前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
443件中 1 - 10件表示
  • 救命病棟24時

    救命病棟24時から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    全シリーズ通じて主題歌はDREAMS COME TRUEの楽曲が起用され、中村正人は第1・第2シリーズにて音楽を担当している。救命病棟24時 フレッシュアイペディアより)

  • SING OR DIE

    SING OR DIEから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    『SING OR DIE』(シング・オア・ダイ)は、DREAMS COME TRUEのアルバム。SING OR DIE フレッシュアイペディアより)

  • SAL (バンド)

    SAL (バンド)から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    SAL結成前、DJ COUNTRYとして活動していたYOHEYが、映画「GLOWING GROWING」の音楽監修を務めるにあたって、ケツメイシのシングル「手紙 過去〜」にゲストMCとして参加するなど純日本語によるリアルなメッセージをポエトリーリーディングスタイルで表現するD-THE 369と出会い、後にシングルとしてリリースされる「Where is freedom?」の原曲が完成する。その後、2002年にボーカルの有輝を加えSALが結成され、YOHEYが、DREAMS COME TRUEのライブやイベント、楽曲などにも携わった関係から、DREAMS COME TRUEがエグゼクティブプロデューサーを務めるインディーズレーベルDCT recordsの第1弾アーティストとしてデビューし、同年に DREAMS COME TRUEのツアー「2002:monkey girl odyssey arena-mix」のオープニングアクトを務めた。SAL (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • the Monster

    the Monsterから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    『the Monster』(ザ・モンスター)は、1999年4月21日にリリースされたDREAMS COME TRUEの10枚目のアルバムである。the Monster フレッシュアイペディアより)

  • FUZZY CONTROL

    FUZZY CONTROLから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    父親はギタリスト。家でよくパーティーを開いており、人にギターを演奏しているのを見て、自分もギターを始めた。母親はりりィ、妻はDREAMS COME TRUEの吉田美和、甥は前田達也。FUZZY CONTROL フレッシュアイペディアより)

  • 国立霞ヶ丘陸上競技場

    国立霞ヶ丘陸上競技場から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    独立行政法人日本スポーツ振興センター (NAASH) が管理団体になってからは断続的に施設改修が行われており、また2000年代からは音楽コンサートなどの利用も進められている。2005年に単独のアーティストとしては初めてSMAPがコンサートに使用したが、この際には打診してから使用許可を得るまでに3年の期間を要した。その理由として、騒音問題、芝生などの施設管理といった競技場側の問題の他に、SMAPの公演内容、スタッフの対応、観客のマナーの様子等、総合的に厳しくチェックされ、3年間事故も無く、観客のマナーも問題が無いことが認められるまでに非常に慎重な審査を重ねた。2007年9月にDREAMS COME TRUEが使用に関する審査をパスしコンサートを行い、2008年9月には3組目となる嵐、2012年5月には史上4組目(ロックバンドとしては史上初)として、L'Arc〜en〜Cielのコンサートが開催されている。2010年の嵐の公演では、会場外で演奏を聞くために集まった多数のファンに対して近隣住民から苦情出たと報道された。国立霞ヶ丘陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • WINTER SONG

    WINTER SONGから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    WINTER SONG(ウインター・ソング)は、DREAMS COME TRUEの14作目のシングル。シングルで、1994年1月7日発売。1998年11月26日に収録曲を変更し、12cm盤で再発され23枚目のシングルとして発売された。WINTER SONG フレッシュアイペディアより)

  • 369 (ミュージシャン)

    369 (ミュージシャン)から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    1994年から「D-THE 369」(ディー・ザ・ミロク)として活動開始。1999年、ケツメイシのRYOとも活動するNAMと「NAM&369」を結成。2002年、塚崎陽平、大小原ユウキとSALを結成し、DREAMS COME TRUE率いるインディーズレーベル「DCT records」からCDをリリース。2007年、ソロとしてビクターエンタテインメントSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューを果たす。369 (ミュージシャン) フレッシュアイペディアより)

  • ね、がんばるよ。

    ね、がんばるよ。から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    作詞・作曲は堂本剛が好きなアーティストとして挙げているDREAMS COME TRUEの2人が担当。ね、がんばるよ。 フレッシュアイペディアより)

  • MARVELOUS

    MARVELOUSから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    6thシングル「Escape」、自身最大のヒット曲である7thシングル「Everything」、DREAMS COME TRUEとの共作で制作された8thシングル「I miss you 〜時を越えて〜」を含む3枚目のオリジナルアルバム。MARVELOUS フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
443件中 1 - 10件表示

「DREAMS COME TRUE」のニューストピックワード