近では全日本プロレス元練習生の石井慧介属するチーム・ドリーム・フューチャーズが全日本に、逆に全日本からは所属となったが(フリー時より継続して)DDTに参戦している。2014年4月29日のDDT後楽園大会では全日本(PWF)が管理するアジアタッグ王座の防衛戦が行われ、チーム・ドリフが奪取、王座を奪われた秋山準は引き換えにアイアンマンヘビーメタル級王座を獲得した。逆に8月30日の全日本愛知県体育館大会でチーム・ドリフが持つKO-D6人タッグ王座が懸けられたこともある。また、若手・練習生がおらず手不足だった2013年の全日本のシリーズにDDTの練習生を貸し出し。現在、新日やノア、大日本との関係が悪化している全日本にとって主要な交流団体となっている。また三富政行も地方大会に何度か参戦している。2015年6月には高尾蒼馬だけが1シリーズ参戦のほか、欠場でレンタル移籍の流れた当時ユニオンの福田洋も参戦。10月のシリーズと世界最強決定タッグリーグには星誕期も参戦。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た棚橋弘至

    新日本日本武道館大会に試合提供をしたことがある。現在は飯伏幸太を中心に、相互に選手が参戦。DDT年間最大の大会である両国(武道館)ピーターパンには中西学、真壁刀義、プリンス・デヴィット、オカダ・カズチカ、棚橋弘至など主力選手が毎年参戦している。両国以外にも獣神サンダー・ライガー、天山広吉、小島聡、高橋広夢も参戦している。飯伏はベスト・オブ・ザ・スーパージュニア優勝、ニュージャパン・カップ優勝、3度のIWGPジュニアヘビー級王座戴冠歴もある他、業界初の新日本とのダブル所属を成し遂げている。ケニー・オメガはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにてデヴィット、アレックス・シェリーをいずれも路上に巻き込んでいる。男色ディーノは、新日本・CMLL合同主催の「ファンタスティカマニア」に所属外ながら出場、CMLLのオカマレスラーであるマキシモとのタッグが実現している。2015年の新日本シンガポール大会では現地の団体SPWからの提供試合に中澤マイケルが出場。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た森嶋猛

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たして更にはグローバル・レスリング連盟への加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍とは以前から交流があった)、4月1日、後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木&坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た高山堂

    高山善廣(高山堂)(長期欠場中)DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た鈴木みのる

    かつてレギュラー参戦の佐藤光留がパンクラスMISSION所属であり、鈴木みのるも主にビッグマッチに参戦している。また、DDTブランドとして行われていた「ハードヒット」が光留プロデュースに移行してからは移行当時パンクラス社長だった川村亮を始めパンクラスで活躍する総合格闘家が多数参戦している。鈴木みのるは高木にドーム進出の時の対戦を要求された。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た佐々木健介

    GPWAが活動していた時代には相互参戦を盛んに行っていた。その後も佐々木健介が2013年に男色ディーノ&大石真翔とKO-D6人タッグ王座を戴冠。中嶋勝彦も主にビッグマッチに参戦。DDTからは飯伏や中澤マイケルやディーノらが参戦し、飯伏は中嶋とタッグを組んだこともある。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た橋本友彦

    8月24日、DDTタッグリーグ戦が開幕。9月14日に優勝決定戦が行われ木村&橋本友彦のタッグチーム「スーパー・レッスル」が優勝。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たカズ・ハヤシ

    ケニー・オメガが世界ジュニアヘビー級王座奪取も果たしている。全日本からはカズ・ハヤシ、KAIらが参戦した。最近では全日本プロレス元練習生の石井慧介属するチーム・ドリーム・フューチャーズが全日本に、逆に全日本からは所属となった曙が(フリー時より継続して)DDTに参戦している。2014年4月29日のDDT後楽園大会では全日本(PWF)が管理するアジアタッグ王座の防衛戦が行われ、チーム・ドリフが奪取、王座を奪われた秋山準は引き換えにアイアンマンヘビーメタル級王座を獲得した。逆に8月30日の全日本愛知県体育館大会でチーム・ドリフが持つKO-D6人タッグ王座が懸けられたこともある。また、若手・練習生がおらず手不足だった2013年の全日本のシリーズにDDTの練習生を貸し出し。現在、新日やノア、大日本との関係が悪化している全日本にとって主要な交流団体となっている。また三富政行も地方大会に何度か参戦している。2015年6月には高尾蒼馬だけが1シリーズ参戦のほか、欠場でレンタル移籍の流れた当時ユニオンの福田洋も参戦。10月のシリーズと世界最強決定タッグリーグには星誕期も参戦。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た浅草花やしき

    6月5日、「DDT×BiS異種対バン路上ライブプロレス」を浅草花やしきで開催。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たのの子

    スタッフ : チェリー、山下実優(東京女子プロレス)、関根龍一(プロレスリングBASARA)、トランザム★ヒロシ(プロレスリングBASARA)、中津良太(プロレスリングBASARA)、新藤力也(プロレスリングBASARA)、中野貴人(プロレスリングBASARA)、勝俣瞬馬(DDT NEW ATTITUDE)、SAGAT(プロレスリングBASARA)、上野勇希(DDT NEW ATTITUDE)、飯野雄貴(DDT NEW ATTITUDE)、のの子DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

332件中 41 - 50件表示

「DDT」のニューストピックワード