332件中 81 - 90件表示
  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たすぎはら美里

    1月29日、後楽園ホールで社長職をかけて高木、三和兄弟(会長の三和と弟の三和太)、泉州力、大鷲透、ゴージャス松野、すぎはら美里、子川直也、大家健、ヨシヒコの10人でロイヤルランブルを行い、優勝した高木が社長に就任。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た藤本つかさ

    松永智充がかつて「スリーカウント松永」名義でレフェリーを務めている。選手として伊橋とも参戦をしているほかチェリーが定期参戦中。しかし中澤マイケルは「精神的デスマッチ」をやったとして出入り禁止。アイスリボン側からは藤本つかさ、星ハム子などが参戦をしている。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た今林久弥

    最高経営責任者制からゼネラルマネージャー制への移行を宣言して中澤マイケルが最高経営責任者を解任するとともにゼネラルマネージャー決定戦を実施。その結果、坂井推薦の鶴見亜門がゼネラルマネジャーに就任。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た松野行秀

    1月29日、後楽園ホールで社長職をかけて高木、三和兄弟(会長の三和と弟の三和太)、泉州力、大鷲透、ゴージャス松野、すぎはら美里、子川直也、大家健、ヨシヒコの10人でロイヤルランブルを行い、優勝した高木が社長に就任。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たプロレスリング・ノア

    上記の他団体派遣で飯伏幸太らが参戦を果たして更にはグローバル・レスリング連盟への加入もあってかプロレスリング・ノアとのパイプも出来て(ちなみに高木とノアの仲田龍とは以前から交流があった)、4月1日、後楽園ホール大会で丸藤正道がノア所属選手として初めてDDTマットに立った。以降も飯伏がノアのシリーズにスポット参戦したり、マッスル坂井の対戦相手として森嶋猛が逆にDDT参戦を果たし、更には12月9日の新潟フェイズサヨナラ興行には、ノアの三沢光晴が「超大物X」としてシークレット参戦(鈴木鼓太郎とのタッグで高木&坂井組と対戦。ちなみに当初は坂井ではなく、偽沢光晴こと一宮が対戦する予定だったが、一宮が肺気胸のため参戦をキャンセルした)を果たした。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たKAIENTAI DOJO

    11月27日、後楽園ホールでヤス・ウラノ、本多、火野裕士(KAIENTAI DOJO)、矢野啓太(プロフェッショナルレスリング・ワラビー)が「Crying Wolf」を結成。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たGAMI

    チェリーが定期参戦のみならず若手中心ブランド「ヤング オー!オー!」終身名誉顧問を務める。DDT側からはディーノや木高など、WAVE側から大畠美咲などが参戦。GAMIもDDTに参戦していた。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たKAI (プロレスラー)

    ケニー・オメガが世界ジュニアヘビー級王座奪取も果たしている。全日本からはカズ・ハヤシ、KAIらが参戦した。最近では全日本プロレス元練習生の石井慧介属するチーム・ドリーム・フューチャーズが全日本に、逆に全日本からは所属となった曙が(フリー時より継続して)DDTに参戦している。2014年4月29日のDDT後楽園大会では全日本(PWF)が管理するアジアタッグ王座の防衛戦が行われ、チーム・ドリフが奪取、王座を奪われた秋山準は引き換えにアイアンマンヘビーメタル級王座を獲得した。逆に8月30日の全日本愛知県体育館大会でチーム・ドリフが持つKO-D6人タッグ王座が懸けられたこともある。また、若手・練習生がおらず手不足だった2013年の全日本のシリーズにDDTの練習生を貸し出し。現在、新日やノア、大日本との関係が悪化している全日本にとって主要な交流団体となっている。また三富政行も地方大会に何度か参戦している。2015年6月には高尾蒼馬だけが1シリーズ参戦のほか、欠場でレンタル移籍の流れた当時ユニオンの福田洋も参戦。10月のシリーズと世界最強決定タッグリーグには星誕期も参戦。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たKUDO

    前出のとおり、高木三四郎大社長とノアの元ゼネラルマネージャー仲田龍の交流から友好関係にあり、ノアが中心となって設立されたGPWAにも加盟していた。過去には飯伏幸太やマサ高梨が参戦。高梨は原点回帰のため本名の高梨将弘のリングネームで同期の石森太二と対戦している。2007年の新潟大会のメインで鈴木鼓太郎のパートナーXとして三沢光晴が登場した。だが、仲田亡き後はノアの興行にDDTの選手が、DDTの興行にノアの選手がそれぞれ出場するケースは少なくなっている。2014年7月20日に石森太二がスペシャルマッチに参戦。2015年9月に行われた「日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦」にDDT選抜メンバーとしてKUDO・梅田公太組が参戦。2017年7月に行われた「日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦」に勝俣瞬馬・MAO組が参戦。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見たアップアップガールズ(仮)

    2月19日、「アップアップDDT(仮)〜アップアップガールズ(仮) vs ほもいろクローバーZ、アイドルvsプロレス異種対バン戦Vol.1〜」を新宿FACEで開催。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

332件中 81 - 90件表示

「DDT」のニューストピックワード