575件中 41 - 50件表示
  • りりィ

    りりィから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    長男は、ロックバンド・FUZZY CONTROLのJUON。DREAMS COME TRUEの吉田美和は義娘にあたる。りりィ フレッシュアイペディアより)

  • NAOMI YOSHIMURA

    NAOMI YOSHIMURAから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    小学生の頃から詩吟を習い、ゴスペル・ソウル・R&B・ヒップホップ・レゲエといった音楽の世界に魅了される。この頃より独学で作詩・作曲をはじめ、中学の進学を機に本格的に芸能活動をスタートする。受験するオーディションは全て合格するなど、当時からその才能が注目されていた。高校は日出女子学園高校(現:日出高校)で、一芸として歌を披露したところ、異例の即合格となる。(同級生は小田茜、矢田亜希子、馬渕英俚可 等)英語を習得するため、短大は上智大学短期大学部 、大学は上智大学へ通う。単身渡米後、ホイットニー・ヒューストンのボーカルトレーナーに才能を見出され、直々にボーカルレッスンを受ける。同時にフージーズのサウンドクルーと音楽活動を開始。その後、DREAMS COME TRUEがニューヨークを訪れた際、歌を披露したところ即契約となる。そして吉田美和の「吉」、中村正人の「村」、本名の「尚見」から、アーティスト「NAOMI YOSHIMURA」が誕生する。アーティスト活動のみならず、作詞家、作曲家、音楽プロデューサー、モデル、女優としても活動。また、義兄は世界的に有名なDJ SPINBADであり、自身の作品のREMIXにも参加している。NAOMI YOSHIMURA フレッシュアイペディアより)

  • OSAKAN HOT 100

    OSAKAN HOT 100から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    2000年代に入ってからはJFLのHOT 100シリーズの中でも、ロックバンドの楽曲やJ-POPが優勢な傾向にある。また、大阪ならではの特徴として、歌詞が関西弁の楽曲が1位を獲得したことがたびたびある(例:SAKURA『LOVE 4 REAL』、ウルフルズ『ええねん』『サムライソウル』、DREAMS COME TRUE『大阪LOVER』など)。OSAKAN HOT 100 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・アルバム

    ベスト・アルバムから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    特に、近年アーティストがレコード会社を移籍する際には、それまで所属していたレコード会社が自らが原盤権を持つ音源を利用し、アーティストに半ば無断でベスト・アルバムを制作・発売することが恒例化している。これに反発するアーティスト側が、ホームページやファンクラブなどを通じてファンに当該アルバムの購入を控えるように呼びかけるケースも多く起こっている(例:YMO商法、DREAMS COME TRUE『BEST OF DREAMS COME TRUE』、Utada『Utada The Best』など)。また、こうした事情を嫌ってベスト・アルバムを出すことを拒否するアーティストもいる(例:椎名林檎。スピッツやDREAMS COME TRUEも当初はベスト・アルバムを出さない方針であったが、上述のメンバー非公認のベスト・アルバムが世に存在し続けることに対するジレンマから、後年に改めて公認のベスト・アルバムやシングル集をリリースするに至っている)。ベスト・アルバム フレッシュアイペディアより)

  • 藤田真由美

    藤田真由美から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    ライブやレコーディング、テレビ番組等で様々なアーティストのコーラスを担当している。SOFFetのオフィシャルバンドである「Tokyo Junkastic Band」のメンバーで、テレビ番組『新堂本兄弟』の堂本ブラザーズバンドのメンバーでもある(2011年3月まで)。大学卒業後、OLを経てコーラス界に。コーラス界に入ったきっかけは、2007年にDREAMS COME TRUEのライブツアー「DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2007」のバッキングボーカルオーディションでファイナリストに選ばれ、ライブ出演した事だった。藤田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ

    ソニック・ザ・ヘッジホッグから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    ゲームのサウンドトラックはDREAMS COME TRUEの中村正人が作曲した(メガドライブ版のソニック1作目、2作目のBGMを担当)。セガはDREAMS COME TRUEの「WONDER 3」ツアーのスポンサーとなって、ツアーバスにソニックを描いたり、ゲームの広告が載ったパンフレットを配布したり、ゲーム発売以前にゲームの場面をステージで上映して広報に努めた。ソニック・ザ・ヘッジホッグ フレッシュアイペディアより)

  • 救命病棟24時

    救命病棟24時から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    全シリーズ通じて主題歌はDREAMS COME TRUEの楽曲が起用され、中村正人は第1・第2シリーズにて音楽を担当している。救命病棟24時 フレッシュアイペディアより)

  • FUNK THE PEANUTS

    FUNK THE PEANUTSから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    コミカルな内容の歌詞を会話のように歌うスタイルが特徴的。レコーディングにおけるサポートメンバーは、その時々のDREAMS COME TRUEのサポートメンバーが主に担当している。FUNK THE PEANUTS フレッシュアイペディアより)

  • 倖田來未

    倖田來未から見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    敬愛しているアーティストはDREAMS COME TRUEと岡本真夜。DREAMS COME TRUEのライブビデオを観て歌手に憧れて芸能界入りを志し、エイベックスのオーディションでは岡本真夜の「Alone」を歌った。倖田來未 フレッシュアイペディアより)

  • COUNT DOWN TV

    COUNT DOWN TVから見たDREAMS COME TRUEDREAMS COME TRUE

    1996年1月、TRF『Happening Here/teens』が9位に2週ランクインした時に初めて表記された。それ以前は、VTRで使用されている曲のみの表記であった(例:CHAGE and ASKA「YAH YAH YAH/夢の番人」→「YAH YAH YAH」、DREAMS COME TRUE「LOVE LOVE LOVE/嵐が来る」→「LOVE LOVE LOVE」)。COUNT DOWN TV フレッシュアイペディアより)

575件中 41 - 50件表示

「DREAMS COME TRUE」のニューストピックワード